晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山の裾野に遊ぶ パート 3

<<   作成日時 : 2014/07/04 20:32   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 9

(パートUの続きです。)
画像
キツネノエフデ
これがキノコだとは!初めて見ましたが、まさかキノコとは。スッポンタケ科、キツネノロウソク属だそうです。名前もユニークですが、このキノコ自体とてもユニーク。
この仲間に、キツネノロウソク、キツネノタイマツがあるそうですが、こうなったら全部見てみたいものです。

画像
山椒バラ
まだ咲き残っていた山椒バラに出会いました。これは感激。

画像
ツルアジサイ
綺麗なブナの森の中。上手く隣の木に絡んで咲いていたツルアジサイ。

画像
アキノギンリョウソウ

画像
ギンリョウソウ
↑と隣同志で並んで咲いていました。

画像
ハコネラン
あらっ、ハコネラン!

画像
同じくハコネラン
眼を凝らして見るとあらら、又見つけました♪

画像
ヒラタケ
キノコらしいキノコで、何も言わず納得。食べられるそうです。

画像
ヒメムヨウラン
おっと、可愛いキノコをバックにヒメムヨウランがまだ咲いていました。今年はよく出会いました。

画像
イチヨウラン

画像
タカネグンナイフウロ
森から飛び出すと芝生のような草地の中に咲いていました。

画像

如何にも扇子のようなこの自然の造形。それを苔の上に乗せて一段と素晴らしくなりました(*^-^*)

画像
黄色スッポンタケ
今度は又キノコに出会いました。初めて見ましたが、黄色スッポンタケだそうです。
一日で萎れるそうですので、こんな元気な姿に出会えるとは超ラッキーでした。

画像
同じく黄色スッポンタケ
↑の直ぐに傍に生えていましたが、古木の木の下から勢いよく飛び出すように生えていました。

画像
クワガタソウ
純白のクワガタソウでした。思わずシャッターを切りました。

画像
ウスタケ
又々キノコとの出合い。キノコは秋のイメージが多かったのですが、この時季にも色んなキノコがあるのですね。

画像
クモキリソウ

画像
苔とジュウモンジ羊歯
この時季は、苔や羊歯の緑がとても生き生きして綺麗ですが、これらのコラボになると、うっとり。しっとりと落ち着いた気分になれて良いものですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
富士山の裾野、楽しそうですね。スミレが終わるとランなのですね。
ランはいちだんと見つけるのが難しそうです・・・だからよけいに、出会いが嬉しいのかな?さらなる出会いがありますように〜〜♪
そしんろうばい
2014/07/07 15:19
スイスの花もいいけれどしっとりとした控えな日本の花に魅かれるな
ベルンの街角でハキダメギクとブリエンツ駅でアカバナルリハコベ
などはるばる西欧から渡ってきた花に現地に確認できたのがうれしい
日本から、渡った植物で現地で帰化した花は勉強不足で確認できませんでした。
takigoyama
2014/07/07 17:10
そしんろうばいさん、こんばんは。
スミレ→ラン、これはスミレに嵌っている人のパターンの様ですね(笑)。
あまりにも小さすぎて、確かに見つけるのが難しいのも沢山ありますね。
第四弾もありますよ。
フクシア
2014/07/07 21:37
師匠、こんばんは。
お帰りなさいませ。タマランチ快調、かなり楽しまれた事でしょうね。

日本から渡った花の事を真剣に考えた事がなかったですが、どんな花でしょうね。日本国内にははびこって弊害をもたらしている帰化植物が多いですよね。
フクシア
2014/07/07 21:54
フクシアさん こんばんは
あのね (^^) 私も、キツネノエフデを見ました。
クレヨンみたいだったけど、ここで拝見していたのですぐにわかりました。
ウスダケもありました。どちらも初めて見たので、面白かったです。
でも、スッポンダケは、残念、ありませんでした。
ハコネランに久しぶりにお会いしたいです。フクシアさんに教えていただいたんですよね。
はなねこ
2014/07/09 21:06
嬉しくて間違えました。
ウスタケ、スッポンタケでしたね。(^^;
はなねこ
2014/07/09 21:08
はなねこさん、こんばんは。
キツネノエフデですが、確かにクレヨンみたいですよね。どうしてこのようなネーミングになったのでしょうね。キツネの嫁入りの時の化粧用だったのかしら?キツネノロウソクやキツネノタイマツも是非見たいですよね。

ハコネランは久々に会いましたよ。
フクシア
2014/07/09 23:08
節穴ではとてもこれだけ見つけられません。
キツネノエフデ、口紅のようなキノコに見えました。
ロウソクもタイマツもどんなものか
見てみたいですね。
nousagi
2014/07/10 22:17
nousagiさん、こんばんは。
小さなランは確かに見つけにくいですよね。でもクレヨンみたいなキツネノエフデは目立つ色ですので、解り易いですよ。一日で萎れるそうですから、タイミングもありますね。
フクシア
2014/07/12 02:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士山の裾野に遊ぶ パート 3 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる