晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 大菩薩の紅葉を求めて

<<   作成日時 : 2011/10/28 07:18   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
10/26 フルコンバ小屋跡にて
大菩薩の紅葉が見頃だとテレビで報じていたので行き先を大菩薩に絞りHさんと小菅村役場で待ち合わせ。どのコースにするか現地で打ち合わせの結果、追分→サカリ山→サカリ山北尾根周辺散策 という事になったのですが、その後コースが変わっていきます。

画像画像画像















               歩き出し早々の紅葉/ミヤマママコナ/メグスリの木(多分)
土砂崩れの為車は白糸の滝駐車場までしか入れないので、その駐車場前から追分を目指しました。傾斜37度と書かれたボードの横はモノレールが走っていました。そのモノレールと別れて植林帯の中を歩きますが、駆け出しの紅葉が楽しめました。足元には春にはさぞかし賑わっていたと思われる花の跡が。そんな中でまだ現役のミヤマママコナは結構咲いていました。そして赤い木はメグスリの木かな?陽が射したらもっと奇麗なのに。

画像画像













               追分にて/追分周辺の黄葉
追分の手前で中指山西尾根と合流しますが、素晴しい美しい森でした。でも黄葉にはまだ早く、何時が見頃でしょうか、又訪れたい場所になりました。その尾根の合流から直にモノレールの終点を向かえ、追分の十字路に着きました。休憩していたところに単独の男性が見えましたが大菩薩に向かう予定だとお聞きしました。
私達は此処からサカリ山に向かいますのでお別れをしてサカリ山に向かいました。以前よりもヤブが薄くなって歩き易くなっていました。この尾根はアセビが多いので黄葉はさほど見られないけれど、それなりに楽しめました。
Hさんも以前来た時には薮が茫々して歩くのが大変だったと。

画像画像画像















               サカリ山北東尾根の黄葉
追分で挨拶を交わした男性が私達の後から来ましたが、予定外に寄ってみたのだそうですが、私達の歩きが変な歩き方と思われたようでした(笑) 此処で又彼とお別れを。

画像画像画像















               サカリ山東南尾根の黄葉
サカリ山を過ぎると歩き易い道になったり、薮が茫々で踏み跡が不明な箇所もありますが、尾根伝いにノーメダワを目指しました。腰くらいまでの笹を掻き分けながら頭上はブナやミズナラの美しい森、当然黄葉も抜群!ノーメダワに近づく程奇麗になっていきました。薮も比例していきました。

画像
尾根の両側が黄葉していますので忙しい。こんな渋い景色も見られました。

画像
陽が射し始め黄葉も冴えてきました。

画像画像画像















               ノーメダワ付近の黄葉
ノーメダワに着くと先程の男性が《薮が結構な・・・。》とコメントでした。この後ノーメダワからフルコンバを少しの間一緒に歩きましたが、yyggさんhttp://blog.goo.ne.jp/yygg4714である事が解りました。実際にお見かけしたのは初めてですが、ひょんな事から知っていた私でした。こんなバッタリの出会いは初めてでした。一緒に黄葉を愛でました。

画像
 
画像

画像
今日選んだコース設定に大満足なロケーションが続出しました。

画像画像画像















               ノーメダワからフルコンバの間の黄葉
ノーメダワからフルコンバの間がベストタイムの黄葉だった。フルコンバからyyggさんと同じく牛ノ寝通りに出ようかと予定を変えるつもりでしたが、フルコンバ(トップ)に長居をしてしまい、帰りの時間がやや気になるので、又予定を変えて小菅大菩薩道路に下りる事に決めました。

画像
フルコンバから高度がどんどん下がりますので緑優勢の紅葉に変わってきました。そんな中でちょっと際立った赤の紅葉は京都を思わせるような素晴しい景色を見せてくれました。
無事に小菅大菩薩道路に下りましたが、通行止めの為迂回路を経由して駐車場に向かいます。

画像
小菅川
迂回路はこの小菅川の際に付けられていますが、こんなに奇麗な川の淵が歩けるので、嬉しい迂回路でした。この後白糸の滝を見学しましたが、滝も素晴しく、滝の傍には秋らしいムラサキシキブが奇麗な実を付け、大菩薩の秋を彩っていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
メノーダワは歩いたことがないのですが、
紅葉も素敵なところなのですね

私も先週は大菩薩から牛ノ寝でした(^_^)/
榧ノ尾山より上が紅葉の盛りで綺麗でした〜。
それ以上に牛ノ寝上部からみた南側の尾根の紅葉が…
近くにこんなに素晴らしいところがあったのとビックリ!!!

あのあたりは長峰に向かう途中あたりなのでしょうか???
牛ノ寝上部に長峰への入口の標識がありましたが、
入口からヤブヤブで踏み跡が薄い…突入するには勇気がいりそう(^^ゞ

2011/10/30 09:16
彩さん、こんにちわ。
紅葉の時期になると大菩薩エリアは牛ノ寝通りが結構人気のようですね。ノーメダワは彩さんがよく行く白糸の滝の北側の尾根になります。この周辺は私のお気に入りのエリアですので何度も行っていますが、お薦めのコースですよ。新緑の時も素晴しいですし。

長峰といえば、今は標識があるのですね。私が歩いた頃はそんな標識がないので霧の時にはその分岐を探すのが大変なので、晴れている日が無難などと言われていたのですよ。お察しの通り私の背がスッポリ隠れる薮で、一緒に歩いている人の姿が見えないのでパートナーの名前を呼び合いながら歩いたのですが、彩さんのお蔭でとても懐かしい山歩き(薮歩きの方が適切かも)を思い出しました。
フクシア
2011/10/31 10:44
フクシアさん、こんばんは
この節は、突然に後ろからくっついて来て不審に思われたでしょうね。追分から普通に大菩薩へ行こうと思ったのですが、周りは何しろ緑色が優勢、見上げれば尾根の方が色づいて明るい。そこで適当なところから登って、あのような結果になりました。追分でフクシアさんとお会いしていなければ、サカリ山など登っていませんでしたよ。フクシアさんは良いポイントを知っていらっしゃるようで、知名度のあるピークにこだわらずに自由気ままに歩いているんですね。大菩薩峠でまたお会い出来ると思い、鶴のように首を長くして待っていたのですが、お二人の話声が後ろから聞こえなくなった時点で大菩薩峠は諦めていたようですね。牛ノ寝通りから雄滝へ向かうようなお話もしていたので、ご一緒しようかなと思っていました。ところが、その道はロープでふさがれて進入禁止なんですね。手前にも左側に作業道があったようですが、あれはニワタシバにつながっているんでしょうかね。それからフクシアさんが登りに採ったコースは古い地図に載っていましたね。私の地図はフクシアさんよりも、もっと古くて1988年の物でした。何だか話が尽きなくなってしまうようなのでこれでひとまず失礼をすることにし、そこで話が全然かわりますが、私のブログ、あれは速報版ということで、実は本宅(四季の山便り)が別に有り、どうしょうもない拙宅なんですが、そこのリンク集にフクシアさんのブログをご紹介させていただいてよろしいでしょうか。長くなって失礼いたしました。またどこかでお会いできたら、いいな〜と思っています。
yygg
2011/10/31 19:25
yyggさん、こんばんわ。
不審だなんて全く思っていませんでしたよ。まあ、私のお蔭であの薮道を歩いたという訳ですね。でもあの薮の道の紅葉は格別でしたよね。
yyggさんの仰る通りマイナーなルートに結構関心があります。先日一緒の方と歩く時はほとんど赤線を意識しないで歩いていますね。あの日のコースも待ち合わせをした場所で決めたのですから。
牛ノ寝通りから雄滝へのコースは進入禁止でしたか!もしあの日予定を変えなかったら大変な事になっていたかも知れませんね、私達。自由気ままの決断が良かったかも知れませんね。その代わり、yyggさんを長らくお待たせしてしまいましたね。又何処かでお会いしたいですね。
リンク集の件ですが、拙いブログでお恥ずかしいですが宜しくお願い致します。
フクシア
2011/10/31 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
大菩薩の紅葉を求めて 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる