晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 棚ノ入山北尾根アップ、秋山二十六夜山東尾根ダウン

<<   作成日時 : 2013/03/10 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
3/5 棚ノ入山から赤鞍ヶ岳(左)、菜畑山(右)を
花の季節の前にバリエーションルートを楽しんでいますが、今回は棚の入山北尾根を登って、秋山二十六夜山を繋ぎ、バリエーションルートを組んでみました。
浜沢に駐車→無生野から取り付き→棚ノ入山北尾根→棚の入山→二十六夜山→892ピーク→892ピーク北東尾根→寺下 この様に歩きましたが、下り立った場所が少しずれてしまいました(^^ゞ

画像画像画像















                西タンノイリサワを渡る/取り付き早々の斜面/730.6の三角点
私達が取り付く尾根は沢の出合いなので渡渉を覚悟していましたが、しっかり橋が架けられていました。そんなわけで目的の尾根に直ぐに取り付きが出来ました。この時既に10時過ぎ。斜面にはまだ雪が残っていました。前夜は雨でしたが、この辺りは雪だったのではないかと思っていましたが、雪は降らなかったようで、ほっ。
730.6の三角点があるべき場所をちょっと通過してから、《あれっ、三角点が無い!》と思ったのですが、地中に埋められていたので気が付きませんでした。

画像
春めいた陽射しを浴びた森&日向舟
春の陽射したっぷりで暑いくらいになりました。西隣の尾根が奇麗に見えていました。

画像
806ピークから北側の景色
今回のコースは展望を期待していませんでしたが、北側のこんな景色が見えると喜んでいる私達でした。(バリエーションルート好きのそしんろうばいさんとご一緒でした。)
笹尾根が線を引いたように奇麗に見えていました。

画像
棚ノ入山東側から二十六夜山を
無事に棚ノ入山頂上に着きました(トップの写真。)ポカポカ陽気を浴びながらランチにしました。南側に並ぶ道志の山並みが奇麗に見えていました。富士山は天辺だけ。
ランチの後は二十六夜山に向かいました。赤線のルートですのでやはり歩き心地は良かった。棚ノ入山から北に向きが変わる所からこの写真を撮りましたが、殆ど植林!

画像画像画像
















                二十六夜塔/二十六夜山/アブラチャン
月待ち信仰のあった二十六夜山ですが、なんか今では考えられないですが、厳粛な気持ちで集まって、又その集まりがどんなにか楽しみだったかと、想像している私です。塔と頂上は少し離れており、五分位の距離でした。

さて此処からはバリエーションルートになるのでコンパスを使って歩きます。予想外に奇麗な自然林の中を歩きますがアブラチャンを見つけました。いよいよ春ですね!

画像画像




















                奇麗な自然林/558の三角点
目印にしていた892ピークも無事に通過して自然林に癒されながら調子良く歩いていました。
が、750m付近で北に向かう支尾根に付かなければいけません。北に向かう尾根(最終は558の三角点)が見つからないまま下りていると、その内北に向いてきたので、《やった〜。》と喜んでいましたが、直に東に尾根が向いてきた為、やはり目的の尾根についていなかった事が判明。ここで戻れば軌道修正が出来たのですが、残る時間を考えてこのまま下りる事に決定。下り立った所はもちろん目的の三角点のある場所から離れて(南寄り)いました。

三角点は林道から離れていないので駐車場まで徒歩ですので、トボトボ歩きながら三角点を探す事にしました。そして探し当てました!正確に尾根に乗れなかった事が非常に悔しいですが、三角点を探した事で満足した私でした(笑) そしんろうばいさん、お誘い有難うございました。

使用地図 昭文社:高尾・陣馬山 国土地理院2.5万図:大室山

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
この「基本測量」というのもいわゆる三角点なのですね。
石柱の真ん中の円盤が味わいがあっていいですね!
そして、二十六夜山が月待ちの山だということを初めて知りました。
十三夜×2周?と単純に2で割ってしまいましたがそうではなさそうですね?
今度じっくりとご教示くださいませm(_ _)m
良いお天気で春山ハイクのようだったのでは?^^♪
お散歩
2013/03/10 21:25
お散歩さん、今晩は。
三角点も色々あって面白いですね。
月待ち信仰は、十三夜とか十五夜、十七夜、二十三夜などあったようですね。二十六夜は意外に少なかったとか。此処の二十六夜塔の建立は明治二十二年でしたから、意外に近年まで行事が行われていたのかも知れませんね。
仰いますように日溜りハイクでしたよ。昨日は又夏バテしそうな暑さでしたし!
フクシア
2013/03/10 22:45
こんなふうに、三角点から三角点という記載を見ると
フクシアさんらしい山歩きだなぁと感じます。
こういう歩き方はとても身になるし
楽しいと思います。
nousagi
2013/03/11 11:21
nousagiさん、こんにちは。
三角点の確認が取れると、現在地の確認が確実なので何時も見つけるようにしているのですが、見つからないと結構ガッカリなんですよね。こんな登り方が楽しめるのも今の内ですものね。
フクシア
2013/03/11 16:15
月待ち信仰は知りませんでした。
農作業と関係あります?
月だから違いますよね。
また今度詳しく教えて下さい。
花粉で暫く山はお休みになりそうです(涙)。
hakkutu
2013/03/11 19:01
hakkutuさん、今晩は。
月待ち信仰は農作業と関係あると思いますよ。月待ちの湯にでも入って、のんびり昔を連想するのも良いですね。
花粉症、お見舞い申しあげます。土曜日の山歩きの時花粉と黄砂が凄かったですよ!
フクシア
2013/03/11 22:54
またまたじみ〜な、これといって売りのない尾根にご一緒いただき、先導していただき、ありがとうございましたm(__)m
日差しの暖かい山日和でしたね。しかし、地図読みの難しさを体験した山行でした。あそこで北向きの尾根に乗るのは難しいのですね。
でも登りも下りもバリって、大変楽しかったです♪ありがとうございました!!
そしんろうばい
2013/03/13 00:26
そしんろうばいさん、お早うございます。
マイナーな歩きが売りの私ですから、地図読み山行大歓迎ですよ(^^♪
暖かい日溜りでとても気持ちが良かったですね。相当陽が伸びましたので、バリ派にはとても嬉しいですね。花の追っかけが迫ってきていますので、どんどん今の内にやりましょう!
フクシア
2013/03/13 05:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
棚ノ入山北尾根アップ、秋山二十六夜山東尾根ダウン 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる