晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 緑薫る奥多摩路へ久々に

<<   作成日時 : 2015/05/28 07:26   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
5/23 鷹ノ巣山山頂付近から
昨年の12月にバリエーションルートで日陰名栗峰に登りましたが、今回はその東に鎮座する奥多摩の名峰鷹ノ巣山を目指しました。パートナーのそしんろうばいさんのご希望に依り、入奥沢中腹道を登り、赤線ルートの浅間尾根を下りる事になりました。
入奥沢中腹道とはどのコースなのか、車で移動中に聞いた事なのでどんな所なのか?そんな感じでスタートを切りましたが、無事にクリアして、緑薫る奥多摩路を楽しみました。

画像
入奥沢中腹道の取り付き
一体入奥沢中腹道って何処?先ず地図からその確認をすると、入奥沢右岸の浅間尾根にほぼ平行している道でした。
奥の集落にやっと駐車し、民家の庭先を通り抜ける事に!とても気が引けますが、何せ情報無しで登るので、地形図に忠実に沿うとそういう事になり、失礼しますと声をかけて、鹿よけの柵に付けてあるドアを開けて急斜面を這い上がると、この階段がありました。
あぁ、良かったとホッとしながら階段を登ると、奥の集落から繋がっている林道が横切っていました。そういう事ならば、他所のお宅の庭先を通らずに済んだのですが💦

画像
入奥沢中腹道の一齣
林道を横切って、件の尾根につきますが、最初はやや不明瞭。その後こんなに綺麗な道が作られていますが、要注意。大方踏み跡が薄くなり、獣道並になるので、気が抜けない。

画像
ヒメレンゲ
幾つもの尾根を越えては沢を渡りますが、水っぽい所にマンネングサが咲いていました。

画像

この様に、石垣が作られて嘗ては頻繁に使われていたのでしょう。こんな所はとても歩き易く余裕で写真を撮りました。緑が美しくとても良い気分。

画像
入奥沢渡る前の一齣
地形図と睨めっこしながら、危ない個所もきっちりクリアして、入奥沢に近付きました。

画像
入奥沢
ワサビ田だったと思われます。1200m圏でこの写真を撮りましたが、もっと上にも棚田の様に作られた跡がありました。
此処で左岸に渡りますが、橋が無いので渡渉しました。と言っても、流れの少ない所を選んで、ピョンと一っ跳び。しかし踏み跡が見つからずこの後悪戦苦闘。1300m付近で踏み跡に辿り着きホッ。もっと上(1250m付近)に破線ルートの記載があった。地形図の50mの区切りを一つ読み違えていました!初歩的ミスにがっくり😢

画像
水根山直下
無事に主稜に辿り着き、水根山直下でランチタイム。何処を見廻しても緑が生き生きして輝いています。

画像
タチツボスミレ
色の濃いタチツボスミレが足元に咲いていました。

画像
ヒメハギ
石尾根につくと、俄然ハイカーとすれ違う事が多くなりました。今しがた歩いたバリルートとは雲泥の差が!当然と言えば当然ですが(笑)
ヒメハギが結構咲いていました。

画像
サクラスミレ
結構薄色のサクラスミレ。

画像
スミレ
スミレと言えば、近くの道路でも見かけますが、こちらはちょっと雰囲気が違う気品を感じるタイプでした。

画像
エゾノタチツボスミレ
蕨が顔を出しているので摘もうとしたら、隣に咲いていました。

パートナーの提案に寄り、今は廃道の道を歩く事が出来ました。思えばこのルートは、10年も前に鷹ノ巣山に登った際に下山ルートとして予定をしていたが、通行止めと書かれていた為に断念をしたコースでした。10年前の思いが結果的に今回実を結びました。そしんろうばいさん、ご提案有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
10年前にも想定されたルートだったのですね。ご一緒できて光栄でした!お導きいただき、ありがとうございましたm(__)m 
破線ルートはいろいろですね・・・地形図と異なり、と予習しましたが、どこが異なってどこは合ってたのか、??高度計も合わせたけれど、ずれてきますものね。
尾根と違って、腹を行くのは難度が高い気がします。
今回もいい経験になりました!!m(__)m〜〜
そしんろうばい
2015/05/28 14:15
そしんろうばいさん、こんばんは。
10年前の時は、榧ノ木山南西尾根を登ったのですが、誰一人地図を広げないので、私一人の力にかかっているので、通行止めを押してまでも歩くのは危険と見て諦めたのでした。

あの破線ルートを見ただけで難度が高いと思いましたよ。良い経験をしてどんどんスキルアップ出来そうですね、フレーフレー!
フクシア
2015/05/28 21:08
満足感のあるバリエーションと思います。
いいな〜(^^)
民家の庭先を、小さくなって(笑)
失礼しま〜すと入って行くお2人の姿が目に浮かびますよ。
えっ? 初歩的ミス?
フッフッフ
猿も木から・・・(^m^)
nousagi
2015/05/29 12:00
nousagiさん、お早うございます。
民家の庭先を通る私の姿って・・・。大きい体を小さくして、大変なんですよ。

50m刻みの太線を一つ読み違える事はよくある私なのですよ。でも大方その初歩的ミスに直ぐに気が付きますが、今回は気が付かず・・・。一から出直しです💦

木から落ちたら又木登りの学習をしないとね。
フクシア
2015/05/30 07:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
緑薫る奥多摩路へ久々に 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる