晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢山塊のバリエーションルート 大室山へ

<<   作成日時 : 2016/01/18 10:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

画像

01/16 前大室山からの富士山
久々に大室山に登る事になりバリエーションルートを歩く事になりました。地図読み勉強中のお二人の参加が決まり三人隊となりました。大山北尾根を歩いて以来のパーティになりました。

馬場→道志水源の森→657.7三角点→指入沢右岸尾根→ヤケハギ尾根出合(1250m)→前権現→前大室→1543峰→前大室→前権現→田代沢右岸尾根→馬場西口バス停 この様に歩いてきました。

画像
道志川右岸
馬場にある水源の森駐車場に車を置き、直ぐ傍の橋を渡って道志川右岸に渡りました。とても綺麗な川です。所が、そんな光景にうっとりしている場合ではない事に気が付きました!
ヤケハギ尾根を登る予定なので、大栗キャンプ場に向かわなければいけません。その為には駐車場から200m程国道を相模原方面に向かって後道志川を右岸に渡らなければいけないのに、ストレートに南に向かって道志川右岸に渡ってしまったという訳でした。

さてどうしましょう?本来の予定にするならば国道に戻って椿まで林道歩きをすればOK。或はこのまま登るか?選択肢は二つ。ヤケハギ尾根はグレーの破線ルートなので踏み跡が付いて面白みに欠ける・・・と、私個人の好みがこのまま行っちゃえと囁きました。お二人は異議無し。という事で、指入沢右岸尾根を登って、1250m圏でヤケハギ尾根と出合う。仕切り直し、道志水源の森の建物の間を通る林道を歩き、更に東西に走る林道を目指しました。

画像
667.7三角点
道志水源の森の建物と建物の間の道を歩き、650m圏で東西に走る林道と出合うので、此処から指入沢右岸尾根歩きが始まりました。林道出合いに三角点の記載があるので先ずは三角点探しから始まりました。
三角点が見つかりましたので指入沢右岸に間違いなく乗りました。

画像
指入沢右岸尾根の一齣
スズタケの藪漕ぎを覚悟していましたが、こんなに立派な尾根に糠喜び。しかし850m辺りから胸突き八丁の急登の連続が待ち受けています。

画像

所々にスズタケが現れますが、こんな状態なので快適な歩き。

画像
道志山塊を北側に見る
道志山塊が綺麗な山並を見せています。

画像
ヤケハギ尾根との出合い
左手に当初登る予定だったヤケハギ尾根が左手に見え、握手出来る様な近くに見えているのになかなか出合いが現れず急登、急登の歩きにヒイヒイ悲鳴を上げそうでした。落ち葉が滑るので、急登をクリアするのに苦心😢 やっとこさ尾根に合わさりホツ。

画像
ヤケハギ尾根の一齣
ヤケハギ尾根に乗ると急登から解放されました。南アルプスの写真も撮れる余裕が出てきました。

画像

何時降ったのか雪がパウダーシュガーの様です。

画像
前権現
思ったよりも早く前権現に着きました。置き去りにされた祠が無かったら前権現の認識をスルーしてしまいそう。帰りは此処から西北西に派生している尾根に取り付きますので、その尾根を確認しました。帰りは安泰ですぞ😊

画像

富士山もくっきりと見えていました。広い歩きやすい尾根は森も美しく快適。先刻の胸突き八丁があっただけに一層の喜びに浸かりました。

画像
前大室付近
段々ブナが多くなりうっとり。

画像
前大室が目の前
ブナの森が広がり開放的空間と青空と諸々が一体となって癒されます。

画像


画像
前大室
前大室に着くとハイカーが多くなり、やはりバリエーションルートとは雰囲気がガラリ変わりました。

画像
大室山に向かいつつ
東海自然歩道は富士山の眺めも良くブナも多くとても気持ちが良い。

画像

富士山が背中になりました。あれれ、雲が湧き出ていますね。噴煙のようです。

画像

元気なSさん、コンスタントに歩いています。

画像
熊よけ
久々に歩くコースですが、熊よけがぶら下がっていました。今の時期なら熊起こし・・・などと、冗談をいいながら余裕綽綽。

画像

以前にも増して木の階段が増えた感じがしました。お二人は依然としてコンスタントに歩いていますが、私の右足が不調😢 薬指が突き指状態で治りかけていたのですが、なんとこの山登りの前日電車の中で男性の方に右足を踏まれ激痛が走り、その痛みがひどくなってきました。お二人の了解を得て大室山山頂リタイヤ決定。1543峰でランチタイムを取り引き返す事に決定。

画像
田代沢右岸尾根の一齣
前権現までは来た道を引き返し、北西に分岐する尾根にきっちり乗りました。1230m付近まで急降下するので気合を入れていましたが、ジグザグに踏み跡がしっかり付いていたので、すんなりと歩けました。雑木林が多い尾根でした。

画像

置き去りにされた道標がありました。

画像

石がゴロゴロしてとても歩き辛く、何度か沢を渡り返しながら高度を下げて行きます。

画像

この道標のところで尾根歩き完了です。此処からは国道を目指して駐車場に向かいました。

Sさん、Tさん、ドジな歩き出しによりコース変更となりましたが、最後までお付き合い下さいまして有難うございました。バリエーションルートらしい歩きを楽しめました。又ご一緒しましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず、良い山歩きをしておられますね。
先日倉岳山から秋山の二十六夜山を歩いていてフクシアさん達と同じ時期に歩いた道坂峠〜厳道峠のロングコースを思い出していました。
私はあのころまでは冬場は遊び半分のショートコースで下って温泉・ビールという山行をしていたのでとても驚きました。
でもお蔭様で冬場もロングコースを歩けるように立派に成長しました(笑)。

足は心配ですね。私も実は正月明けから左足の指を少し痛めていて今回は登りで結構痛みました。
お互い怪我と事故には今年も注意しましょう。
今年もどこかご一緒させて下さい。
hakkutu
2016/01/18 14:28
このあたり、まっとうな道すら歩いていないので
ちんぷんかんぷん。
地図を見ながら拝見しましたが
馬場から657.7は確認できましたが
あとは、よくわからずです。
長いコースですよね。
足の具合どうですか?
歩きすぎでは?(^^;)
nousagi
2016/01/18 15:53
hakkutuさん、こんにちは。
道坂峠〜厳道峠のコース懐かしいですね。あの時は寒かったですよね。今冬やっとあの時の様な寒さがやってきましたね。
冬の間の山歩きの楽しみ方ですが、確かにかなり変化しましたよね。ビールは変わっていませんね(笑)

hakkutuさんも足の指に故障ありですか。たかが足の指一本でも歩くのは不便ですよね。山登りでは足の指が如何に活躍しているのかを実感しました。仰いますように怪我も事故も病気も気を付けます。今年是非ご一緒にお願い致します。
フクシア
2016/01/18 16:04
nousagiさん、こんにちは。
三角点のある尾根が南東に向かっていますよね、その尾根を登ったのです。バリ派には良いコースでした。

足の件ですが、十日程前に食卓の脚に右足の薬指をぶつけてしまい湿布をしていましたが、腫れも引いて痛みも感じなくなったので湿布を外して普通に生活をしていましたが、先日(15日)電車から降りようとしたときに右足を踏まれてしまい、椅子にぶつけた指が猛烈に痛み出したという訳でした。まだ完全に治っていなかったのですね。

昨日はジムに行って一時間位泳いで足を冷やしました。今日は腫れが大分引きましたが痛みがまだ残っていますので、早く治ることを願っている次第です。
フクシア
2016/01/18 16:20
この時期の大室山、渋そうで、おとな好み、な感じがします。考えてみれば、最近はキクザキイチゲを求めて、春に神ノ川からしか登っていません。ミーハーです。
大きなお山でたくさん尾根がありそうですね。トライしてみたい、と思いました。

おみ指、どうぞお大事になさってください・・・hakkutuさんも(あの長い尾根、寒かったですね〜〜なつかしいです(^_^)〜〜)
そしんろうばい
2016/01/19 14:33
そしんろうばいさん、こんばんは。
大室山も沢山尾根があって面白いですね。仰いますように渋くて良いですよ。山が大きいですので、一つ一つの尾根が結構長いですよね。

神ノ川から登るコースも良い尾根ですよね。懐かしいです。
フクシア
2016/01/19 22:37
あらららら・・・みなさんなんだか故障アリですか?
そう。たかが指、でも歩きにはとても重要なんですよね。
道志山塊のあのルート、懐かしいです〜!大山北尾根も!
天王寺尾根や長尾尾根は人にほとんど会いませんが、やはりバリとは違うんですよね。久しぶりにフクシアさんルート歩きたいなぁ〜♪なんて思いながら拝見しました。
足(指)お大事にされてくださいね。
お散歩
2016/01/21 16:13
お散歩さん、こんばんは。
たかが指、これがそれだけで終わらないから大変なんですよね。

お散歩さん、一人で塩見凄いですね!最近コメントが入れられず拝見するのみになっています😢

私の選定する尾根バリはお散歩さんの歩きに比べると本当にお散歩みたいですけど、是非ご一緒したいですね。
明日ちょっとバリする予定ですが、指があまり影響しない事を願っている私です。
フクシア
2016/01/21 21:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢山塊のバリエーションルート 大室山へ 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる