晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 平石尾根を登り花折戸尾根を下り奥多摩の初秋を満喫

<<   作成日時 : 2015/12/27 10:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
12/20 本仁田山山頂からの富士山
未踏となっていた平石尾根を登って来ました。地図読みにはまっているnousagiさんに、歩いてみたい尾根をピックアップして貰うと、その中に私の未踏の平石尾根が入っていたので、優先させて貰いました。

大沢→平石尾根→平石山→本仁田山→花折戸尾根→鷹ノ巣駅 この様に歩きました。
本仁田山には13年前に登りましたが、その時は天候が悪かったのか本仁田山頂上の展望は殆ど無かった記憶だったので、富士山が見られて感激♪

画像
大沢からスタート
平石尾根の突端からの取り付きは不可能なので、東側に廻り込んで支尾根から取り付きます。その支尾根に向かいますが、何とこんなに綺麗な階段を登って行くのでした。この階段の奥に民家がありますのでその家の方々の序の口でした。

画像

立派な階段が民家を目の前にして終わり、この道標が現れました。nousagiさんはこれを見て喜び、私は逆にガッカリ

画像
突然現れた人工物
平石尾根に向かって登り詰めるとこんな人工物が現れました。奥多摩工業曳鉄線と地図に書いてありますが、置き去りにされた様子が痛々しい。

画像画像


























交互通行が出来るように左右に軌道が敷かれています。何時頃まで仕事をしていたのでしょう?
此処から更に主尾根に向かって登り詰めますが、せっかく踏み込んだ一歩がずるりと滑り落ちたり悪戦苦闘の末辿り着いた平石尾根は広い尾根でした。しかし大沢を見下ろすと恐ろしげな岩の塊が突き出ていました。

画像
ゆったり空間の平石尾根
主尾根にのって間もなく鉄塔の建つ場所に着き、その後植林帯の中を抜けると、ゆったりと広々した尾根且つゆったり空間の尾根がずっと続きました。どんな尾根道なのか、事前情報ゼロを好む私は何のリサーチもせずに臨んだこの尾根歩きだったので、【気持ちの良い尾根ねぇ。】と、何度も何度も言っていました。

画像
平石尾根の一齣
ゆったり空間とゆったり気分を満喫しながら、平石山を視界に。この後急登の連続が待っているのでした。癒されモード全開でした。

画像
山ノ神
800mを過ぎて後祠が現れました。その時には全く気が付きませんでしたが、正面に松の模様が掘られています。空気が冷たく、やはり初冬ですね。

画像
平石山近し
東に向きを変えて束の間、再び急登が待っています。
その後平石山に到着しましたが、山名板が見当たらず、本仁田山へ向かいました。

画像
本仁田山山頂
13年前と変わらぬ頂上と認識。

画像
高水三山、日の出山を
何も見えないと思っていた山頂から富士山を見て喜び、東側に高水三山や日の出山が並んで見える景色も初めて認識。そしてハイカーが多かった事に意外性を感じながらランチ。結構地味な山なのでハイカーがいないかと思っていたのですが、数パーティを見かけました。

画像
花折戸尾根・安寺沢分岐点
あまりの寒さに怖気づいて早々にランチタイムを切り上げ帰路に付きました。花折戸尾根と安寺沢の分岐点で一パーティがのんびり休憩していました。私達がランチタイムを取った山頂とこの分岐点辺りの温度差に吃驚。こちらはほっこりする暖かさ。こんな良い場所があるなんて知りませんでした。このパーティは頂上に着いてから風の如くいなくなったのですが、特等席をご存知だったのですね。知ると知らないの差は大きい!

画像
花折戸尾根分岐からの富士山
その分岐点は暖かいばかりではなく、富士山も真正面に見えるポイントでした。

画像
チクマ山
分岐から恐ろしい程に急降下しました。石の上に落ち葉が積もっているという、二重の危険をはらみしかも急ですので、三重苦(笑)。勉強中のnousagiさん、慎重に歩きもコンパスも使いこなして無事にチクマ山をパチリ。

画像
ゴンザス尾根分岐
ゴンザス尾根分岐を迎え、終盤戦に向かって行きました。

画像
南側に大岳山を
南側(進行方向右手)に大岳山を見ながら歩きます。大岳山と言えば独特の形をしているので、何処から見ても認識し易いですが、今回は見る角度が違うのでちょっと違った形をしています。
この後踏み跡が薄くなっている所や、背丈を超える茅戸の中をあるくので、踏み跡が複雑に交差している為初心者には迷いそうな個所を通過し、無事に鳩ノ巣駅に到着しました。
最後の最後に渡る橋が壊れている為お隣の庭先を通過させて戴きましたが、この橋が使えないのはかなりの痛手。13年前は普通に通れたのですが。

初めて歩いた平石尾根はとても印象深いルートになりました。殆ど広葉樹でしたから春にも秋にも行ってみたいバリエーションルートになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
平石尾根、一度行ってみたいと思っていました。取り付きが難しそうですね。
本仁田山は行ったけれど記憶にないのですが、展望がいいのですね♪

年末年始、暖かそうですね!
今年もいろいろお世話になりましたm(__)m
来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年を〜( ^^)
そしんろうばい
2015/12/28 08:12
そしんろうばいさん、こんばんは。
平石尾根の取り付きはとてもシンプルですよ。

本仁田山の印象は、私もそしんろうばいさんと全く同じ印象を持っていましたが、展望が良い所もあると認識が変わりました。平石尾根はなかなか魅力満載ですので是非お出かけ下さい。バリエーションと言っても元赤線ルートみたいですから簡単ですよ。

来年もバリバリ登りましょう。どうぞ良い年をお迎えください。そしてよろしくお願い致します。
フクシア
2015/12/29 22:02
お世話になりました。
最初はガッカリされていましたが
途中から、気持ちは復活されたでしょうか。(笑)
自然林のいい尾根でしたね。
今頃大掃除でしょうか?(^^)
来年もまたお付き合いくださいませ。
よろしくお願いいたします。
nousagi
2015/12/30 16:17
nousagiさん、こんばんは。
そうなんですね、最初目にした道標にガッカリしましたが、日差したっぷりの自然林にすっかりご機嫌でした

今日は掃除に徹していましたよ。普段のツケが大きい😢 
来年も元気に登りましょうね。よろしくお願い致します<m(__)m>
フクシア
2015/12/30 18:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
平石尾根を登り花折戸尾根を下り奥多摩の初秋を満喫 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる