晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒岳・釈迦ヶ岳へ芦川のすずらんを見ながら

<<   作成日時 : 2011/06/01 17:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
    5/31 タカネグンナイフウロ
新道峠付近でこのタカネグンナイフウロを見つけましたが、この花が咲くならもう初夏!
芦川のすずらんを見ながら黒岳、釈迦ヶ岳に登りました。パートナーはアカシヤさんです。百名山をあっさりと片付けた彼女ですが、黒岳は初めてだという事で私のプランは登る前から合格を戴きました(笑)

画像画像画像















        芦川上流を渡渉/オトコヨウゾメ/ツクバキンモンソウ
今年の二月二十日に黒岳と釈迦ヶ岳に登った時に秀麗なる富士山や南アルプスは勿論北アルプスの景色も堪能させてもらいましたが、その時に【新緑の季節に是非訪れてみたい。】と思ったのですが、そんな季節を迎えましたので、天気の晴れ間を選んで行きました。今回は新道峠を経由するコースを考えました。台風2号の影響で沢の水がゴーゴー音を立てていましたので、橋が無かったら・・・、まあ行ってみましょうと取り付き口を探しました。するとやはり橋が無いっ!当然靴を脱いで渡渉。
渡渉はすんなり。さてその次はだだっ広い尾根の中を方向を定めて段々谷間に入ってやっと目的の尾根に付いた所でオトコヨウゾメが咲いていました。美しい緑の木々の林床にはツクバキンモンソウやギンランが咲いていました。

画像画像画像















        山ツツジ/新緑&レンゲショウマの葉/シロバナエンレイソウとタチツボスミレ
山ツツジの蕾が大きく膨らんでもう少ししたら、あの独特のオレンジ色に輝きそう。緑の中にスッポリ包まれて背後にチラチラ釈迦ヶ岳を見ながら急登を登りますが、1500m位になるとレンゲショウマの葉がいたる所に生えていました。この分だと夏も来ねば・・・。シロバナエンレイソウもたっぷり咲いていました。

画像画像画像















        ヤマトユキザサ/トウゴクミツバツツジ&河口湖/ミヤマカラマツ?
稜線歩きは多少のアップダウンがあるものの花が多いし緑も奇麗!とても楽しい稜線漫歩が続きます。ヤマトユキザサが大きな蕾を付けていました。トウゴクミツバツツジは今が盛りとばかりに・・・。ミヤマカラマツも一輪だけでしたが、これを見たら季節の移ろいを感じますね。

画像画像画像















        ツクバネウツギ/マイヅルソウ/ユキザサ
新道峠に来ると人影が少し多くなりました。皆さんすずらんの里に来た序でにこちらに足を伸ばしているようでした。

画像
緑に囲まれた河口湖
富士山がすっかり雲に隠されましたので、富士山の部分はイメージでカバー(笑) 富士山が見えなくても絶景です。

画像画像画像















        クサボケ/定点カメラ/キスミレ
何せご自慢のロケーションですから木のベンチが据えつけられお寄りしない訳にはいきません。そのベンチの際でタカネグンナイフウロが咲いて、その隣には目にも鮮やかなクサボケが咲いているのですから、春と夏の到来、ダブルシーズンを見せられていますので、何とも嬉しい限りです。
その後に定点カメラが設置されていました。世界に誇る富士山の姿を捕えているのですね、グッドアイデア。その傍に今度はキスミレを見つけました!晩生のタイプが必ず何処にもいるのでもしや・・・と思っていましたが、ズバリでした。二輪並んで咲いていました。

画像画像画像















        クルマバツクバネソウ/ヒゲネワチガイソウ/フジザクラ
色々花が咲いていますが今回沢山咲いていた花の一つのクルマバツクバネソウ。ツクバネソウも咲いていましたが、こちらの方が豪華な感じ。ヒゲネワチガイソウもまだまだパリパリに咲いているのも多かった。赤ちゃんのようなサクラがたったの二輪咲いていました。

画像画像画像















        シロバナヘビイチゴ/緑溢れる道/ルイヨウボタン
愛くるしいシロバナヘビイチゴも行列のように並んで咲いていまいた。記憶に新しいすずらん峠を過ぎて黒岳に近づいて行きますが、ブナが多くなってきて緑が一段と濃くなってきますが、その下で寛いでいるようなルイヨウボタンが斜面一面に!

画像画像画像















        タチツボ菫/新緑の道/イカリソウ
アカシヤさん初の黒岳は残念ながらガスがかかって富士山どころか河口湖も霞んでしまいました。座っていると寒くて仕方ないので、ランチを食べて早々に出発。ドンベイ峠に向いました。
美林は勿論承知、今回はこの美林の新緑を見に来ましたが、予想通りとても奇麗でした。緑の中にオオカメの木の白と、トウゴクミツバツツジのピンクとツクバネウツギのクリーム色が彩を添えていました。

画像画像画像















        コナラ(?)の新緑/マイヅルソウ/フデリンドウ
ドンベイ峠付近からこの木が多くなり黄緑がとても鮮やかでした。体に緑が沁みそう。その木の下で今度はマイヅルソウが絨毯のように咲いていました。フデリンドウもとても鮮やかに決めていますね。

画像画像画像  















        アカバナヒメイワカガミ

画像画像











 

        登った尾根を見る/釈迦ヶ岳頂から直下の新緑
ガスが段々下の方に下りてきましたが、ギリギリで登りに取った尾根をしげしげと眺めました。林道の終点が新道峠の直下になります。そして釈迦ヶ岳頂上から谷底になっている真下を撮りました。アカシヤさんが【どうやって下りるの?】って言いましたが、私も初めて登った時にそう思いましたが、とても合理的に道が付いているんですね、これが。あっという間に下に下りられるのですよ、アカシヤさん。結果、先頭切ってさっさ下りたアカシヤさんでした。

画像画像画像















        コアジサイ/クサタチバナ/ラショウモンカズラ
釈迦ヶ岳から檜峰登山道を分けて南に向って水ヶ沢林道に下りますが、咲いている花がガラリと変わりました。

画像画像画像















        ミツバウツギ/ギンラン
林道近くまで下りたらもう山歩きは終わったも同然です。真っ白な花が軒並みに咲いていましたが色々咲いていましたが、ミツバウツギが特に目にとまりました。そしてその下はギンランが稔り多い稲穂のように風に揺れていました。これからすずらんの里に向かいますが、歩いたら一時間は要するでしょうが、その一時間を避ける為に登りにバリエーションルートをやったのでした。そんな次第で林道に下りたら目の前に車が待っていました。さあ、すずらんの里へ!

画像画像画像















        すずらんの里/エゾノタチツボ菫/エゾノタチツボ菫(白)
車道歩き一時間をカット出来た私達は今度は観光気分ですずらんの里に着きました。今年は五日程咲くのが遅いらしいですが、里の中に入るやいなや良い香が・・・。それにエゾノタチツボ菫が彼方此方咲いているではありませんか!おまけにその白バージョンも見られました。白は圧倒的に少なかったですが。イカリソウもまだ咲いて、白樺の色と新緑の緑がとても奇麗な里でした。何年か前に行った時にまだ咲いていなかったので再度の訪問になりましたが、やっと遇う事が出来ました。
帰りは若彦トンネルを抜けて来ましたが、かなり距離が短縮されました。アカシヤさん、有り難うございました。














       



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜、もうタカネグンナイフウロですか\(^o^)/
それなのにまだキスミレが!!!

この時期の御坂方面は興味深々だったのですが、
やっぱりお花が多そうですね〜。(超羨)

新道峠と聞くと、あれを思い出してしまいます。
赤いブーツにホットパンツのお兄…いやおネエ…さまを(^_-)-☆

2011/06/01 21:39
おおお〜!この標高・・・もしやあの貴婦人に出会えたのでは??
(↑あきらめの悪い私^^;)
冬にご案内いただいたお山ですね♪
秀麗な富士以外にも魅力たっぷりなお花たち!
エゾノタチツボの白花を発見したとき、鼻息荒くなりませんでしたか?!^^!
お散歩
2011/06/01 23:47
徒渉したり、地図読みしての登り、萌黄色に染まる尾根沿いに咲く小さな花達、峠や山頂からの絶景 楽しい山行でした。こちらこそ有難う!!
もうちょっと お花の名前やら咲く時期等を覚えなきゃ「勿体無いですね!」
でも、今はついて行くのが やっとヤットで それどこじゃ無いのです<~へ~>
山は季節ごとに、衣装替えをするから何回登ってもいいわねv(^O^)vv



アカシア
2011/06/02 14:35
もしもしこの5月のはじけぷり〜なにか今まで辛いことがお有りでしたか
5月の花に会えるの季節は巡り後20年20回か30年30回だもんね
気になるのはキバナコマノツメ風の丸いキスミレ雲取山ならキバナノコマノツメ
なんでしょうが、いがりさんの本にはバリエ−ションで載っていますね
takigoyama
2011/06/02 14:38
春の花と夏の花が同居しているのでしょうか?お花の多いところなんですね。
靴ぬいで徒渉、ちょっとぞくぞくしますね♪
2月にお連れいただいた時は富士山がみごとでしたね!あのお地蔵様たちは、衣替えしてましたか?
季節がかわると様子も全然違うのでしょうね〜またいってみたいです。
そしんろうばい
2011/06/02 17:53
彩さん、こんばんわ。
二月に登った時は素晴らしい富士山にノックアウトされましたね。今回は富士山はさっぱりでしたが、でもいろんな花が咲いて楽しかったですよ。レンゲショウマがかなり多いですので、今年のレンゲショウマはこちらにしましょうか?

新道峠のあのピンヒールの赤いブーツのお兄さんはもしかしたら定点カメラの所で富士山の写真を撮っていたのかな・・・なんて、不要の想像をしましたよ(笑) 新道峠というと、彩さんと私に取っては初のキスミレとあのお兄さんなんですね(^_-)-☆
フクシア
2011/06/02 19:55
お散歩さん、こんばんわ。
あの貴婦人を探しましたよ!1600位の所で一株見つけましたがまだ赤ちゃんでしたので咲くまで数年かかるかな?あまりにも小さいので親を探しましたが、それらしき株はありませんでした(オヤ、オヤ)!来年又探しましょう、協力します
エゾノタチツボスミレの白バージョンはお初でしたからそれは勿論・・・。
フクシア
2011/06/02 20:03
アカシヤさん、こんばんわ。
私のコース設定に満足して戴きまして良かったですよ。私はバリエーションルート好きですから、今後とも宜しく<m(__)m>
同じ山でも取り付ける尾根は他にもありますので、季節を変えて、尾根を変えてなんてやっていると益々山が面白くなりますね。
フクシア
2011/06/02 20:11
takigoyamaさん、こんばんわ。
はいはい、あの〜、はじけているのは五月だけではなく四月もはじけていました(笑)、お陰様で。因みにはじけブリはまだ続く・・・。
キスミレだけに気になるキスミレですが、上唇弁の裏の色を確認していませんでしたが、ちょっと変わりものかしら? 
フクシア
2011/06/02 20:33
そしんろうばいさん、こんばんわ。
釈迦ヶ岳のお地蔵様はまだマフラーをしていましたよ!朝晩はまだ冷え込みがきついからねえ〜。この日の朝の気温は登り始める時でもまだ10度でしたからね。梅雨が明けたら衣替えするのかしら?

渡渉にゾクゾク、Mさん本にもそんなコースがあるでしょうね?これからは渡渉しても冷たくないですしね。
フクシア
2011/06/02 20:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒岳・釈迦ヶ岳へ芦川のすずらんを見ながら 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる