晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 高尾山へ    地元探索しながら

<<   作成日時 : 2013/01/14 22:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
1/13 高尾山山頂にて
近くの高尾山に家から歩いて登ってみました。高尾山へのコースは京王高尾山口を初めに色々ありますが、我が家から歩いて高尾山口に行くコースも沢山あります。今回はビギナーのSさんと最短コースを歩く事になりました。KさんとWさんも参加して四人で歩きました。大戸青少年センターから登り始めました。

画像
草戸峠から高尾山を
境川源流から尾根道を進んで15分位で峠に着きました。高尾山が目前に見えます。嘗ては稲荷山コースを歩くハイカーまで見えたそうですが、今は木が伸びて見えない。

画像画像画像















               コースの一齣/道標/リフトを見る
きっちり踏み固まったコースに安心感を覚えますが、支尾根が沢山ありますので、こんな道標があるので迷わずに済みます。因みにWさんが作った道標です。春は山桜が見事に咲く場所で、その季節を楽しみにしている私達です。
リフトがもう動き出していました。ロープウエィ乗り場の放送も聞こえます。

画像画像画像
















                高尾山ロープウエィ乗り場
20号線に下り立ったら今度は高尾山山頂を目指します。何時も混雑をしている高尾山ロープウエィ乗り場ですが、朝早かったせいか、さほど混雑していなかった。

画像
スカイツリーが霞んではいましたが、確認出来ました。結構気温が上ってきましたからね。

画像画像画像















 
                稲荷山コースの一齣/新しくなったトイレ/ルリビタキ(♀)
色んなコースがありますが、尾根歩きの稲荷山コースを選びました。頂上に近づくにつれ混雑してきました。
頂上下のトイレが完成した話は聞いていましたが、ご覧の通り二階建てでした!女性用は一階と二階。二階は女性専用でした。
頂上の混雑を避けながら、シモバシラを探しつつランチの場所も探しましたが、シモバシラはもう融けて小さくなっていました。
ランチを取っている時に、目の前にルリビタキが現れました。あまり警戒する様子もなく何度も目の前に来てくれました。雄も見たかったのですが、残念ながら現れず、諦めて帰る事にしました。

画像画像画像
















               タチツボスミレ/本殿へ向う僧/同左
表参道コースに向う途中の南斜面にタチツボスミレが気持ち良さそうに咲いていました。高尾山はスミレの山でも有名ですが、そんな時期も近いですね。
琵琶滝コースを下りる事に決まり本殿を通りますが、丁度僧達の拝殿に向かう行列に遇いました。色とりどりの袈裟を身に纏い、きりっとした姿が印象的でしたが、二人の女性もいました。

画像画像画像
















                六根清浄の石碑
初めて目にしたこの石碑。高尾山に登っても表参道を通る事があまりないので、何時出来たの?全員お初にお目にかかりました。それもそのはず、平成二十四年建立でした。
魂を清らかな状態にする為不浄のものを、見ない、聞かない、嗅がない、味わわない、触れない、感じないという内容らしいですが、これがあるから楽しいのに。俗世にどっぷり浸かっている自分が明瞭に(笑)。今更何を!

画像画像画像
















               うかい竹亭/草土峠登り口/チャセンシダと小仏層
琵琶滝コースを通って再びロープウエィ乗り場に下り立ち、帰り道は梅ノ木平から草戸峠に向かいます。朝歩いた道は結構アップダウンが多いので、帰りは最短コースを歩く事にしました。
竹亭の前を通ってご覧の様に又Wさん作成の道標が出てきたら左の山道に入ると直ぐに草戸峠に着きます。昔の人はこの道を歩いて峰の薬師まで歩いたのでしょうか、とても便利な道です。
梅ノ木平が圏央道高尾インターの入口になりますので、20号線から地下道を潜って、草戸峠入口に向います。
小仏層と呼ばれている地層が、恐竜時代に海の堆積物によって出来たと考えられており、関東山地の南部地域に分布しているそうですが、大戸にその地層が見られ、この様な独特の岩を形成しています。チャセンシダが生えていました。
 
高尾山の初詣はSさんの特訓(笑)を兼ねて家から歩きましたが、Kさん、Wさんが毎日のように歩いている自称シルバーコースと併せて歩く事が出来ました。私の知らないコースが沢山ある事が解りましたが、Kさん、Wさんのお陰です。皆さん、有難うございました。又ご案内お願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
自分の庭のようなところもじっくり歩いて見ると
今まで気がつかなかったような発見もあるんですね。

>魂を清らかな状態にする為不浄のものを、見ない、聞かない、嗅がない、味わわない、触れない、感じない

え〜っ、そんな人生、つまらないな〜。
それがあるから人生ですよね。
nousagi
2013/01/15 13:25
nousagiさん、こんにちは。
高尾は自分の庭先だと自慢していましたが、まだまだ知らない高尾エリアである事をつくづく感じました。Kさんからみると、まだまだヒヨコの私でした。今年は少し南高尾をじっくりと歩いてみたいと思います。
何時かガイドをさせて下さい。お楽しみに。
フクシア
2013/01/15 15:09
大戸からのコース、稲荷山、初詣、琵琶滝、初めての道と
もりだくさんでアップダウンのあるコースですね。
フクシアコーチは、けっこう厳しそうです。(笑)
南高尾もいろんなコースがあるのですね。
高尾に比べるとまだまだ歩く人が少ないので
なかなかルート探索をする勇気がでないのですが
スミレはそんなところにも咲いているのでしょうね。
はなねこ
2013/01/16 10:49
はなねこさん、こんにちは。
南高尾から高尾山口へはアップダウンが結構ありますので、往復となるとなかなかハードなのですよ!ビギナーさんの訓練などと称していましたが、実は往復したのは初めてかも^^; 
南高尾は人が少ないのが魅力ですが、最近は結構ハイカーが多くなりましたよ!はなねこさんの大好きなスミレも沢山咲きますよ。北高尾より早く見られるのが嬉しいですね。
フクシア
2013/01/16 12:32
ご自宅から高尾山、大周回コースですね!!ちょっと外れると人影もまばらで、奥が深いのでしょうね・・・近いけどあまり知りません^_^;
昨日はその高尾山行って来ました。さすが、雪が降っても人がいます。大垂水峠を過ぎると貸切(*^^)v〜鉄塔から赤馬に下りました。去年引き返したルートだったので嬉しいです。今度はそっちから上がりたいです。スミレも咲きそうかなあ❤
そしんろうばい
2013/01/16 13:16
そしんろうばいさん、今晩は。
私の家から高尾の間には幾つ物尾根が入り組んでいますので、結構面白いです。春は山桜が豪く奇麗に咲くのですよ
昨日は雪にも負けず・・・、高尾でしたか。赤馬きっちり制覇しましたか、良かったですね。あの辺もなかなか面白いですよね。
そしんろうばいさんも、スミレの追っかけですね!一緒に追っかけましょう♪
フクシア
2013/01/16 21:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
高尾山へ    地元探索しながら 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる