晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 岩手山から八幡平へ縦走   パートU

<<   作成日時 : 2012/08/10 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

(画像をクリックすると大きな画像になります。)
画像
 8/4 八合目避難小屋にて

画像画像














                    岩手山外輪山
パートTからの続きになりますが、やっと外輪山に着きました。此処から頂上の薬師岳まで40分の道のり。泊まる予定の八合目避難小屋は此処から下になりますのでザックを置いて頂上に向かう事に。

画像画像














                   薬師岳/薬師岳に向かう道
陽がパッと射したかと思いきや一気にガスが駆け抜けたり慌ただしい空模様になりましたが、頂上に着いた時は運良く晴れてくれました。でも惜しい事に遠くはガスの中でした。

画像画像














               ブロッケン現象/外輪山のほとり
お鉢めぐりをする予定でしたが空が暗くなってきた上に寒くなってきたので直接小屋に向かう事に決定。ほぼ半周はしているので割愛。火山岩の砕けた小さな石の間からコマクサやイワブクロが延々と咲いていました。此処のコマクサが一番見頃でした。コマクサもイワブクロもさっき見たものよりも小ぶりでした。

目まぐるしく変わる天気の話をしましたが、Mさんが【あらっ、ブロッケン!】と、すかさず私達が光の輪の中に入っているのを見つけてくれました。これで三度目の体験をした私です、ラッキー!

画像画像














                 不動平避難小屋と周りの花畑
不動平避難小屋の様子を伺いに立ち寄ってみました。やはり雪の重みに耐えるように頑丈に出来ていますね。この頃にはすっかりガスが立ち込めて陽が陰ってしまいました。折角のお花が霞んでしまいました。小屋には先客がいるようでした。翌日宿泊した方にお会いしましたが、12人だったそうです。

画像画像画像















               タカネトウウチソウ(?)/ルート沿いの花/?アザミ
不動平避難小屋から15分程で八合目非難小屋です。その道すがら色んな花を見かけました。気になるトウウチソウはタカネか?(花が直立している事や下から上に向かって咲いているので。)Mさん情報では東北にはシロバナトウウチソウが多いそうです。確かに沢山見かけましたが、白は勿論ですがピンク、赤紫などカラフルで判断に困って悩み放しの私です。
アザミもハチマンタイアザミが近年発見されたようですが、このアザミはそんな珍しいタイプではなさそうですが、名前は何でしょう?

此処から八月四日(二日目)
八合目避難小屋→鬼ヶ城→黒倉山→犬倉山→大松倉山→三ッ石山→小畚(こもっこ)山→大深岳→大深山荘泊の長い行程を辿ります。予定のコースは途中で変更してこのようなコースになりました。
画像画像














           ご来光/八合目避難小屋
昨夜泊まった避難小屋はご覧の通りかなり大きい小屋で120人収容出来ると地図に記載されています。シーズン中は管理者がいます。地元の子供会の行事で登った方々もこの小屋に泊まりましたが、何せこの広さですのでゆったりスペースを頂戴しました。寒いと思って毛布を借りましたが暑過ぎて眠れないくらいでした。トイレも奇麗で電気も自動で点くという設備の良さ!
朝四時に起きると真丸の月と東側の空が明るく輝いていました!嬉しい限り。二日目は行程が長いので雨だったら最悪。

画像画像














四時半頃の日の出でした。ちょっと雲がかかって惜しいですが。今日一日の晴を約束してくれるご来光であって欲しいと熱望。

画像画像














            不動平避難小屋に向かいながら見る岩手山/南側に向かう尾根
小屋を後にして先ずは不動平避難小屋に向かいますが、昨日はガスに包まれていた所は実はこんな素晴しい所なのでした。

画像
昨日よりは少し軽くなったザックを背負って、朝日を浴びながら晴れ晴れした気分で出だし快調。

画像画像














               不動平避難小屋上から/御神坂分岐近く
今日のコースはこの時点で松川温泉経由になっていましたが、鬼ヶ城という尾根コースか、花畑の案内が出ていた沢道コースかどちらでもOKです。黒倉山手前でこの二つのルートが合流します。天気が良ければ断然鬼ヶ岩の尾根コースが良いと管理者の方からお聞きしました。当然尾根コースを選択しました。小屋の横から登り詰めますが泊まった小屋を見下ろすロケーションはこんなに素敵な光景。そして進行方向は花畑!

画像画像画像















               ハクサンチドリ/エゾツツジ/ウメバチソウ
いろんな花の中にハクサンチドリが。もう殆ど咲き終えていました。そして濃いピンク色の花はエゾツツジでした。昨年北海道の山で群生しているのを見ましたが、こちらでも見られるとは!Mさんは初見だそうでとても喜んでいました。(鬼ヶ岩経由にした甲斐があったと。)ウメバチソウも奇麗にパッチリと咲いていました。

画像画像














               雲海に浮ぶ秋田駒ケ岳/同じく雲海に浮ぶ八幡平への縦走コース
不動平から僅かな時間で御神坂分岐に出ますが、雲海が広がり素晴しい光景が待っていました。秋田駒ケ岳がぽっかり浮んでいるようでした。そして分岐を通過すると今度はこれから足を進める八幡平方面が見られるのでした!今夜泊まる予定の大深山荘は遙か彼方になります。本当に今日中に辿り着けるのか疑いたくなる距離。

画像画像














               尾根から沢道を見下ろす/ルート上にそそり立つ岩
尾根から下を見下ろすと結構な高度感がありました。沢道との合流地点まで下りますが、このような岩の間を潜り抜けてアップダウンを繰り返す様子が一目瞭然。

画像
スカッと晴れた青空の下を歩く清々しい気分は何度もシャッターを切らせました。岩手山と今日辿るコースを入れてパノラマにしてみました。壮大な自然に包まれて元気に歩ける幸せがふつふつと湧いてきます。

画像画像画像















               ウサギギク/チングルマ/岩に挟まれるルート
ウサギギクも既に終盤。チングルマも同様。スリムなMさん、こんな狭い岩の中をスルリとパスして行きました。この辺が鬼ヶ岩ヶ城では?下を覗きこむと沢道が見下ろせるのでした。その道を見るとやはり尾根道にして良かった。

画像画像














               八幡平方面/ルート南側の景色
前方にゴールの八幡平を見ながら、右下に御田代湖を見下ろしながら、左は花畑。岩手山は右後で見守っています。前後左右を見回しつつ前進。

画像画像画像















               続くアップダウンのルート/ムシトリスミレ/ウメバチソウ
下っては登り返す、こんなルートが続きますが花が多いので足止めを喰いながらスムーズに消化。花のお陰。

画像画像画像















               シロバナトウウチソウ(?)/キンコウカ/ホソバノキソチドリ(?)
シロバナトウウチソウと思われる花が至る所に咲いていましたが、こんなピンク色のもありました。個体差と判断しても良い?混乱が続きました(笑) キンコウカが群生して咲いている所が何箇所かありましたが、黄色の絨毯のようでした。そんな中に咲いていたチドリ系の花。この後もたくさん見かけました。

画像画像画像















               トキソウ/シロバナトウウチソウ&タムラソウ/同じくシロバナトウウチソウ(?)
トキソウももう終盤でした。数としては相当ありましたが。立体的に見せてくれたシロバナトウウチソウとタムラソウ。そして又々現れたトウウチソウ。これもシロバナ?混乱は益々激しくなりました。

画像画像














               クルマユリ&ミヤマトウキ/オオバギボウシ
沢道と合流後直に黒倉山へのルートを迎えますが巻き道を進みました。クルマユリとミヤマトウキのコラボが青空に映えていました。【散歩コース】と書かれた案内がありましたが、確かにロケーションも宜しく花も多く素敵な台地でした。散歩コースに沿って進んだ先にオオバギボウシがまとまって咲いていました。その場所は土が赤茶けている危険箇所。(火山活動中)

此処で網張温泉から登って来た男性と擦れ違いました。私達が松川温泉を経由して大深山荘に泊まる話をすると、【こんなに天気が良いので尾根歩きが楽しいですよ。時間もたっぷりありますし、是非どうぞ。】と、三石山経由を薦められました。時刻は八時半でした。彼のお薦めコースはあと七時間半。さてどうしましょう?結局は、折角来たのでお薦めのコースを歩く事に決めました。此処で予定変更となりました。

これから長いコースを歩きますがパートVに繋げます。












              









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
え〜、さらに7時間半歩くんですか?
元気ですね〜。(^^)
せっかく行ったのだから・・・
分からないこともないですが。
今までで十分素晴らしかったのに
またさらによかったのでしょうね。
nousagi
2012/08/10 09:40
nousagiさん、こんにちわ。
そうなんですよ、七時間半プラス。と言っても元々の予定が残すところ五時間近くですから、二時間半が上乗せされた訳でした。写真を撮ってのんびりという訳にはいかない・・・と思いつつ花を見ると立ち止まっていましたが。
でも小屋に四時に着いたのですよ、無事に。それも小屋に着く前に水汲みに立ち寄って。天気に恵まれたお陰ですね。
フクシア
2012/08/10 11:40
東北の二人旅が続いていますね(^_^)/

アルプスのお花や雰囲気の華やかさも楽しいですが、
東北のお山はまだちょっとしか登ったことがないのですが、たおやかでしっとりとした美しさを感じて大好きです。写真からもその雰囲気が伝わってきて、私まで穏やかな気持ちになってしまいます。

遠くてなかなか行けない領域ですが、いってみたいです♪

2012/08/10 20:55
彩さん、お早うございます。
彩さんお仰るようにアルプス程の華やかさには欠けるかも知れませんが、それが山の醍醐味ですね。その醍醐味を充分味わえるのですから良いですねえ。来年も登りたいと思っていますので来年是非ご一緒しませんか?
フクシア
2012/08/11 09:54
 お花いっぱいの東北の山旅お疲れさまでした。
以前岩手山へ登った時は、荒天の中(少し小降りになったので決行したのですが)
お花も寂しい頃でした。 こんなに沢山のお花が見られる山だったのですね!

 頂上の稜線に出ると、もの凄い風でザックカバーは瞬く間に火口に持って
行かれました。 結局本来のピークは諦め下って来ましたが、フクシアさんの
写真で頂上付近の様子を楽しませて戴きました。
東北地方の避難小屋は、営業小屋と変わらぬ立派なものが多いですね。
私もここで帰りの身支度を整えさせて戴きました。
キレンゲショウマ
2012/08/20 02:15
キレンゲショウマさん、お早うございます。
キレンゲショウマさんは色んな山に登られていますね!岩手山のコマクサは知っていましたが他にもこれだけ咲くのは知らなかったので本当に感激でした。
ちょっとの期間の間に咲く花が違うので行けるのもなら何度でも行ってみたいものですね。
東北の避難小屋は本当に頑丈で奇麗ですね。今年は二回東北の山に行きましたがどの小屋も奇麗で静かでしたので癖になりそうです。
フクシア
2012/08/21 09:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
岩手山から八幡平へ縦走   パートU 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる