晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝子山へ  バリエーションルートを楽しむ

<<   作成日時 : 2012/10/08 14:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
10/2 浜立山付近
去る10/2に滝子山に登りました。紅葉には早く花も終わったこの時期、しかも天気があまり良くない。こんな状況になったら何を目的に山に登りましょう・・・とやや悩みそうですが、バリエーションルートを楽しむ事にしました。MさんとSさんの三人隊のニューパーティで、電車で出かける珍しいパターンになりました。極々一部ですが紅葉が始まっていました。

画像画像画像
















               庭先に咲く彼岸花/取り付き/穴沢山北東尾根を歩きながら
久々の尾根バリをしますが、穴沢山北東尾根から滝子山を目指し、浜立尾根を下りる事になりました。
初狩駅から中央高速を潜ってそろそろ取り付き探しモード二なりましたが、彼方此方に彼岸花が奇麗に咲いていました。今年は何時までも暖かいですので十月に入って見頃を迎えていました。
滝子山の道案内が出てきましたが、折角案内して下さるコースではありますが、バリ隊の私達は此処で川を渡って尾根に取り付きました。薮が深かったら初心者のSさんには手強いコースになるかと心配でしたがなんのなんの立派な道が付いていました!

画像画像画像
















                   美しい森/954.4の三角点/穴沢山
尾根取り付き早々は赤松の森でしたが段々落葉樹の森に変わりました。今回のコース中ナンバーワンの急登を凌ぐと三角点が待っていました。其処から僅かな距離ですが南に移動するとこの様に【穴沢山】と書かれたテープが木に巻かれていました。この山名を知ったお陰で尾根の説明がし易くなりました^^;(いつも尾根の説明をするのに苦労しています。)

画像画像画像
















                穴沢山付近の尾根道/栗の実/ミズナラ
穴沢山を目指す最後の急登がこの日の一番辛い登りでしたが、三角点を通過するとご覧の様に暫く平坦な尾根道になりました。飴と鞭みたいな・・・。まだ緑濃い森はミズナラが多くどんぐりの実が沢山落ちていました。ミズナラにはキノコがなっていましたが毒キノコかな?イガ栗が台風の風で落ちたのかまだ青々していました。

画像画像画像
















               ?ヒゴダイ/ヤマトリカブト/センブリ
冒頭にも書きましたが花の期待はしていませんでしたが、覚悟を決めていた通りでした。やっと現れた花に顔をほころばせましたが、名前不明。トリカブトも本も少しだけでした。登りつめて滝子山の三角点の傍でたった一本のセンブリを見つけました。

画像画像画像
















                 滝子山の三角点/ミヤマママコナ/南稜分岐
滝子山から見る富士山が大好きな私は山を始めたばかりのSさんにその姿を見せてあげたいと思っていましたが、滝子山の頂上近くになってすっかり雲が優勢になって富士山をスッポリ隠していました。申し訳程度にミヤマママコナが頂上付近にパラパラ咲いていました。
頂上でランチタイムを取りながら下りのコースを打ち合わせ。南稜か浜立尾根か?私達の傍にいた二人の男性のパーティが【下りてはいけないと地図に書いてある。】と言っているので私達にアドバイスしているのかと思ったが、二人の会話だった。御心配かけて済みませんね、でも大丈夫ですよと、心の中で謝っていた私。
結局浜立尾根を下りる事に決まりました。

地形図を見ながら浜立尾根を目指しましたが吃驚、以前は見かけなかった南稜と浜立山を案内する道標が現れました。これを見たら誰でも【これは有り難い、この分なら尾根の分岐も案内してくれるでしょう。】と思い込んでしまいそうですね。しかし、そんな案内はありません!浜立山の標柱もありませんので、今後行こうと思っている方はあくまで地形図を正確に読む力が必要です。

画像
浜立尾根の取り付き
浜立尾根は浜立山のピークから西に少し向かって後南西に分岐します。少しだけ紅葉した木を愛でつつ(トップの写真)尾根の分岐に辿り着きました。下りは意外に難しいので捻り鉢巻で地形図を片手に気合を入れて歩き無事目的地に到着。

Mさん、Sさん、花が少なくても楽しい山歩きが楽しめました。有り難うございました。又折りをみてご一緒しましょう。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
穴沢山は初めて聞きました。
昭文社の地図に954mとあるのがそうでしょうか?
フクシアさんが滝子山と聞いてどういう歩き方をされるのかと思いましたが想定できないコースでした。
先週真名井北稜でバリルート大失敗したので、勉強し直したいと思います。
でも先週のケースはそもそも地図読み以前の問題で右に曲がるところを左に曲がってしまったのでした。
お粗末!
hakkutu
2012/10/08 16:47
こんばんは〜

花も随分と少なくなりましたね
これからは紅葉を期待したいと思いますが
お天気も紅葉もまだでは・・・でも結構楽しめたようですね
山歩き初心者の方に、富士の雄姿を見せてあげたかったでしょうね
いっしい
2012/10/08 20:09
hakkutuさん、こんばんわ。
穴沢山は登ってみて初めて知りました。登る前にあまり情報収集をすると新鮮味に欠けるので事前調査をやっていないのでこんな事態になるのですね!仰いますように954mのピークが穴沢山です。尾根バリを望んでいるMさんにも考え付かなかったコース設定だったようですが、許される時間内で戻る、これを考えたらこんなコースになりました。私はバリエーションルートのコース設定を考えるのがとても好きなんですよ<(`^´)>
hakkutuさんが真名井北稜をやると聞いた時は、なかなかやるじゃんと思っていましたが(笑)
フクシア
2012/10/08 21:01
いっしいさん、こんばんわ。
いっしいさんのフィールドはまだまだ花に囲まれていますが、私の方は大方花が終わりましたのでこれからは紅葉を楽しんだり、枯れた冬山を楽しむようになりますね。まあ、富士山も雪化粧をすると一段と奇麗になりますので富士山の見える山にも出かけますよ。
フクシア
2012/10/08 21:06
お世話になりましたm(__)mありがとうございました。
滝子山は大きくて、尾根がたくさん派生していて、赤線しか歩いていなので、どこか登ってみたいと思っていました。М本にもないルートで、そういうバリルートを自分で作れるようになってホンモノだなあと実感です。さすがですね!!ウラ本書けますものね!
デビューしたてのSさんもご一緒できて楽しかったです〜
寒くなりますが、展望はきくようになりますね♪またよろしくお願いします〜
そしんろうばい
2012/10/09 10:35
そしんろうばいさん、こんばんわ。
先日は有り難うございました。滝子山からの富士山は特別な姿なのですが惜しかったですね。仰いますようにバリエーションルートはまだまだありますから冬晴れに富士山狙いで登るのも良いですね。黄葉も凄いですよね。
M本はじっくり読んだ事がありませんが、自分のオリジナルコースは又格別ですから、大いに楽しみましょうね。
フクシア
2012/10/09 19:01
バリエーションもなんの問題もなく行かれるんですね。
いいな〜、こういう山歩き。
フクシアさんて、生まれた時から
山の中を歩いていました?(笑)
nousagi
2012/10/11 10:09
nousagiさん、こんにちわ。
生まれた時から云々、そういう発想大好きですよ♪
バリエーションルート何の問題もなくというのは評価のし過ぎで、実は何の問題も無さそうなルートを組み立てているだけです(笑)

バリエーションルートは葉が落ちたら視界が効いてやり易いですので宜しかったらお申し付け下さい。喜んでお伴致します♪
フクシア
2012/10/11 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
滝子山へ  バリエーションルートを楽しむ 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる