晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏の山の塩見岳へ 前半 

<<   作成日時 : 2010/08/07 23:47   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
8/5 タカネマツムシソウ 三伏峠
画像夕立神パノラマ公園

今年の夏山は塩見岳に登る事になり、私の夏休みに合わせてくれたHさんと、何年来の願いが叶い五日の朝家を出ました。
豊口コースをピストンする事にしました。初日の5日に三伏峠山荘に泊まり、翌六日に塩見岳頂上を目指し、一気に駐車場に戻る予定です。
初日は駐車場から林道を4`歩いて豊口コースに取り付き、三伏峠山荘まで約4時間の歩きとなります。
およそ四時間で目的の駐車場に着きそうでした。途中の公園に立ち寄ってみました。真夏本番の陽射しですが、これが意外にも涼しく良い気分でした。



画像イケマ

駐車場の一帯は何処も彼処もこの花で覆われていました。

無事に駐車場に着きましたが既に一杯で路肩駐車を強いられました。歩く距離が少し長くなりますが安全な場所に駐車してスタート。

4`の舗装された林道歩き開始です。ギラギラ照り付ける太陽の陽を全身に浴びて歩きました。道路の際には、ホタルブクロ、ノコギリソウ、ツリフネソウ、シモツケソウ、ウメバチソウ(この辺りは未だ蕾)、ウスユキソウ、ヒヨドリバナ、オオマルバノホロシ、オトギリソウなどなど沢山花が咲いていました。








画像キツリフネソウ

数としては僅かでしたが丁度見頃を迎えていました。

















画像ソバナ

こちらの花もチラリホラリ林道の際で見かけましたが、結局見かけたのは此処だけでした。今回はシャジンの仲間が見られたら良いなあ〜と思っていましたが、期待に応えた花はこれだけでした。














画像沿道を華やかに見せてくれる花々















画像豊口コース入口

途中で昼食を取ったりしながらのんびりのんびり歩いて来ましたが、下山して来た人が圧倒的に多く、私達のようにこれから登る人は僅かでした。
















画像山道に入ると一気にこのようなマルバタケブキや、ジャコウソウ、アキノタムラソウなど下草にしたツガの森が続きます。

木の下からの3/1位の高さの位置までテープが巻かれていましたが、一体何の為に?すれ違った方は鹿避けではないかと仰っていましたが、成るほど。ネットだけが鹿避けではないか・・・。













画像センジュガンピ

センジュガンピも沢山咲いていました。この花を見る時にはフシグロセンノウを見る事が多いのですが、今回はオレンジの花は一つも見かけませんでした。










画像シロバナヘビイチゴの実

つい最近まで花を咲かせて楽しませてくれたシロバナヘビイチゴですが、こちらはこんなに実が赤くなって食べごろを迎えていました。最後の最後の花と思われる一輪をこの後、三伏峠小屋で見かけました。















画像エゾノヨツバムグラorオオバノヨツバムグラ

豊口山間のコルに近づくに連れ、苔むした森に変わっていきますが、セリバシオガマやハナムグラ、ヤマオダマキなどが咲いていましたが、その中でこんなムグラを見かけました。葉が四枚なのでヨツバムグラだと現地では思っていましたが、帰宅後図鑑を見ると、ヨツバムグラにも種類があるようで、どちらなのか断定が難しく、どちらなのでしょう?












画像ミヤマウズラ

豊口山間のコルを迎える頃にはすっかり森の様子が変わり、濃い緑色の苔がびっしり生えて一面緑色に変わります。苔が美しいという事は光が遮られている訳ですので、当然暗くなってしまいますので、写真を撮るのが大変です。

これもご多聞に漏れずピンボケになってしまいました。












画像小一葉欄

いやはや吃驚しました!先刻のミヤマウズラに続きこの花が目に入った時は“えっ、まさか、あの花?” 近寄ってよく見ましたがやはり間違いありませんでした!実は今日はこの花に遇えたら良いなあ〜と思っていた花の一つでしたから、感激したのは言うまでもなく(^^♪

一株を見つけては懸命に写真を撮っていましたが、この後大群落が現れました。初めて見た一株に感動していたのですから、斜面一面にカメラに収め切れない広範囲に渡って・・・、これには言葉が無い、そんな一幕でした。









画像セリバシオガマ

暗い樹林帯の中を結構長い間歩きますが、美しい苔とコウモリソウやコイチヤクソウ、コバノイチヤクなどが顔を魅せましたが、なんと言ってもこの白い花が主役とばかりに延々と咲いていました。















画像コフタバラン

さっきはコイチヨウランの大群生に吃驚しましたが、この後こちらのコフタバランもかなり咲いていました。実は今回はこの仲間のミヤマフタバランやタカネフタバランは無いものかと、欲張っていましたが、この花にも遇えて感激です。

先月八ヶ岳で一度拝見していますので直ぐに解かりました。これも暗い所に咲いていましたので露出を調整して撮っていましたが、なかなか上手くいかなかったのですが、三伏峠小屋に近い所で少し明るい所がありましたので、そこでやっとこれぐらいに写す事が出来ました。










画像日本一高い峠を誇る三伏峠小屋

三伏峠小屋に着く頃には何処も彼処もガスに覆われ如何にも雨が降ってきそうでした。途中ですれ違った方が“今日は三時以降の降水確率が30%だと言っていたので雨が降ると思いますよ。気を付けて。”と言われたが、彼の言った通り受付をしていた時にポツンときました。

部屋を案内して貰いましたが、ドアが付いた部屋に案内されましたが、荷台が布団の上に付けられている上に、布団を敷いても足元にザックが裕におけるスペースを確保しており、かなり快適な部屋でした。新しい小屋でもこんなにゆったりとした小屋は無いでしょう、すっかり気に入りました。濡れたザックを置く場所も確保してありました。トイレも山小屋とは思えない程奇麗でした。



画像ハクサンフウロ

部屋の案内を受けた後近くの花畑に行く事にしました。雨が降りそうなので傘を借りて出かけました。もう雨がポツポツきていましたので急いでかけつけましたが、とうとう降り出しました。ハクサンフウロももう雨にめげそうでした。













画像ミヤマミミナグサ



















画像コバノコゴメグサ

花畑を白く染めるように沢山咲いていました。


















画像トリカブト

小屋の前でも咲いていましたが、この花畑にも少し咲いていました。

















画像ウメバチソウとタカネマツムシソウ

花畑はタカネマツムシソウが特に目立ちましたが、ムカゴトラノオも咲いていました。ロープを張っている上に頑丈な針金で柵を作って囲んでありますので、どんな花が咲いているのかじっくり見られないのが惜しいですが、雨も本降りになりつつありましたので、これで小屋に引き返す事にしましたが、その引き返す所にウメバチソウが咲いていました。












画像ホシガラス

花畑と水場の別れの所の杭に止まっていたホシガラスです。私同様、雨が止まないか・・・なんて思っているのかしら?












画像二階の部屋から夕空を見上げる

花畑から帰った後雨はどんどんひどくなりましたが、6時を過ぎてから青空が見えてきました。美しい夕日の青空!明日は晴れるという約束ですね、この天気は。

6時を過ぎても私達意外は誰も入ってきませんでしたので、結局十人用の部屋に二人だけという、何か特別待遇を受けた気分でした。ぐっすり眠りました。

さて明日はどんな山旅が待っているのでしょう?晴れた良いね(^^♪

後半につなぎますが、明日の朝から又出かけますので、後半は帰宅後アップします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年から恋焦がれていたコイチヨウランに逢えたのですね。
良かったですねぇ、さすが蘭の女神さまです(^o^)/

タカネマツムシソウやウメバチソウなど
夏の終わりを告げるお花が増えてきました。
今年ももう少しお花を楽しみたいですね(^_-)-☆

2010/08/08 17:23
彩さん、こんにちわ。
暫く家を空けていましたのでレスが遅くなり大変失礼致しました。

昨年箱根ランお見てからというもの探していたコイチヨウランでしたが、やっとお目にかかれました。一番最初にそれだと気が付いた時は信じられなかったのですよ、実は。まさか自分のお唱えの花が・・・と思いました。かなり暗い所に咲いているので上手くピントが合わず、時間をかけて撮っていましたが、その一株を見送ってから次々と現れ、そして群生地が現われた時は、これも信じられない光景でした。大発見でした。

フクシア
2010/08/11 11:18
見たい花に会えた時は山歩きが一段と楽しくなりますね
コイチヨウランもミヤマフタバランもわりと団体で咲い
ているようです。なぜか今年は行く山でミヤマフタバラン
が多かった。昨日は例の処で夏でもエビネは不発でした。
takigoyama
2010/08/15 10:28
takigoyamaさん、お早うございます。
仰るとおり見たいと思っている花との出合いは何とも良いものですよね。ミヤマフタバランは未見ですので、何時しか是非お会いしたいものです。

夏エビネの例の所って、もしや《う〜ん、臭いなあ。》と言っていた所ですか?咲くのは今頃でしたか・・・。気にはなっているのですが。
フクシア
2010/08/16 07:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏の山の塩見岳へ 前半  晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる