晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 日向山&鞍掛山へ・・・躑躅の回廊

<<   作成日時 : 2012/06/03 16:31   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
   6/2 クモイコザクラ
山梨百名山狙いの彩さんhttp://cookpad.com/kitchen/1142597とお散歩さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/osanponikki1969と日向山を目指しました。この三人が集まれば何かと注文の多いパーティになりますので、彩さんの山梨百名山狙いプラスクモイコザクラ+ユキワリソウ+何々・・・、諸々のプラス。プラスの品々が歩きながら増えていきます(笑)

画像画像画像















               新緑とヤマツツジ/ササバギンラン/クリンソウ
彩さんとお散歩さんはお初の山ですが、私は鞍掛山のみお初です。矢立石に車を止めて林道を歩いて錦滝経由で登る事にしました。林道は奥に行く程荒れていましたが、新緑とヤマツツジやヒメウツギ、オトコヨウゾメなどのコラボが楽しめました。
ササバギンランが時々顔を出します。クリンソウはタイヤに轢かれそうな所に咲いていました。

画像画像画像















                タガソデソウ
全員【初めまして。】の花のタガソデソウ。何年も待ち続けた私。今回このコースで見られる事を知ってとても楽しみにしていた花でした。探すまでもなく道端に沢山咲いていたのには吃驚。とても嬉しい出会いでした。今回の会いたい花ナンバーワンでしたので、早々に夢が叶いました。

画像画像画像















               ユキワリソウ
タガソデソウが今回のナンバーワンならユキワリソウはナンバーV。ナンバーUはこの後登場します。谷川岳など雪が溶けた頃見ていましたが、滝に咲くユキワリソウを是非見たかったのですが、念願が叶いました(*^^)v

この花花は滝の流れる裏側で飛沫を浴びながらこんなに奇麗に咲いていました。裏見のユキワリソウ達です。写真を撮る為に花に近づく私達も水飛沫を浴びて恨みのスチュエーションになりました(笑)

画像
 錦滝
滝だけでも充分見応えのある錦滝ですが、花を伴なう姿は本当に心打たれる情景でした。私が以前訪れたのは紅葉たけなわの時節でしたが、その時の光景も素晴しかった。

画像画像画像
 














               新緑の中を/東国三つ葉躑躅/苔とコミヤマカタバミ
ユキワリソウを堪能した後は今回ナンバーUのクモイコザクラを求めて鞍掛山に向かいます。錦滝から急登続きでヒーヒーしましたが、新緑がエールを送ってくれます。大岩の分岐の道標が出てきたら一先ず急登から少し開放されます。
大岩分岐は私の地図には載っていないので最近出来たのかしら?私の地図には雁ヶ原から西に向かう稜線のルートしか記載がないが、トラバースしながらショートカットするルートだった。このトラバースルートのお蔭で生き返った私。トラバースルートから稜線ルートを見上げると新緑と東国三つ葉躑躅の一体を覆う景色がずっと続きました。

稜線ルートと合流すると又急登が続きますが、苔生したルートにコミヤカタバミなどが咲いて癒しを提供してくれました。

画像画像画像















               ツバメオモト/コヨウラクツツジ/イチヨウラン
前述したプラスされていった今回出会いたい花はツバメオモト、イチヨウラン、アカバナヒメイワカガミ、ウスギヨウラク、ミヤマスミレ。
稜線歩きになるとそろそろお出ましがあるかも知れない・・・と、しっかり足元を見ながら歩きました。ツバメオモトとイチヨウランが応えてくれました。コヨウラクツツジはどの木も花付きが抜群でした。

画像画像画像















               駒岩近くから雁ヶ原を/駒岩付近の風景/駒岩分岐点
栂(?)の原生林が続きますが少し展望の開かれた所で休憩しましたが、雁ヶ原が白い肌を見せているのが見えました。甲斐駒ケ岳はスッポリ雲の中(-_-;) 
新緑が白い岩肌に映えます。清々しい気分になりました。休憩を終えて再スタートをすると直ぐに駒岩の分岐お迎えました。此処から南に向かって鞍掛山に迫って行きます。

画像画像画像















                 クモイコザクラ
駒岩から急降下してその次は急登を強いられて鞍掛山にやっと辿り着きますが、その途中でクモイコザクラが目にも鮮やかな姿で迎えてくれました。三人ともこのロケーションに釘付けになってしまいました!どの花も本当にピチピチして可愛い!丁度良いタイミングでした。

画像
 クモイコザクラ
岩の割れ目から顔を出しているお花達です。これは割れ目が横に入っているので横並びのクモイさんです。お行儀の良いお花達に敬礼したくなります。

画像画像画像















               鞍掛山/アカバナヒメイワカガミ/キバナノコマノツメ
鞍掛山はご覧の通り樹林帯の中で景色は全く無し。頂上から【展望台まで6分】と書かれた案内に従い展望台に向かいました。
アカバナヒメイワカガミの葉を2000m近くで沢山見かけましたが、蕾がまだ硬く開いた花は低い所で見られるのかと思っていたのですが、何と展望台の近くで咲いていました。キバナのコマノツメも元気に咲いていました。

ランチタイムを取りながら駒ケ岳がチラリと姿を現す事を期待していましたが、ガンコな雲に負けて下山する事に。

画像画像画像















                    クモイコザクラ
登って来た道を引き返しますので、又クモイコザクラの景勝地を通りました。又写真タイムが始まりなかなかお別れが出来ない状態に陥りました。

画像画像画像















               駒ケ岳方面を/稜線の東国三つ葉躑躅/同じく稜線の光景
ランチを食べた切り開きの場所で駒ケ岳が見られるか振り返りましたが、まだこんな状態。
どんどん高度を下げ、登った時に巻いたルートの上の稜線にかかると東国三つ葉躑躅の回廊になりました!行けども行けども鮮やかな紫色のツツジが素晴しい光景!

画像画像画像















                   白花東国三つ葉躑躅
紫色の躑躅と新緑の回廊に溜息が出るほど延々と続いていた中に白い躑躅が咲いているでは!一瞬【シロヤシオ?】などと口走りましたが、葉が三枚、おしべが10本。東国三つ葉躑躅と同じなのでもしかしたら白バージョン?そんな種類があるのなら【初めまして。ペコリ】の筈!呆気に取られ、写真を撮り、ウキウキのバリ隊。
結局白花東国三つ葉躑躅である事が解かりました。何て珍しい花に出会えたのでしょう!

画像画像画像















               雁ヶ原/同じく雁ヶ原にて/オオイタヤメイゲツ
躑躅と緑の回廊を楽しんだ後は白い台地の雁ヶ原に到着。奇麗な光景が広がっていました。白い台地の直ぐ裏手はオオイタヤメイゲツが沢山!

画像画像














                     雁ヶ原からの景色
白い大きな岩が素晴しいオブジェとなって魅せてくれます。今回は新緑とのコラボ。前回は紅葉に包まれた雁ヶ原だった。何時来ても素晴しい!

画像画像画像















               シロバナヘビイチゴ/唐松林/山躑躅
雁ヶ原ではシロバナヘビイチゴが群れて咲いていました、白い砂を浴びて。
天気が良かったら展望抜群のピークなのですが、相変わらず厚い雲に覆われポツリポツリ雨が降り出したので合羽を着て下山開始。
きっちりと植林された唐松林の中を歩きますが、緑がこちらも奇麗。
駐車場近くになると又山ツツジが目立つようになりました。最後まで色々楽しませてくれる山でした。

彩さん、お散歩さん、有り難うございました。今度は何処の山になりますやら。その節は宜しくお願い致します。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜、これだけ花だらけだったら
笑いが止まりませんね。
可愛い花たちがあっちにもこっちにも。
クモイコザクラもユキワリソウも
同じ仲間でしたよね。
ほんと可愛い花ですね。
過去に2回ぐらいしか見た記憶がありません。
nousagi
2012/06/03 17:24
ユキワリソウ・クモイコザクラ・タガソデソウ…
狙っていた花達はバッチリ見頃〜ここまでハマるとは♪

ツバメオモト・イチヨウラン・アカバナヒメイワカガミ…
と今シーズンまだ見ぬお花達も要求に答えてくれ、
山梨百もゲットなんて夢のような山旅でした〜感謝♡♡♡

稜線のトウゴクミツバのトンネルはバリ隊も予想外でしたね。
そのうえシロバナまでただただビックリ!!!
楽しい一日にご一緒出来て幸せでした〜有難うございました。

2012/06/03 20:55
nousagiさん、お早うございます。
仰る通り笑いが止まりませんでしたよ(^^♪ 雪割草とクモイコザクラが一緒に見られるなんて、嬉しい限りですね。
nousagiさん既に二回も見ていらっしゃるとは、なかなか花にご縁がありますねえ。
フクシア
2012/06/04 07:24
彩さん、お早うございます。
見たいと思っていた花とのご対面は本当に嬉しいものですね。まして初めましての花は飛び切りですよね。

林道から錦滝経由の森は急登続きで階段もやや危なげでしたが、林相は抜群でしたね。そして東国三つ葉躑躅の回廊は口アングリでしたよね。又行っても良いですね。
フクシア
2012/06/04 07:32
ばっちりでしたね!!クモイコザクラもユキワリソウもサクラソウの仲間でしょうか?ピンクには惹かれてしまいます。(土曜日に予定を入れたことを超〜〜後悔(T_T))ぜひ行きたいお山です❤
そしんろうばい
2012/06/04 13:23
そしんろうばいさん、こんにちわ。
参加が出来ずに惜しかったですね。ピンク様はサクラソウの仲間ですね。

私が以前行ったのは紅葉の時期でその時も素晴しかったですが、花を愛でるにはやはり春から夏でしょうね。夏は何が咲くかしら?
フクシア
2012/06/04 14:57
相変わらず沢山の花々ですね。
いつも潤いのある山行羨ましいです。
ゆとりの山行をしたいものです。
hakkutu
2012/06/04 23:10
久しぶりのお花山行にお誘いいただきありがとうございました!
申し分のない大興奮・大満足・大幸福のお花たちでしたね〜〜〜♪
ハジメマシテのお花も多く、花に出会う喜びを味わいながら歩きました!
特にクモイコザクラはどれもピチピチ!何枚シャッターをきったことやら〜!
そして日向山の花崗岩礫の真っ白な場所がまるで別世界に飛び込んだようで感動しました!
まだまだ知らないお山がたくさん。そんな新しい感動と喜びをがあるから山って止められないのですよね^^♪
写真が多い=幸せ度(高)、ですかね(笑)?!
アップ、ガンバリマス!
お散歩
2012/06/05 00:31
hakkutuさん、お早うございます。
今回のパーティは花好き隊ですから、花々を求めて華々しい気分を味わっていました。仰る通り潤いたっぷりの山行きでした。
でも、私のギャグが不調で師匠脱落しそうです(笑)こちらは潤いに欠けます脱落しても滑落だけはしないように気を付けます。
フクシア
2012/06/05 06:43
お散歩さん、お早うございます。
花も多く独特の山が楽しめましたよね。あの真っ白な山は本当に素敵ですよね。
今年はシロヤシオが裏年と言われていますので、躑躅全体がそうかと思っていましたが、全く予想を超えた東国三つ葉躑躅の素晴しい咲きっぷりには本当に吃驚でした。そしてその白バージョンが見られるなんて!とても刺激的でしたね。アップ今夜かな?
フクシア
2012/06/05 06:51
フクシアさん、バッチリのタイミングでしたね!
これほどの多種多様なお花たちが出迎えてくれるとは、羨ましいの一言です。
昨年、同時期に歩きましたがこれほどの種類はなかったので、また行きたくなりましたよ^^
それにしても、ここのクモイ様の愛らしさは溜め息ものですよね!!
あの時の感動が蘇ってきました!!
fu-co
2012/06/05 07:11
fu-coさん、こんばんわ。
クモイコザクラは本当にグッドタイミングでした。ユキワリソウも見られたのが又ラッキーでした。
fu-coさんはスミレ同様桜草も熱狂的なんですね。気持ちが良〜く解かります。
フクシア
2012/06/05 20:41
咽び泣いて咽び泣いてクモイコザクラ
オオヤマフスマ似なのにネ−ミングだけで誰袖草に
忍び泣き 東国白花三つ葉躑躅そんなのあるのと
嘘涙を流してと強がりするも別嬪を堪能しました。





takigoyama
2012/06/09 16:23
takigoyamaさん、こんばんわ。
誰しも別嬪さんには弱いですが、takigoyamaさんも然りという訳ですね(^_-)-☆
甲乙付け難い別嬪揃いはかなり贅沢ですね。

咽び泣いて云々の文言は現代版古今和歌集とでも申しましょうか、なかなかロマンチックな・・・。

フクシア
2012/06/10 00:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
日向山&鞍掛山へ・・・躑躅の回廊 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる