晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 大峠北尾根→七覚山北尾根 芦川右岸尾根はまりにはまって

<<   作成日時 : 2015/03/11 21:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
3/10 山の神千本桜パノラマ
この所、芦川沿いの尾根歩きに嵌っていますが、今回は、芦川右岸尾根の大峠とその東に位置する932.0(たいら山)の三角点を求めて、コースを考えました。
シルクの里公園→仲川左岸から取り付いて378.0三角点(四等)→584峰→795峰(山の神社)→大峠→932.0三角点(三等)→関原峠→七覚山→七覚山北尾根(境界尾根)764峰→415峰→七覚 このように歩きました。

750m付近で、とても景色の良い山の神千本桜パノラマと書かれた案内があり、こんな景色の良いサプライズに感激!リサーチ無しで行くと、感激が倍増です♪

画像
大峠北尾根取り付き
シルクの里公園をスタートして仲川を渡り、お寺の近くから取り付き、こんな良い感じの尾根にほっとさせられた。

画像画像















378.0の三角点とその所からの景色
前回、前々回と竹藪に泣かされましたが、今回はすんなりでホツ。四等三角点はすんなり見つかり、梅が満開、その向こうに山並みが見えて、雲っていますが、素晴らしい景色でした。

画像

三角点からそのまますんなり進めず、又笹薮と格闘の末、自然林に到達してホツ。赤松の多い尾根に変わりました。

画像
ダンコウバイ
450峰で見かけたダンコウバイですが、この先でも尾根の左右両側に一杯咲いていました。黄色の花と言えば、マンサクも期待していましたが、その花には遇えず😢

画像
584峰
ダンコウバイが陽に照らされて駆け出しの春をたっぷり魅せてくれます。奥の稜線は芦川右岸尾根で、帰りに下りる稜線が見えています。

画像
600m圏の危ない個所
登りに取った尾根で、唯一気になっていた、岩マークのある危険個所。予想通り要注意。左側は深く崩れており、右側は深い谷ですので、登りに取って良かった、ホツ。

画像
660m圏で参道と合流
危ない所を通過して、急登をあえいで660m圏になると、立派な広い道と、丁目石が。上に神社のマークがあるので参道だと理解。参道が尾根に沿っているので、この道を歩いて楽々。13丁目ですがラストは何丁目か?一丁ってどれだけの長さか解らず、歩数を数えると、私は140歩。もしや100m位かしらと、同行のそしんろうばいさんと想像。

画像
山の神千本桜パノラマ
目の前に屋根が見えたのでいよいよ神社かと思ったが、こんな展望台のある休憩用の建物でした。櫛形山が雲の中ですが、イメージで楽しむ。トップの写真も同じ所で撮ったものです。

画像

こんなに大きな桜の木が!花の時季にも来てみたいもの。

画像
籠り堂
20丁目の所に籠り堂がありました。新し目なので再建されたのでしょうね。

画像
山之神社
籠り堂の先にこんな立派な神社が!神社と言っても祠をイメージしていた所に丁目石を見て、それなりのイメージをしていたが、新しく現役バリバリ風でした。【四級社に認定する】と書かれた認定書が貼ってあったが、神様にも等級があるのですね、初めて知りました。

画像
たいら山の案内
神社の傍の木にこんな小さな道標が架けられていました。本日初の道標です。【たいら山って、932.0の三角点の事かしら?】と、そしんろうばいさんのひらめき。その確率は高いでしょうと納得。地形図から読み取るそれは、だだっ広いので。果たして?

画像
神社と大峠の間からの景色
神社の近くには出来立てほやほやの様な林道が通っていました。

画像
932.0峰を望む
道路から目を転ずればなだらかな山が見えますが、此処が932.0三角点の山です。大峠まではかなり前に桜峠の方から歩いた事があり、932.0峰は初なので楽しみ。

画像画像


























      932.0の三角点(たいら山)
林道を横切って大峠を目指し、932.0のピークをめざすと、三角点の上にたいら山の表示板がありました。パートナーの予想通り、たいら山は三角点のあるピークでした。何処がピークか解り難い。大峠のピークも平らで解り難い。此処でランチタイムを取りましたが、天気は良いのに風が強く寒い。急いでランチ。

画像画像


























                    関原峠の案内登場
たいら山を後にして七覚山を目指しますが、関原峠の案内が出てきました。力強い味方が現れました(*^^)v
踏み跡が綺麗に付いている所もありますが、殆ど無い所もありますので、道標があると心強い。

画像
関原峠
ビュンビュン吹く風を受けながら関原峠に着きました。今では歩く人があまりいないのか荒れていました。

画像
七覚山
次に目指すは七覚山。このピークには今回で三度目になりますが、相変わらず静寂さが漂う山です。

画像
七覚山北尾根の一齣
七覚山北尾根につきましたがm、風花が舞って、頭上は黒い雲に覆われましたが、自然林に癒されながらの歩きが続きました。強い味方の道標は一個もありません。

画像
農林省の境界杭
何か立派な境界と思ったら、農林省の名が刻まれていました。

画像
シュンラン
最後のマークの415峰近し。落ち葉の中から顔を出して咲いているではありませんか!我が家のシュンランはまだ咲いていないのに。嬉しいお知らせですね。
この後415峰を確認し、最後は又もや竹藪との格闘の末、車道に下り立ちました。

気になっていた芦川右岸尾根を歩き、もう少しで三つ峠迄繋がるので、又折りをみて歩く予定。

使用地形図:市川大門




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
今回もお世話になり、ありがとうございましたm(__)m 3連発ですが、またまた楽しかったですね〜♪
ダンコウバイがたくさんでびっくり! お初のシュンランも嬉しい♡
山の上の神社も現役で、地元では桜の名所なのでしょうね。あの展望は素晴らしいですものね。芦川の北側は甲府盆地を見下ろすことになるわけで、いつもいい景色ですね❤
もう少しでつながりますね。おもしろいですね!次はどっちへ伸ばしますか(*^。^*)
そしんろうばい
2015/03/12 13:37
ヤブヤブのバリバリですか。
いつまで続くんでしょう。(^^;)
シュンランが顔を見せてきましたから
他のいろんなお花が咲き始めるまででしょうか。
最近、車窓から何気なく見える尾根を眺めて
どんなところからどうやって取付くんだろう・・・なんて
ついつい考えてしまうのは
異国人病に感染しているのでしょうか。(^^;)
nousagi
2015/03/12 15:31
そしんろうばいさん、こんばんは。
芦川を挟んだ尾根歩き三連発ですね。何処も良かったですね。
今年初のシュンランにも出会えて良かったですよねどんな花が咲くのかかなり関心がありますので、今後も歩いてみたいですね。
桃の花を見下ろすのも良いですね。
フクシア
2015/03/12 21:06
nousagiさん、こんばんは。
ヤブヤブは取り付きと最後、要するにお里がヤブでした。鹿柵が無く静かな自然林が多く、良いバリ歩きでしたよ。ご一緒できなくて残念でしたね。
花を探しながらでもバリ歩きはできますので、何時でもOK。これは重症ですね。

nousagiさんは感染して、進行中だと診断されると思いますよ、間違いなく(笑)。

フクシア
2015/03/12 21:15
芦川自体が有名でないのにそこに嵌ってしまうとは何ともマニアックです。
二人の病気が進行していると思われます(笑)。
この桜、咲いている時に見てみたいですね。
hakkutu
2015/03/14 09:42
hakkutuさん、こんばんは。
有名所ではないので、バリエーションが面白いのです。ポピュラーなバリエーションは、クリープの入れないコーヒーみたいなもので・・・。(このフレーズ超古いですね。)
病気進行中ですか、まあ納得しますが、感染力が弱いですねぇ。hakkutuさんには抗体が出来ているのかしら?(笑)
フクシア
2015/03/14 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
大峠北尾根→七覚山北尾根 芦川右岸尾根はまりにはまって 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる