晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 苗場山へ  一日目   ( パート1)

<<   作成日時 : 2013/07/12 23:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
7/9 苗場山山頂
苗場山には今回で四度目の私ですが、未踏のルートを歩いてみたいと思い、今回初めての苗場山訪問となったキレンゲショウマさんhttp://zeolite3.blog4.fc2.com/page-1.htmlと同行しました。

私が歩いてみたかったコースは小松原コース。時間的な配分から車を大赤沢に置いて、大赤沢新道を登り苗場山頂ヒュッテに宿泊。二日目は小松原コースを歩いて風穴に下り立ち、車の回収に向かう。こんなコースを組みました。

画像画像画像
















               大赤沢新道入り口/キツリフネソウ/エゾアジサイ
石打インターから約一時間半程で大赤沢新道入り口に着きました。結構陽射しの強い中を長い林道歩きから始まりました。
沿道にキツリフネソウがもう咲いていました。エゾアジサイも奇麗に沢山咲いていました。

画像画像画像
















               オニシモツケ/ミズタビラコ/入り口
硫黄川を渉ってやっと山の道に入ります。

画像

カンカン照りの太陽にさらされていましたので、こんな森の中は湿度が高いけれど、少しほっとしました。

画像画像画像
  















               ミゾホウズキ/コナスビ/ウリノキ
ぬかるんだ道にはミゾホウズキやコナスビが咲いて、奇麗な羊歯が沢山。
 

画像

山の道を歩いて間もなく再び林道を歩く様になりましたが、道標もなく意外に解り辛い。持参した地形図がとても役に立ちました。1050m辺りから再び山の道に入ったが、豪く時間がかかったので、ちゃんと小屋に辿り着けるのか心配になるくらい(笑)。
山の道に入ると、大きなブナの木やこのような木が多く、木の根の上に道が付いている事が多く、下は空洞なので注意を払いながら歩きました。

画像画像画像
















                ハナヒリノキ/アカモノ/ヤマシグレ
足元にはトクワカソウやオオイワカガミの葉が一杯で、絨毯のようでしたが、アカモノが咲き、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナなども方々に咲き乱れ、木の花も多く見られました。

画像画像画像
















                独特な道標/タニギキョウ/ヤグルマソウ
赤沢新道には道標らしい道標は無く、このような合目を表示した物だけ。私達の足が遅いのか、なかなか時間がかかりました。

画像画像画像
















                ムラサキヤシオ/クルマユリ/ベニサラサドウダン
ムラサキヤシオの咲き残りや、アズマシャクナゲ(写真失敗作)、ベニサラサドウダンが見られるようになりました。

画像画像画像
















                ガクウラジロヨウラク/ミツバオウレン/ミヤマカタバミ
木の花も、足元にはミツバオウレンがびっしり咲いて、イワカガミも咲き乱れ、賑やかになってきました。
雪渓も時折現れました。小豆とミルクを持って来なかった事を後悔しました。暑くて暑くて汗がびっしょり。こんな所にカキゴオリが食べられたら・・・。朝から暑さとの闘いでした。

画像

猿面峰というピークをマークしましたが、道標無し。その後にこの天狗の庭と書かれた唯一の案内がありました。

画像画像画像
















               ヒメタケシマラン/ショウジョウバカマ/ナエバキスミレ
雪渓がまだ残っている所には、今が春と、一季節遅れの花が・・・。このタイムラグを感じるのも山登りの楽しさ。

画像画像画像
















               イワカガミ/オオバミゾホウズキ/キヌガサソウ
頂上まで300mを残して、最後の胸突き八丁まで漕ぎ付けてほっとしたころ、ほっと出来ない難事が!それはブヨ(?)の大群!キレンゲショウマさんはさっさと網を被ったので正解。手で追い払おうとした私は甘かった!あっという間に何箇所も射され重症!
花も沢山咲いていたが、しゃがんで写真を撮ろうものなら、命取り(笑)。

画像画像画像
















                ベニバナイチゴ/シロバナイワカガミ(?)/コフタバラン
ベニバナイチゴを見ると、やはり遠い山に来た気分が・・・。シロバナのイワカガミを見つけたのでここは頑張ってカメラを使う。しかし虫の威力は一向に衰えず(-_-;) コフタバランを見つけた頃になると、小屋のモーターの回る音が聞こえてきたのでホッ!


画像画像画像
















               ガクウラジロヨウラク/チングルマ/ツマとリソウ&ゴゼンタチバナ
小屋に着いて手続きを済ませ景色を長めに外に出ました。あれだけ陽が射して私達を苦しめたあの暑さは片鱗もなく、やや寒いくらい。チングルマも見頃のもの、花穂になったもの、ヒメシャクナゲ、イワイチョウなど、高山の花がズラリ。

画像


画像


画像

六時には夕食。宿泊者10人という、こじんまりした静かな雰囲気で食事。キレンゲショウマさんもアルコールに弱いそうですが、350ccのビールを買って乾杯。

二階を二人で陣取ってのんびり。とても静かな夜でした。外に出てみたが、星は見えず、群馬県側の稲妻が忙しく光っていました。
意外に長歩きになった大赤沢新道コースでしたが、巨樹が多く、花も多く結構楽しみました。二日目はもっと花の多いコースになりました。パートUに綴ります。










                

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あれっ、350mlのビール買ってる!
ついに小松原湿原ですね。
去年一緒に苗場山に登った時に何度も小松原湿原と仰ってたのをよく覚えています。
hakkutu
2013/07/14 18:09
hakkutuさん、こんばんは。
ビールはキレンゲショウマさんが買ったのですが、飲んだのは私が殆どでした!吃驚ですよね、自分でも!

昨年ご一緒した時に、小松原分岐を見て歩きたい〜と、しつこく言っていた私でしたね。そのしつこさが実を結んで早くも一年後には実現出来て夢のようです。時間切れで○○○を張るなら、断然湿原ですね。おっと、失言でした(笑)。
フクシア
2013/07/15 16:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
苗場山へ  一日目   ( パート1) 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる