晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 節分草&日陰山&中道往還

<<   作成日時 : 2012/02/29 15:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

写真をクリックすると画像が大きくなります。
画像
2/28 節分草
春の到来を感じさせてくれる節分草。今年もこの花にやっと廻り合えました。今年は例年にない冷え込みだったので何時がベストタイムか予想が付きませんでしたが、天気と相談の結果行ってみましたが、満開でしたほぼ例年並に咲きだしたらしい。

画像画像画像















                    節分草
どの花を見ても本当に目を瞠る魅力たっぷり。何度見ても見飽きない。待ちに待った花、花、花!

画像画像














               右左(うば)口トンネル甲府側にて/右左口トンネル(芦川側)
山歩きを楽しんでその後節分草を愛でに行くというダブルヘッダーですので結構時間に制限があります。今回登りたかった山は日陰山。結局、右左口トンネル→トンネル東側の尾根→右左口峠→日陰山→七覚山→関原峠→地蔵堂→右左口トンネル こんなコースを歩いて来ました。

甲府南ICを降りて車の移動中に取り付きの良さそうな所があればそれでも良いわね・・・と、パートナーのHさんと取り付き場所を物色しながら(笑)下芦川に向かっていました。その物色中に八ヶ岳のビューポイントをショット。車を置いておける場所も大事なポイントですので何処からでも取り付けないのが惜しい。右左口トンネルを通過して地図を見ていたHさんが【トンネルの傍に道がある。】というのでチェック。取り付きOK。ゴーサインを出してトンネルの右側から取り付きました。

画像画像画像















               山マユ/フデリンドウ(かな?)/ウメガサソウ
トンネルの右側から沢沿いに道が付いているように二コイチの地図には記載されていますが、いきなり大きな岩が現れたのでそのルートは使わず尾根通しで登る事に決めました。かなりきつい登りだったので帰りはこの尾根を下りるのは止めようと決まり。トンネルの上を通過して迦葉坂コースと合流するまでずっと急登が続きました。
黄緑色の山マユがとても奇麗で結構見かけました。リンドウも未だ小さいですが開花準備中というところで、これも結構見かけました。ウメガサソウはドライのまま。

画像画像














               トンネルの上から釈迦ヶ岳を/右左峠近くの広い尾根
迦葉坂コースと合流するまでは南側の山並みが大きく視界に入りますが釈迦ヶ岳が目の前に大きく見えていました。迦葉坂コースと合わさると広い尾根になり視界が一旦遮られます。

画像画像














                   右左口峠/日陰山
広い広い尾根を脱してやっと峠に着きました。この峠は中道往還と呼ばれ甲州と駿州を結ぶ幹線であったそうですが、実は初めて知りました。この峠から日陰山は直ぐ。

画像画像














                    日陰山付近の一齣/七覚山付近の一齣
南アルプスが目の前に大きく見えているのですが、ご覧のように木の枝が混んでいますので惜しいですが、アルプスの山並みが一列に並んで壮観な姿を見せていました。
日陰山でランチを済ませ帰りは関原峠経由して地蔵堂に下り、境沢右岸の道についてトンネルを目指す事に決めました。残り時間(花見までの)を計算しながら決めました。
右左口峠迄戻り関原峠に向かいました。この道もだだっ広い尾根に注意しながら歩いていました。

画像画像画像















               七覚山(946m)/関原峠に向かう途中/関原峠
946のピークに着くと山名板が七覚山と教えてくれました。同じ様な山名板を丹沢の峠でも幾つか見た記憶が・・・。お陰様で山の名前が判り嬉しい。下の道を走っている時に七覚の地名、或いは神社の名前かな、その名前を知っていたのでこの周辺の位置関係がややはっきりしてきました。そして迎えた関原峠。

画像画像画像















               白濁の水流/石垣に沿って/馬頭観音
関原峠から地蔵堂を目指しますが、沢を何度か横切りますが、このようにどの沢もちょっと濁っていました。土壌の所為?白濁の温泉は好きですが。
ほぼ踏み跡は残っていますが石垣がズラリと並んだこの景観と落葉の雰囲気がとても素晴しかった。嘗ては生活圏だったのでしょうね。
一部倒木で回り道をしましたが、その辺りが分岐の道なのでちょっとヒヤリ。二人で地形図と睨めっこをして無事続きの道を見つけ直に馬頭観音が。

画像画像画像















                    中道往還を偲ぶ光景
無事に地蔵堂に到着。境沢の右岸に取り付くまで車道を数百メートル歩きますが、その間に中道往還の古道に出合いました。この道の続きが私達の取り付こうとしているルートなのでした。
庚申塚には【右 甲府 市川】と字が刻み込まれていましたが、左側の欠け落ちた部分には【左】の字が刻まれていたのでしょう。
さて私達が歩こうとしている道はちゃんと見つかるかしら?それともう一つの心配が・・・。トンネルの入口の所にちゃんと出られるのかどうか?朝トンネルの右側からは簡単に取り付きが出来ましたが、反対側のチェックを怠っていたのを反省。と言っても朝の段階では又トンネルの反対側に戻る事は全く想定外だった!でも配慮不足を痛感。

境沢の右岸の道は直ぐに見つかり、微かながら踏み跡があり問題なく歩けたので心配事の一つはクリア。果たしてもう一つは?トンネルの前に頑丈な網が張られていた。もしこの網を越えられなかったら境沢の取り付き迄戻って、車道をグルリと廻って車を回収しないといけない。車は目の前にあるのに!
Hさんが水休憩をしている間に私は網のフェンス突破に成功!二人とも長い足が自慢ですので(笑)足を使って越える覚悟でしたが魔法を使ってサッとトンネルの前に。ヤッター!

画像画像画像















               ミヤマハコベ/オオイヌノフグリ/カントウタンポポ
無事にすんなりとトンネルに戻れた嬉しさ、大体スタートから番外編をやっていますので、中道往還を歩けた喜びも一塩。そんな喜びを語り合いながら車の傍に咲いていた花を見つけました。
さて次はこの日のメインイベントの節分草を求めて。

画像画像画像















                再び節分草
皆同じような顔をしているようでよく見ると一つ一つ個性的です。スプリングエフェラメルと呼ばれる花の一つの節分草。悲しいかな直に姿を消してしまいますが、又来年お合いしましょう。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜森の妖精が満開ではないですか〜(^O^)/
山梨は暖かいのでしょうか?

堂上ではやっと咲き始めたようなので、
この週末に合わせて登るお山を検索していたのですが…
今日の雪で延期しようか考え中です(-_-)

昨日は3時間空いたので北高尾方面を歩いてきました。
帰りにハナネコノメを偵察にいきましたが、
数輪開きかけのものがある程度でしたよ。
暖かい日がくれば開花がすすみそうでしたが…。
それにしてもすごい雪でしたね(>_<)

2012/02/29 20:24
セツブンソウ、ほんとに咲いてるんですね❤信じられない・・・こんなにまだ寒いし、真冬のような気温なのに・・・陽の長さで季節を感じているのでしょうか?ふわあっと出てきてすぐ消えちゃう、まさに妖精ですね〜

日蔭山、初めてききました。地形図さえあればどこでも歩けるお二人、
うらやましいです!!

明日は暖かいらしいけど、雪が融けてお花たちが出てくるといいですね(*^^)v
そしんろうばい
2012/02/29 21:50
彩さん、こんばんわ。
森の妖精を見ないと落ち着かないですよね。堂上ももう咲きだしたのですか。これだけ寒いのにあまり遅れなかったようですね。妖精達は今日の雪に吃驚しているでしょうね。
ハナネコノメももう一息というところですね。前の雪がやっと消えたと思ったところにこのドカ雪ですからね。

ドカ雪といえば、今日魔法のボタン大活躍しましたよ(^_-)-☆ 前の車が四人の男性に押してもらってやっと動いたのに、私の車はスイスイ登りボタンの威力を実感しました(笑)
フクシア
2012/03/01 01:16
そしんろうばいさん、こんばんわ。
仰る通りこれだけ厳しい寒さなのにほぼ例年並に咲きだしたらしいですよ。律儀な妖精達ですよね。

日陰山って例のM本には載ってない?(笑) トンネルの真横から取り付くなどとはそしんろうばいさんは信じ難いかも知れませんね。トンネルといえば、嘗て湯之奥猪之頭トンネルから取り付いた事がありますが、今回のコースは超マニアックでした!もしM本に載っていない歩き方だったら【えいっ、やったぜ!】というところでしょうか。
フクシア
2012/03/01 01:39
いつごろだろうと思っていましたが
意外に早く咲いたんですね。
それにしても、フクシアさんのコース設定
理想的な山歩きです。(^^)
nousagi
2012/03/01 11:21
nousagiさん、こんにちわ。
私のコース設定が理想的などと評価して下さるのはnousagiさんが初めてですあっ、そしんろうばいさんと二人かな?(笑) 殆どの人が【おかしい歩き。】って言うのですよ。まあ、おかしい歩きは自分で認めていますけれど。

節分草は例年の開花だったようですよ。この寒さの影響が少なかったのでしょうね。

フクシア
2012/03/01 11:57
もう、もう、うっとり!にんまり!興奮!しながら拝見させていただきました♪
今年もこんなに可愛く健気に姿を現してくれているのですね〜(感動)!
私は今年は生セツブンソウはあきらめましたので、フクシアさんの記事を心待ちにしておりました^^!ありがとうございますm(_ _)m

中道往還、古の人々が往来した歴史有る道らしく魅力的ですね!
早く私もフクシアルートをご一緒に歩かせていただきたいです♪
今日から3月。お山のあちらこちらでお花の産声が聞こえてきそうですね!(←妄想だけでは足りずに幻聴まで???)
お散歩
2012/03/01 12:50
お散歩さん、こんにちわ。
お散歩さんは昨年初めての生のご対面でしたね、森の妖精様と。今年もちゃんと魅せてくれましたよ、寒さにもめげず!儚い命でも土の中でしっかりと生命のエネルギーを蓄えていそうですから来年は是非どうぞ。

妄想&幻聴ですか、元気とても良い事だと思いますよ。中道往還にも孟宗竹が生えていたかな?その頃には食べる孟宗に出合えるかもね(笑)
フクシア
2012/03/01 16:19
 こんばんは!
いつもながらマニアック?な山歩きをされていますね。
トンネル付近を通りながら、この上はどうなっているんだろう?・・・ と
気になっていた山並です。
お陰さまで、居ながらにして雰囲気を楽しませて戴きました。

 セツブンソウ、可愛いですね。 
明日友人とそのお友達で、出掛ける予定です。
ミスミソウも咲きだしているようなので、一緒に楽しんで来ますね。
ハナネコノメも早咲き始めているのですか?
何だかそわそわして来ました。 いよいよ・・・ですね!
キレンゲショウマ
2012/03/07 23:11
キレンゲショウマさん、こんにちわ。
はい、マニアックな歩きを楽しんでいますよ。節分草と三角草セットとは欲張りですね(笑) 私も三角草が気になっていましたが咲き始めましたか!忙しくなりますね!
ハナネコノメ咲いていましたよ、本の僅かですが。あとはイワウチワも気になりますね。ああ、忙しくなる(笑)
フクシア
2012/03/08 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
節分草&日陰山&中道往還 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる