晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 里山周遊を楽しむ

<<   作成日時 : 2014/12/20 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
12/19 堂所山山頂から三頭山、権現山、小金沢連嶺、大菩薩方面も見えました。
今月早々に地元を歩きましたが、その時に雨乞山、平代山という名の付いた山の存在を知りました。その時は諸般の事情でピークの確認が出来ませんでしたので、今回はそのピークの確認も兼ねつつ、再度出かけました。
地形図にも山の名前の記載がない、超マイナーな歩きですので、説明が出来るかどうか

画像
 取り付き早々に見かけた神社
二等三角点のある堂所山が今回のメインです。同行者はバリエーションルート好きのそしんろうばいさん。バリ派には格好の山ですが、私の未踏のルートを組んで複雑な経路を辿ります(笑)。
今回は土沢集落の際から南西に位置する321のピークを目指して、藪の中に突入しました。早速山の神(?)が現れました。

画像

321のピークの近くに天王宮がありますので、此処の神社と繋がって踏み跡があるのではないかと思っていましたが、然に非ず。結構藪っぽく、歩き難い。

画像

藪漕ぎを終えて天王宮の分岐に到着。この後、天王宮を経由、供養観音を経由しましたが、前回写真をアップしていますので省略。

画像
山の神から西側の景色
山の神は360m程のピークです。日当たりも良く、落ち葉が深く気持ちの良いピークです。

画像

山の神から供養観音方面に少し戻った所にこの、雨乞山の案内があります。前回この道標をみて雨乞山の存在を認識しつつパスしましたので、今回はピークハントに向かいます。

画像
雨乞山に向かう途中の一齣
分岐点から少し下ると、こんな素敵な森の中を歩くのでした。桜の木が多く、これは来春も足を運ばねば・・・。パートナーもお気に入りの道になりました。

画像
大平
日だまりハイクにはもってこいの道。小高い所にこんな案内が。左前方の山は、西志田山。中央の黒い丸い山が、天王宮と321峰を繋いでいる山です。今しがた歩いた所を振り返り、地形図を見ながら【う〜ん、なるほど・・・。】と、バリ派ならではの自己満足感を漂わせながら、図合わせを楽しみました(笑)。右側は半原の名峰、高取山、仏果山、経ヶ岳が連なっています。

画像

半原の名峰をアップ。

画像
雨乞山(310m)
大平から少し登っていよいよ雨乞山。目の前に西志田山、南西方面は西丹沢の山並みがズラリ。なかなか良いピークでした。

画像
雨乞山から望む丹沢
丹沢の最高峰の蛭ヶ岳に雪が積もっています。白馬尾根のお馬さんの姿が薄ら。

画像

雨乞い山から堂所山を目指しますが、北尾根を下る事にしましたが、尻久保川を渡らなければいけないので、渡渉になるのかどうか?
下り立った所にこんな危険な橋が架かっていました。心配に及ばず簡単に対岸に渡れる所があったので、渡渉は簡単にクリア\(^o^)/

画像
堂所山東南尾根を登る
渡渉の次は、堂所山に向かって東南尾根を登る事に決定。暫く沢に沿って進み、尾根に付きましたが、棘のある木が多くて大変。少し楽をさせて貰えるのは極く一部。バリエーションらしい歩きが楽しめました(笑)

画像
堂所山
パートナーが所望した堂所山に到着しました。二等三角点があります。
結構展望が良く、ランチを食べながら山座同定を散々楽しみました。

画像
平代山
ランチタイムをゆっくり取って、406mの平代山に向かいました。ピークから津久井湖と中野の町並みが見下ろせました。

画像
中野山の一齣
平代山から宮前集落に一旦下りて、大堀沢沿いに登って再び堂所山を目指し、318峰を目指しました。こちらも日だまりハイクに良さそうな尾根道が待っていました。

画像

東京方面も見える場所がありました。

画像
318峰付近
いよいよ目的の318峰が目の前に。この山はツツジの群生地と聞いていますので、来春又来ましょう。という事で、今回の里山周遊歩きはそろそろお仕舞。318峰から北尾根を辿って、中野の西端に下り立ちました。

地形読みをしながら里山歩き。とても静かな山歩きが出来てご機嫌の私達でした。コーヒーもパンも美味しいと評判のゼブラに寄る予定で、その時間をちゃんと設けてあったのに、何と定休日でした
次回の楽しみに取っておきましょうね。そしんろうばいさん、有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
雨乞山、ちょっといい感じの名前なので
どこかで見たのが記憶に残っていました。
お得意のバリエーションで里山歩き
理想的な冬の山歩きですね。(^^)
nousagi
2014/12/21 20:06
nousagiさん、こんばんは。
雨乞山は彼方此方にありそうな山ですよね。これからはバリエーションルートの季節ですからね。
何とか歩けそうになったと思ったら冬を迎えましたでもちゃんと巡ってきた冬ですから、楽しみたいと思います。
フクシア
2014/12/22 20:41
今回もありがとうございました!!
いつもですが、師匠の写真を追っていくと、あやふやなキオクがはっきりしてきて、一粒で二度おいしい♪、ような、ハッピーな気分になります(*^。^*)

初めてのエリアで、おもしろい里山歩きでした。冬のお楽しみですね❤いろいろルートが取れそうですね(なんて、エラそうに言ってしまいましたが、一人ではどうなることか)

ゼブラ着地にはどう歩いたらよいのか、地図を見て、策を練っています。
またよろしくお願いいたします〜(^^♪
そしんろうばい
2014/12/22 23:34
そしんろうばいさん、こんばんは。
バリエーションルート歩きは大好きなのに、その説明となるととんと難しく、今回は特にその説明が上手くいきませんでした😢 一粒で二度味わって戴けて嬉しいです。

なかなか良い所でしたね。来春は是非あの桜の下を歩いてみたいと思っています。そうそう、ミツバツツジも見ないとですね

ゼブラを着地点にするには、318峰から北に下りて間もなく西北西に張り出している尾根を下りれば宜しいと思いますが。木金以外にチャレンジしますか?(笑)

フクシア
2014/12/24 01:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
里山周遊を楽しむ 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる