晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 黍殻山北西尾根 リタイヤ でも満足

<<   作成日時 : 2016/01/29 13:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
1/27 黍殻山北西尾根上から見上げる黍殻山
まだ雪が残っているにも関わらず今回黍殻山北西尾根を登る事になりましたが、1000m付近でリタイヤを決めて、惜しくもピークを踏めませんでしたが、歩き事態はバリエーションルートらしく十分楽しみました。引き返しながら眺めた黍殻山です。

画像
黍殻山北西尾根取り付き口
橋津原奥の唐沢右岸から取り付きをしますが、その右岸はこれだけの雪!

画像
唐沢右岸
尾根の東側から取り付くか西側から取り付くか、悩みましたが人家の無い西側を選びました。此処から尾根を目指して這い上がりました。

画像
500m圏
ご覧の様に笹や低木がが雪の重みで垂れて進路を阻んでいます。この後倒木がゴロゴロ、条件はもっともっと悪くなっていきました。如何にもバリエーションルートらしい光景でした。

画像
718m峰
ピークに名前が付いているかなぁ〜と、期待をしていましたが何も無し。思えばよく見かける赤や黄色のテープなどが一つも見かけなかったので、ちょっとしたピークに名前が書いてある訳がないと納得。如何にもバリエーションルートらしく満足。

画像
尾根の一齣
718m峰の先はこんな状態。とても歩き難いので藪がなくなるまで尾根のトップを巻いての歩きをしました。なかなか楽な歩きにしてくれない尾根です。

画像
大室山を垣間見る
大室山が右後方に見えていました。この奥に富士山が隠れています。富士隠しの代名詞を持つ山ですからね。

画像
934m峰
このピークにもお名前無し。718m峰から1時間40分もかかってしまいました。なかなか先に進めてくれません。40〜50a位の積雪ですが、一歩一歩ズボズボッと入ってしまい、おまけに滑り落ちて後退してしまう。急登の連続にヒィヒィ😢 
バリエーションらしい歩きにニンマリ。しかし、高度が稼げな〜い😢

画像
950m付近
934m峰を通過後唯一歩き易かった一齣です。それはあまり急ではないので。足元は相変わらずズボズボッ!
この後1000m付近まで漕ぎ付け、黍殻山山頂まで300m近くになったのですが、更なる急登が待ち受けていますので、無理は禁物。パートナーと話し合った結果リタイヤを決めました。

時間が丁度12時なので雪の中にどっかり座ってランチタイムにしました。鳥の囀りを聞きながら青空を眺め、大室山の隣に顔を出した富士山を眺めながらのんびりランチを食べました。
実は車を止める場所がなかなか見つからず、国道沿いの人家に頼んで駐車させて貰い、三時頃には戻ると話しておいたので、その時間に到底戻るのは無理なので、そんな事もあってリタイヤに至りましたが、パートナーも私もバリらしい歩きが出来たので十分満足していました。ランチも美味しく戴きました♪

画像

今しがた来たばかりの道を戻るので、自分たちが付けた足跡を追いながら下り、登る時に気が付かなかった景色を見っけ。奥多摩の方まで見えていました。

画像

かなり急登の雪道を頑張ってくれました。

画像

急登だった尾根を今度は下りますので、その雰囲気を撮りたかったのですが、全く伝わらない写真になってしまいました。
バリ歩きが益々面白くなっている私です。次回は何処の山になるでしょう?

この後無事に約束をした時間内に車の回収が出来ました。見ず知らずの私達に気持ち良く車を止めさせて下さった方に心から感謝申し上げます。雪かきをした雪が道の端に山積みになっているので駐車をするのが憚れ、藁にもすがる思いで頼んだのでした。有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなにスノーハイク、好きでした?(笑)
キツイ歩きが続いたんですね。
こういう道は無雪期の倍疲れますよね。
大室山って、富士隠しと言うんですか?
知りませんでした。
nousagi
2016/01/30 21:32
nousagiさん、こんばんは。
スノーハイク好きですけど雪の状態にも依りますよね。今回は高畑山より歩き辛かったです😢 ズルズルしてかなり疲れましたが楽しかったですよ。雪に覆われた尾根の分岐の見分けも無雪期と感じが違いますよね。

我が家の近くからの富士山は大室山に隠されて天辺の左角しか見えないのですよ。富士隠しの名前はぴったりです。
フクシア
2016/01/30 21:52
こんにちは!
まさにバリですね!!こういうのをバリエーションルートというのですね。
赤線が引いてないだけで、フミアトやテープ類がたくさんあるルートをるんるん歩いて満足しているようではダメですね・・・
寒い時期はバリの季節♪ 機会を作って精進したいと思います ( ^^)
そしんろうばい
2016/02/03 16:51
そしんろうばいさん、こんばんは。
仰いますようにテープの印が無いとバリをやっている気分にはなりますね。登るのは簡単ですが、問題は下りですよね。移動した距離感もしっかり把握しないといけないし、緊張感がありますが、その緊張感が良いですよね。

葉が無い季節がバリには廻りが見えるので良いですよね。もう節分ですよねぇ、春が近づいていますから今の内に思う存分バリして下さい。
フクシア
2016/02/03 21:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
黍殻山北西尾根 リタイヤ でも満足 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる