晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 天狗原山・金山へ   パートU

<<   作成日時 : 2013/07/17 11:09   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

(パートTからの続きです。)
画像

7/14 神ノ田圃の鞍部を登り切りましたが、雪原の風景が広がり奇麗!

画像画像画像

















               ミヤマキンポウゲ/アカモノ/ツバメオモト
心配だった雨が上ったもののさほど景色は得られず。でもこのような花が援護射撃をしてくれます。

画像
天狗原山近し
天狗原山が近いのでもう少しでランチにしようと思っていたところに、又新たな雪渓が現れました。

画像画像画像
















               マイヅルソウ/ショウジョウバカマ/天狗原山
ショウジョウバカマの姿は嬉々とした春を感じます。黄色の標柱が見えてきましたが、もしや天狗原山の標柱ではないかと期待しつつ延々と続く雪の上を歩いていました。その黄色の標柱はやはり目的の山のものでした。この色は遠くからでも目だって良い。

画像

天狗原山から金山を遠望
コースタイムに書かれている時間は20分。夏道でも20分では行けなさそうなのに、ずっと続く雪渓。六本アイゼンを持って来たのでホッ。

画像

妙高山と火打山を前方にしながら天狗原山を後にしましたが、直にアイゼンを装着。

画像

神ノ田圃という鞍部まで下って登り返しての金山山頂。その神ノ田圃はこの様に急斜面で滑ったら大事。慎重に歩いて通過しました。
画像

神ノ田圃から乙見湖越しに黒姫山を
さっきから下に見えていた湖は乙見湖でした。その向こうに黒姫山が見えていました。なかなかのロケーション。

画像

神ノ田圃の両側は高い草地になっていますが、どちらを見てもシラネアオイが群生していました。危険な所には魅力が詰まっていますねぇ。

画像

金山近し。神ノ田圃から脱出しましたので本命の金山は近いのですが、近くて遠い。尾根通しで歩けるなら良いですが、尾根には笹が密集。雪が無い所は夏道を探しながら、まどろっこしい。

画像

近くて遠い金山がいよいよと思っていた所に、先行していたMさんがザックを置いて行きましょうと言っていました。近づいてみると、雪渓がパクリと半端ではない口を広げていました!左側の雪渓に移動しないと金山は益々遠くなる。お腹が空いている私はザックを置いて行くなんて出来ないっ!
背に腹は変えられず、必死に木の枝に摑まり体を引き上げて左側の雪渓に移動。Mさんも後から続く。黄色の標柱がみえましたので、本当に金山は近い。

画像画像画像















              ナエバキスミレ/ハクサンコザクラ/金山
雪渓の割れ目の崖に見つけたピンク色の花はハクサンコザクラでした。全部で三輪。恐らく雪の下で今か今かと雪融けを待っているに違いありません。そんなタイミングの時に歩いてみたい。
金山山頂で待ちに待ったランチを食べました。お日様が当って暖かかったですが、レインコートを羽織って食べました。我が家の方は猛暑だというのに、この気温の違い。
20分と記載されている天狗原山と金山間を何と50分もかかった私達でした!荷物を15キロにしようとその準備をしていたのですが、林道歩きの2時間10分がプラスされたので、12キロ背負って登った事に安堵感を覚えました。

画像

雪渓と黒姫山&戸隠方面
ランチを食べたら直ぐに下山開始。Uターンですので、帰りは勝手知ったる道を下りますが、背中にしていたロケーションが今度は正面になりますので、ちょっと新鮮な気分を味わいながら下ります。

画像

神ノ田圃の西側を見上げると、例のシラネアオイとシナノキンバイのコラボ。

画像

天狗原山を目前にして、神ノ田圃の鞍部を通過したMさん。この雪渓が切れた所(天狗原山直下)でアイゼンを外しました。

画像画像画像
















                クガイソウ/カワラナデシコ/ノウゴウイチゴ
帰りの道は登った道と同じでありながら、又違った光景を楽しみながら下山。花も同じで、登りでは気が付かなかった花を幾つか見かけました。

画像

林道から雪倉岳方面を
無事に登山道入口に戻りました。あとは一時間林道歩きをすれば駐車場。途中で雲が切れて雪倉岳方面が見えました。こちらも雪が残っていますね。

駐車場に戻って、直ぐ目の前にある無料の温泉に浸かって一日の汗を流し、12キロだったけれど訓練になったわねなどと言いながら、今日の山行を称えた私達でした。この後高速で渋滞に巻き込まれましたが、無事に帰宅しました。

Mさん、有難うございました。あの雪渓の下には多くの花が開花準備をしていると思うと、又行ってみたい気もしますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
今回も本当〜〜にお世話になりましたm(__)mm(__)m
運転、ルート見極め、帰りの渋滞・・・本当にお疲れさまでした。
ここ数年の山行でいちばんと言っていいくらいの、体力つかった山歩きでした。自分では到底行けるお山ではありませんでした。まだ腕が痛い・・・あちこちつかまっていましたからね・・・雪国のお山は手ごわいです。
そこまで行かないと会えないお花たちにたくさん会えてよかった❤サンカヨウも咲いていたし、ショウジョウバカマもあちこち、キヌガサソウのつぼみなんて、なかなかお目にかかれません。
本当にありがとうございました。またよろしくお願いします。
そしんろうばい
2013/07/17 13:29
なんとかなりキツイ山のようですね。
そこを12kg背負って訓練なんてご免です。(笑)
でもたくさんのお花、遠目でも写真でも良く見えます。
素晴らしいお花の山ですね。
nousagi
2013/07/17 16:37
先日、新潟の民宿で出会った方が、この山のことを話されていました。
お花が多い山だから行ってみなさい♪と。
まだまだ残雪が多いようですが、この後が楽しみですね。
↓の葉っぱのない実は、浅草岳にもたくさんありました。
未だに???なのですが、判ったら教えてくださいね。
はなねこ
2013/07/17 20:29
わ〜金山に行かれたのですね(^^)/
あちら方面のお山は登りにくいけれど、
そのぶんお花が沢山咲いていて楽しいですよね♡
まだずいぶん雪が残っていてびっくりです。
シラネアオイが花盛りなんてまだ早春みたいです。

2013/07/17 21:38
そしんろうばいさん、お早うございます。
どうもお世話になりました。遠いのが難点ですが、行っただけの事はありましたね。
そしんろうばいさんの大好きなサンカヨウがあんなにみられましたし、キヌガサソウの群生は圧巻でしたね。下山後の温泉も抜群でしたし、再訪したい山に登録されました。紅葉も良さそうですし♪
フクシア
2013/07/18 07:20
nousagiさん、お早うございます。
きつかったのは私の足がへなちょこだからです(-_-;) 花を見たかったのですが、雪景色も素晴しかったので行った甲斐があったと充分満足しているのですよ
近々登りそうですか?虫が多いので虫除け対策が必要ですね。
フクシア
2013/07/18 07:27
はなねこさん、お早うございます。
はなねこさんの仰る新潟は浅草岳に登った時ですか?私の未踏の山なので羨ましくグログを拝見させて戴きましたが。
例の実はカタクリだそうです。(お散歩さんに教えて戴きました。)葉が無いなんてお化けみたいなんて思っていましたが(笑)。
フクシア
2013/07/18 07:31
彩さん、お早うございます。
彩さんが以前登られた話を聞いた時に私も何時か登りたいと思っていましたが、やっと念願が叶いました。
妙高と火打をセットで登った時に、焼山をマークしていましたが、金山なんて全く気が付いていませんでした。その山がこんなに素晴しい山だったとは!

シラネアオイもたっぷり、スミレもまだまだこれから咲きそうでしたよ。雪景色がとても気に入った私です。
フクシア
2013/07/18 07:36
 お花も雪渓もいっぱいで楽しい山歩きだったようですね。
むか〜し、最初の夏合宿で、南小谷駅から縦走したコースの一部で、
とても懐かしく楽しませて戴きました。
と言っても、ただただ大変で、記憶は殆ど無いのですが・・・・・
焼山で写真を撮った事だけ記憶の片隅にあります。
焼山は一時期、登山禁止でしたが、今は登れるのでしょうかね?
キレンゲショウマ
2013/07/23 01:59
キレンゲショウマさん、こんばんは。
雪渓が一杯で吃驚しました。夏道を探す作業が入り、意外に面白かったです。
南小谷駅から縦走ですか!凄いですね。やはり鍛え方が違いますね。

雪の季節には行けませんが、雪渓の多い時に行けて、少し冬の気分を味わいました。
フクシア
2013/07/23 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
天狗原山・金山へ   パートU 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる