晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪嶽(ソラク)山へ in 韓国 パートT

<<   作成日時 : 2012/07/05 17:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
6/29 雪嶽山山頂付近から
雪嶽山に登りました。パートナーのHさんが八年前に登ろうとしましたがその時は台風に見舞われ登る事が出来なかったそうで、彼女のリベンジをかけての登山に便乗させてもらいました。お伴の事もありリサーチゼロでスタートを切りました。パートナーに全てお任せ。

画像画像














               宿泊したユースホステル/登山道入口近くの雪嶽ホテル街
Hさんが以前宿泊をしたユースホステルに泊まりました。朝陽が射して幸先が良い事を信じて出発。
登山道入口に近づくにつれホテルが立ち並んでいました。

画像画像画像
 














               雪嶽山国立公園入口/ ?鳥/飛仙橋
登山道入口は公園内にありますので、入園料を払って入ります。
とてもけたたましい鳥の鳴き声がしていましたが何という鳥でしょうか、姿はこんなに奇麗です。声からイメージしていたのとは大違い。新しく架け替えられたような飛仙橋。韓国語は全く読めませんが、こんな奇麗な橋と標識に安心感を覚えました。

画像画像














               朝陽に焼ける峰峰/新興寺
これから登る方向の峰峰が顔を出しますが朝陽に焼けて奇麗に輝いていました。
新興寺という大きなお寺がありますが、此処から北に向かうコースと南に向かうコースがありますが、私達は南に向かいます。渓谷に沿った道ですので、川の流れを聞きながら、鳥の囀りを聞きながら、広い公園内を歩きます。

画像画像画像















               オカトラノオ/??/ブレックファースト
広い公園の中に草花が咲いていましたがオカトラノオでしょうか、又萩も咲き乱れていました。そして名前が確定出来ませんがこのような花もたっぷり咲いていました。
今日はスタート地点が標高100m少々、頂上は1708mと標高差がかなりありますのでどんな花が見られるのか楽しみでした。Hさんからは岩山なので花は期待できないかも・・・と言われましたが。そんな話をしながら朝食を取りました。現地調達の物です。

画像画像














                    飛仙台
新興寺から約一時間で最初の休憩ポイントに着きました。飛仙台という所ですが、ごらんのように大きな岩が寝そべるようだったり切り立ったり変化のある渓谷です。

画像画像画像















川に沿ってトレッキングコースがついていますが、殆ど手摺の付いた階段が設けられていて沢沿いの道ながら歩き易くなっていました。水たまりのような箇所にマンネングサかな、苔と一体に咲いていました。

画像画像画像















                エイザンスミレ/アケボノスミレ/苺系orキジムシロ系?
春先には可憐な花を咲かせたと思われるスミレの葉が沢山ありました。
黄色の可愛い花は何でしょう、彼方此方で見かけましたが微妙に花びらの形が違ったりして同定が難しい〜。

画像画像画像















               アカショウマ/??/落石注意の看板
木陰に咲いていた白い花はアカショウマかしら?タデ系の花も時折姿を現していました。
両側にそそり立つ岩の壁がずっと続きますのでこんな看板が多くなってきました。クマさんの絵が書かれていますが、他の看板や標識にもクマさんが書かれているので、こうなるとクマさんってそんなに怖くないの?・・・と、変な気持ちになりました(笑)

画像画像画像















               切り立つ岩/同左/オオヤマレンゲ
なかなか高度を稼げないゆったりした道でしたが600m付近になるとオオヤマレンゲが現れました。実はこの山で咲くという情報は登る直前に知りました。私はこの花の自生の姿を是非見たいと思っていましたのでこの花に感動しました。上に行くにつれ見頃の花がたっぷり見る事が出来ました。純心無垢なイメージでなんともうっとり。

画像画像画像















               ニッコウキスゲ/ヤグルマソウ/三角草
オオヤマレンゲの登場に感動していましたが、今度はニッコウキスゲでしょうか、やや花が小ぶりな感じでしたが。ヤグルマソウも現れ日本にいる雰囲気になりました。そして道端に三角草が群生していました。日本なら新潟県まで行けばカラフルな三角草に会えますが、こちらは標高600m付近で見られますので羨ましい。とはいえ登山道入口に近い場合ですけど。

画像画像














高度を僅かながら稼いでいますが、岩がどんどん切り立って自分がとても小さく見えてきました。

画像画像画像















               クルマユリ/キンレイカ/オクモミジハグマ
又もやお馴染みの花が現れました。キンレイカは日本のそれよりも見た目ですが固い感じを受けました。

画像画像画像















               ポジションナンバーの標識/渓谷/同左
ポジションナンバーが振られた標識が立っていますが、幾つまであるのか解らないので高度計から現在地を推定していました。この標識には珍しく高度が入っていますが、行き先案内の標識が後付されたようでナンバーが隠れています。頂上近くで20の番号が振られていました。

美しい渓谷に魅せられていましたが、この場所(800m付近)は滝が幾つもあり、その滝壷を上から見下ろすロケーションになり素晴しい景観でした。擦れ違った韓国の人がジェスチャーをしながら興奮気味に声をかけてくれましたが、【素晴しい景色よ、ずっと!】と言っていたのかも知れません。この時点ではこの日は小屋泊まりでピストンの予定でしたので写真をあまり撮っていませんでした。帰りに又写そうと思っていました。

頂上までほぼ半分の高度を稼ぎました。予備知識無しで来ましたので見るもの全てが新鮮でウキウキ気分続行。続きはパートUに繋げます。









              
              










               





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国ですか。
花も山も、日本と似ていますよね。
同じアジアですものね。
いつものフクシアさんの山歩きとは違って
ちゃんと道があるんですよね(笑)。
nousagi
2012/07/05 19:01
フクシアさん、お帰りなさい。
いつもと趣が違いますね。
天気は大丈夫でした?
こちらは週末は今年初のテント泊と思っていますが、天気が微妙です。
hakkutu
2012/07/05 19:59
nousagiさん、こんばんわ。
さすがの私も決められた道をひたすら歩きました。谷が相当深いですので危険箇所が一杯ありましたよ。大方手摺付きの階段が付けられていますが、一部階段が無い所はロープが付いていましたね。安心して歩けるコースですので是非どうぞ。
フクシア
2012/07/05 20:03
hakkutuさん、こんばんわ。
予定通り帰宅しました(笑) 一泊の予定でしたが、二日目が雨の予報になったので頑張って一日で下りてきました。予定を変えたお陰で縦走が出来ました。

週末は何処の予定ですか?雲取かな?土曜日が危ういですよね。
フクシア
2012/07/05 20:09
お帰りなさいませ〜〜〜!!
雪嶽山と書いてソラクサンと読むのですね〜。
お花が期待できないかも?が裏目に出てよかったですね(笑)!
しかもあのオオヤマレンゲがまさか!思いがけない場所で思いがかなってよかったですね〜〜!
フクシアさんの記事にfoodが登場するのは初めて見るかも?!
さすが韓国、riceballではなくriceroll!
岩と緑の美しい景色が堪能できたようですね!続きも楽しみにしております!
お散歩
2012/07/05 22:51
お散歩さん、こんばんわ。そしてただいま。
裏目に出たのがうらめしい!ではなく羨ましい♪(いきすぎですか?) 意外に花が多かったのですよ〜。オオヤマレンゲは本当に素晴しかったですよ。ちゃんと例の挨拶をしましたから(^_-)-☆
foodが初登場でした?一応機内食から外食等全部撮って来ましたよ。

いよいよモンブランですね。お気をつけて行ってらっしゃいませ。山とチーズとワインと諸々、関心事が多くて忙しそう。帰国したら又ですね。トレーニングを重ねます



フクシア
2012/07/05 23:11
雪嶽山の花と格闘中ですか、H17年に行った済州島ハラン山
の麓で見たイブキフウロと似た花とハギ属の名前が不明のまま
になっています。日本と同じ花に喜び何だかわからない未知の花
に対面できるのも楽しいですね、パンダ模様野の鳥はカササギかな
takigoyama
2012/07/06 14:22
takigoyamaさん、こんばんわ。
済州島にも行ってみたいと思っていますがtakigoyamaさんは行かれたのですね。
仰る通り日本と同じ花と思っていても日本固有だと同じような花でも二度美味しいみたいな事態になるのですが、花の名前が解らないのが残念です。
あの鳥はカササギですか。声と姿のイメージがバラバラでした。
フクシア
2012/07/06 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪嶽(ソラク)山へ in 韓国 パートT 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる