晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 九重山群へ 初の九州の山旅  パートV

<<   作成日時 : 2013/06/13 17:43   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
6/8 平治岳にて
二日目の8日はとうとう平治岳のピークを踏みました。聞きしに勝るこの庭園のような風景にそれはそれは溜息の出る光景でした。

温泉付きの山荘でしっかり睡眠を取り、二日目は山荘を後にして、大船山(だいせんさん)→北大船山→大戸越(うとんこし)→平治岳(ひいじだけ)→坊ガツル→長者原(ちょうじゃばる) このように歩きます。

画像画像画像
















              部屋からの夜明け/山荘/サワオグルマ
温泉付きの天国のような気分で一夜を過ごし、二日目の朝を迎え、夜明を室内で捉えました。
平治岳が混みそうなので、朝食を弁当にしてもらって早く小屋をでました。
坊ガツルの草原の中を歩いて登山道に付きますが、その草原に咲いていた黄色の花、一杯咲いて黄色に染まっていました。テントの黄色も多かったですが。

画像画像画像
















                コマユミ/タンナサワフタギ/登山道
玖珠川源流と書かれた道標を見ながら橋を渡ると、コマユミやタンナサワフタギが咲いていました。テント場の炊事場の前を通って直に登山道になりますが、ご覧の様に鬱蒼とした中を歩きます。

画像
大船山と北大船山の分岐まで来ると、鬱蒼とした道とはお別れして、このようなミヤマキリシマに包まれた世界に一変します。

画像画像画像
















                ナルコユリ/大船山/大船山の三角点
分岐にザックを置いて大船山までピストンしましたが、荷物を背負わない快適さプラス、ロケーションの良さが一層心地良く、あっという間に頂上に着きましたが、道中はドウダンの木のトンネルの中を歩き、頂上に着きました。タマランチ、こんなルート!朝からはしゃぐ三人娘(?)でした(笑)。三角点は石の中に埋められていました。又々ユニークな事!

画像
大船山から段原越しに平治岳を
日の出を大船山で迎えたと言う二人の男性とすれ違った時に【段原のキリシマが良かったし、平治岳も良さそう。】と、話をしてくれましたが、その段原と平治岳を撮りました。このロケーションの写真を、昨夜とまった山荘でも見ましたし、図鑑の表紙にも載せてあり、何て素晴しい所でしょうと、感心していましたが、写真を見るだけではなく、実際に自分で写真を撮り→其処を自分の足で歩けるのですから、大興奮しちゃいます。

画像
御池
ミヤマキリシマが無いと地味な感じがしますが、この池は大船山直下の南側にあるのですが、緑とドウダンが咲く中にありました。時間があれば一周してみたいところです。

画像
平治岳をアップで
大船山を後にして引帰す道は平治岳を目前にしながら歩きますので、段々大きくはっきりと見えてきます。ピンクに染まっていますね。

画像
段原のミヤマキリシマの中を歩く
分岐に戻ったら又ザックを背負って歩きますが、この花の中を泳ぐような感じになりますので、重たい感覚は無感。

画像
花をメインに昨日歩いた三俣山を撮りました。親しみある熱い眼で眺めました。

画像
昨日歩いた硫黄岳も臨みました。

画像
段原のナンバーワン
何処も素晴しくて甲乙付け難いですが、思わずシャッターを切りたくなる所でした。ミヤマキリシマがひしめき合っています。

画像画像画像
















                 大船山を振り返る/フイリフイリフモトスミレ/花の道
平治岳に向かって下降しますが、何度も来た道を振りながら、足下のスミレを見たり、忙しい(笑)。

画像画像画像
















                イワカガミ/チゴユリ/ミヤマガマズミ
暫く朝歩いたような樹林帯の中を歩きますが、イワカガミ、チゴユリ、ミヤマガマズミ(超ボケボケ)が咲いていました。

画像
大戸越
樹林帯を下って鞍部を迎えると、其処は大戸越。ごらんのように沢山のハイカーが数珠繋ぎになって、所どころ渋滞している感じでした。素晴しい景色に口アングリです。

画像画像画像
















                登り専用路/まばらに咲く/平治岳直下
登りと下りの専用路が設けられていました。狭いルートなので一通は良い考えですね。
何処を見回してもピンクの花で埋もれていますが、白い幹を見せている木は目立ちます。頑張っている感じが良い。
ピークが二つありますが、手前のピークで道が一つになるので又混雑しましたが、三角点のある奥のピークまでの間は庭園のようでうっとり。誰もが足を止めて見入っていました。

画像
大戸越を見下ろす
さっきは大戸越から見あげましたが、今度は逆に見下ろしましたが、見下ろしても絶景です。

画像
芝桜模様
平治岳の頂上から西側に尾根が張り出していますが、芝桜が咲いているように見えます。

画像
こんな花の中を誰もが泳ぐような感じで素敵でした。

画像
いくら見ても見飽きない光景でした。

画像


画像


画像画像画像
















どんどんハイカーが登って来ますので早々に下山開始しましたが、今度は途中から下山専用路を下りました。途中にミヤマキリシマのシロバージョンがあると聞いて、しっかり探しモードになっていましたが、無事に出会えました!

画像
坊ガツルと三俣山  
大戸越に戻ってランチを取りましたが、相変わらず登って来るハイカーが一杯でした。そんな方々と擦れ違いをしながら無事に坊ガツルに戻って来ました。
昨日もテントが一杯張ってありましたが、今日はもっと多くなっていました。こんな素敵な場所でテント、羨ましい。

さて私達は、九州自然歩道を辿って長者原に向かいます。そして今夜のお宿のホテルグリーンピア南阿蘇に向かいます。続きはパートWで。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい〜!
このお写真見た方は皆さんここに行きたくなるでしょう(^_-)
こうして振り返って見ると、やはり最高の日に歩いたことがわかりますね!
この感動を共有させていただき感謝です!
改めてありがとうございましたo(^o^)o
お散歩
2013/06/13 18:38
これは凄い!
ピンク、ピンク、ピンク。
3人の興奮振りは聞かなくてもよく分かります。
最後のテント場良いですね。
hakkutu
2013/06/13 19:21
フクシアさん こんばんは
花の中を泳ぐ・・・ほんとにそんな感じですね。
お散歩さんの言われるように、この写真を見て行きたくなりました。(^^)
はなねこ
2013/06/13 21:09
平治岳のミヤマキリシマも堪能された様ですね
大船山に登って、平治岳にも登るなんて欲張りですね〜(笑)
岩場に張り付くように咲いてるミヤマキリシマです
厳しい環境にも打ち勝って咲いてる姿は、可愛いですよね
場所によっては、本当に庭園の様で何時までも眺めて痛くなりますよね
フクシアさんの楽しい様子が良く分かります
続きも楽しみにしていますね〜
いっしい
2013/06/13 21:36
お散歩さん、こんばんは。
グッドタイミングでしたね。私のイメージとは豪く違った壮大なスケールの大自然で本当に感動しきりでした。
私の拙い写真でも行きたい気分になってもらえたら嬉しいです♪ 観光大使の気分です〜。
フクシア
2013/06/14 00:17
はなねこさん、こんばんは。
花の中を泳ぐのは本当に気分が良いですね。何時もプールで泳いでいますが、花の中を泳ぐのは最高ですね。
はなねこさんも是非お出かけ下さい。この時季はスミレには遅そうですが、スミレを抜きにしても充分楽しめますし。お薦めです。
フクシア
2013/06/14 00:22
hakkutuさん、こんばんは。
私達の花に対する興奮ぶりは御承知ですので、いとも簡単に想像出来ますよね(笑)。
テント場、抜群ですよね。温泉は近いですし、水は近場でしかも相当な美味しさでした。やはり張らないと。時間の計算は不要ですね(^_-)
フクシア
2013/06/14 00:26
いっしいさん、こんばんは。
やはり欲張っていますか!山荘で夕食を取った時に、隣のテーブルに座った方々の情報を下に、大船山行きがきまったのでした。欲張り三人隊ですからねぇ。
続きも頑張ってアップします。是非引き続き覘いて下さいね。
フクシア
2013/06/14 00:30
花の中を泳ぐって素敵!きっと文字通りなのでしょうね(*^_^*)
昨日歩いたというお山が、まるくてぽこぽこしててかわいいです❤
テント場もいいですね〜広々として自然の中に張ってる感じでワイルド〜
そしんろうばい
2013/06/14 08:28
ミヤマキリシマ三昧で
ザックの重さどころか
疲れなど感じないでしょうね。
九州の山は私の選択肢にはなかったのですが
やっぱり乗せられそう・・・。(^_^;)(笑)
nousagi
2013/06/14 09:42
そしんろうばいさん、こんにちは。
平治岳頂上の方なんか、歩いている人の顔だけがミヤマキリシマから出ているので、本当に泳いでいる感じなのですよ。
テント場は最高ですよ。スペースは広いですから、好きな所を選べるのでっすから。
フクシア
2013/06/14 13:54
nousagiさん、こんんちは。
確かにミヤマキリシマ三昧でした。食べ物も水も美味しくて、九州お薦めです。
私のブログで乗せられそうになっていますか?それは素晴しい事です。是非お出かけ下さい。
フクシア
2013/06/14 13:57
嫉妬の炎がメラメラ大炎上1月観光バスから牧ノ戸峠の
樹氷を見ています。5ヶ月後は夢の世界か〜素敵な写真は技無しで
シャッタ−を押しているだけですよね、と捨てゼリフこんな風景が
あるのかすばらしい、置いて行かれた支障
takigoyama
2013/06/14 17:21
takigoyamaさん、こんばんは。
消防車が必要ですか!タマランチを何度も連発しちゃいました!
牧の戸峠の樹氷の景色の写真を温泉山荘で見ましたが、とても素晴しかったですよ。まあ、こうなったら、師匠も行くべきですね

あのー、もしもし、その捨てゼリフ、ピンポンで〜す。私が構図を狙っているのではなく、景色がカメラに飛び込んでくるのですから!タマランチ!
フクシア
2013/06/14 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
九重山群へ 初の九州の山旅  パートV 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる