晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 槻川左岸南側の尾根歩き 唯一の山の名は細窪山(臼入山)

<<   作成日時 : 2015/02/27 22:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
2/25  広々とした茅戸
私としては初めての山域を歩いてきました。バリエーションルートなので、歩いた所を説明するのはとても難しいですが、今回は特に難しく、唯一山の名が付いているのは細窪山(臼入山)です。

nousagiさんが、官ノ倉山〜細窪山〜350m圏の茅戸(↑の写真)〜落合 こんなコースを歩いた時に、茅戸からグレーの破線ルートを下りて落合に下り立ちたかったのに、そのルートの東隣の尾根を下り立ってしまったという事で、リベンジしたいと言うのでお伴させて戴きました。

画像
スタートを切った落合
はるばる来たぜ・・・へという、サブちゃんの歌が思わず出そうな小川町の落合にやってきました。nousagiさんのリベンジの話を聞いて、どのエリアマップを使うのか尋ねると奥武蔵・秩父でした。しかし、彼女がリベンジしたいコースは地図の記載がなく、結局駅で落ち合って彼女から地形図を貰って初めてコース設定を知りました。事前情報無し、ぶっつけ本番で臨むバリエーションルートにワクワク。

画像

落合のバス停から少し戻って槻川左岸に沿って歩き出して間もなく、この鉄塔の案内を目印に北に向かいましたが、問題の茅戸に向かう方向が違うので結局又槻川左岸沿いの通りに戻って仕切り直し。
地図に記載の破線ルートが見つからず断念。地図通りに歩くには、個人のお宅の庭を抜けなければいけない。

画像
槻川で泳ぐカルガモ
静かな山里にお似合いのカルガモ。

画像

破線ルートは沢に沿っているので、その沢に移動をして茅戸を目指して登りました。目的の茅戸が近い所に来て、落ち葉に隠れていた立ち入り禁止の看板。

画像
350m圏の茅戸
広々とした茅戸。これだけ広いと何処を歩いて良いのか見当が付かず、先ずは歩き易い所を選んで、東に向かう尾根に付いて稜線を目指す。

稜線に乗って、nousagiさんが前回迷った個所で長々と検証。現地で原因は解明出来なかったが、帰宅後地形図とにらめっこをして解決。

画像
細窪山(臼入山)
茅戸の難しい所から官ノ倉山はnousagiさんが前回すんなり歩いたルートですので、道案内をしてくれます。三等三角点のある細窪山(臼入山)でランチタイムを取りました。

画像
細窪山の分岐を示す道標
奥沢へのルートは、昭文社の地図には赤破線のルートが記載されており、官ノ倉山へは赤線ルート。この時点では予定通り官ノ倉山へ行く心算でしたので、ガイドのnousagiさんもいるので、地図は必要ないものと思っていました(笑)

画像
リボンが誘い込む分岐
細窪山を出て間もなく、リボンが派手についてひらひらと揺れていました。そのひらひらは、こっちにおいでと招いている感じでした。nousagiさんが、そそられる〜と。
一体これだけ派手にお印をして何処に通じるの?と、地形図を広げると、官ノ倉山へのルートの南側に位置する長い尾根。バリエーション派にはやはり気持ちが動く。結局、リボンに誘われました。

画像

間もなく、こんな珍しい手書きの案内がありました。城跡に出られるなんて楽しみ。バリルートを歩ける楽しみと、又城跡を見られる楽しみが増えました♪

画像
官ノ倉山西の天の峰
あれだけ派手についていたテープは最初だけで、やはり地形図片手にコンパスを持って・・・。殆ど植林帯の中を歩くので景色は無いので、340峰からのこの景色は嬉しいプレゼント。

画像
239峰 城山権現
楽しみにしていた城跡は239峰でした。城山権現と彫られた石が置かれていました。安戸(やすど)城跡と案内がありました。

この後直にバス通りの下り立ちました。初めてのエリアでとても楽しいバリエーションルート歩きを楽しみました。nousagiさん、又お声をかけて下さい<m(__)m>







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しい歩きでした。
細窪山がなければ、ほんとにどこどこと
説明するには難しいコースでしたが
実際の地形と地図が一致しているのをよ〜く感じる
なんとも、嬉しい、満足な歩きでした。
ありがとうございました。(^^)
またよろしくお願いします。
nousagi
2015/03/02 06:43
nousagiさん、お早うございます。
先日はお蔭様で、新しいエリアを歩く事が出来ました。

持参した地図が不要の長物で、周りの山が何という山なのか全く解りませんでした😢
あの広い広い茅戸の地形を理解するのが結構難儀でしたね。距離感を磨かないと💦
又アナログ歩きをしましょう♪
フクシア
2015/03/02 08:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
槻川左岸南側の尾根歩き 唯一の山の名は細窪山(臼入山) 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる