晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS キナバル山へ・・・4095mを目指して  パートV

<<   作成日時 : 2011/12/01 14:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
カンボランゲンセ・デンドロキルム
私のイメージしていたランが現れました!木の幹に根を張っていました。

画像画像画像













                          

               ボルネエンシス・ミゾカクシ(キキョウ科)/ウツボカズラ/ラン
左:日本でも見かけそうな花でしたが。
中:ウツボカズラが若々しい。
右:私の夢見た光景が!木に寄り添うランの姿。

画像画像画像















               苔生している木/赤い実/キナバルエンシス・ウツボカズラ
左:苔生している木は元々大好きな私ですが、こちらでこのように苔生していたら要チェック、ランが見つかる確立大。
中:赤い実がとても奇麗でしたが、私は実を見るとガイドに【Eatable?】って聞いていました。キノコも何種類か見かけましたが、ガイドは【No!】と答えていました。
右:そして又現れたウツボカズラですが、これも種類があるようだ。

画像画像画像















               ルリダ.ケロニステレ/シダor木?/テンタキュラータ・ウツボカズラ
左:終盤を迎えたランを見つけました。地味な色だけど魅かれる。
中:お化けのようにぶら下がっていますがシダの仲間かしら、それとも木かしら?
右:又出現したウツボカズラ。彼方此方で見かけましたが、このタイプが多かった。

画像画像画像















               ラン/?/サイタンバラ?
左:上から下に豪華に垂れ下がっていたランに目が釘付けになりました!
中:この花も一株しか目にしていませんでしたが、これも個性的な印象。
右:ガイドが【サイタンバラ】って言っていましたが、この花だったかどうか、自信なし。
この辺りで三番目のLowii Shelterを通過しました。

画像画像画像















               ケロニステレ属・ラン/道標/ロブスタ・オサラン
左:朽ちて横たわっている木に根を張ったラン。何種類も目にしたランですが、ガイドから名前を教わってもさっぱり脳に記憶されていません、悲しいかな。
中:道標が現れました。ご覧の様に、距離と標高が記されています。どれだけ歩いたのかがとても解かり易い。
右:目を疑うような大きなランの登場でした。これはこの株しか見かけませんでした。欄の出現に興奮が続きました(笑)

画像画像画像















               ラン(?)/クラーケイ・ミズビワソウ(?)/シダ
左:ランのような気がしますが、これも全く自信がありません。実はランだと思っていた花が、ガイドからランではないと言われた花がありましたが、茎がそのタイプに似ていますのでランかどうか?
中:これも自信がなく・・・。(実はカンニングしました。)
右:熱帯らしい木が現れましたが、これもシダのよう。透ける具合がとても素敵ですね。

画像画像画像















               ?/バービィツジ・ベゴニア/?
左:花びらが三枚のかなり独特な花でした。何でしょう?
中:パートTで葉だけをアップしましたが、花が咲いている木立ベゴニアを見受けるようになりました。我が家にも白い木立ベゴニアが何種類か咲いていますが、白はやはり清純な感じがします。
右:こちらも名前が解かりません。オレンジ色が結構目立っていました。

画像画像画像















               レディべニューム・シャクナゲ/道標/?
左:オレンジがかった黄色のシャクナゲが一番多く見かけました。とても目立ちました。如何にも熱帯のムードたっぷりでした。
中:3.5キロ経過しましたので、本日のコースの半分を超えました。
右:こちらも名前が不明。星型の花ガラが可愛い。花ガラというと咲き終えていますが、実はこれが花かしら?
この周辺で四つ目のMempening Shelterを通過。

画像画像画像















               べスティーツム・ヒリュウシダ(シシガシラ科)/シャクナゲ/?
左:色んなシダがあるようですが今度は色も赤いものが登場しました。
中:このシャクナゲも以外に目立つ色でした。ガイドがウツボカズラとシャクナゲは必ず指して教えてくれました。
右:日本でも見かけていたタイプですが、何と言うお花でしょう?

画像画像画像















               ナナカマド(?)/パピローサ・セロジネ/ウツボカズラ
左:ガイドがナナカマドって言っていましたが、季節的に懐かしさを感じました。
中:この花は我が家で育てているセロジネにそっくりです。これを皮切りに沿道にたっぷり咲いているのを、目でしかと拝見させて貰いました。
右:高度が上がる毎に大きくなっている風に思えたウツボカズラでした。日が経つにつれ赤から黒へと色が変わっていくようです。

この辺で五つ目のLayang−Layng Shelterを通過して4`を歩きました。夢に見た光景が正夢でした。本当に多くの植物、とりわけランとの出合いは予想を遙かに越えて、前日からの頭痛を和らげてくれました。続きはパートWにリレーします。






























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
シェルターで一枚ずつ撮影した花の名前の写真が役に立ちましたよ〜!!
「ラン/?/サイタンドラ」の真ん中は、schradera.nervulosaだそうです!
キナバル山で10種類以上のランを見つけられたらエキスパートらしいですよ〜!!やりましたね^^♪
お散歩
2011/12/07 17:37
お散歩さん、こんばんわ。
シェルターで私は一枚ずつ写さなかったのを航海しています。あれは確かな情報ですものね。
私たちが見かけたランは20種類は見ていますのでエキスパートですか!
フクシア
2011/12/07 18:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
キナバル山へ・・・4095mを目指して  パートV 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる