晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶴ヶ鳥屋山へ 春の淡雪はドカ雪!でも小さな春を満喫

<<   作成日時 : 2016/03/18 11:00   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
3/16 鶴ヶ鳥屋山
初狩駅をスタートして鶴ヶ鳥屋山へ、其処から更に西の本社ヶ丸へ向かい、帰路は宝鉱山に下りるコースを設定して15日の予定を組んでいましたが、14日に霙交じりの雨が降った為一日日延べをして登りました。どれくらいの雪が積もっているのか解らないので無理をせず行ける所まで・・・と、気楽に出かけました。

画像
タチツボスミレ
初狩駅から暫く林道を歩いて山道に入りますが、その林道沿いに咲いていたスミレでした。

画像
ダンコウバイ
ダンコウバイは彼方此方で結構見かけました。春がどんどん近付いてきましたね。

画像
キブシ
キブシも遠目から見ても黄色に成っています。

画像
滝子山
尾根にのるやいなや目の前に見える大きな山をショット。威風堂々、しかも雪を戴いた姿は立体的で素敵!
ところでこの山の積雪は何センチなのでしょう?私達の目指す最高地点はこの山より少し高いだけ。雪の状態が気懸りでした。

画像
マンサク
700m位のところでマンサク第一号を見つけました。この後ダンコウバイ程ではありませんがあちこちで見かけました。春の躍動感を感じながらウキウキ。

画像

700mを過ぎて広々した尾根道が続き雪も全く気にならない状態にニンマリ。

画像

900m付近でもこれだけの少ない雪なのでこの先もあまり変わらない事を願っていましたが・・・。

画像
初の道標は雪深い所に
990mのピークの辿り着いた時には20センチ位の雪に変わり一気に景色が雪景色に変身しました!
初の道標を見ました。赤線ルートと合流しました。赤線ルートなので安心と思いきや、雪は益々多くなりました。

画像
林道を横切る
初の道標を見てから直にアイゼンを付けました。30a程の雪に変わりました。深い所では40a近かったかも。

画像

林道から尾根道に上がるまでがきつい。お助けロープがあり助かりました。何よりパートナーが分厚い雪を蹴散らしてくれましたので私は後からついて行くのみ。パートナーさん、有難う。

画像
鶴ヶ鳥屋山を目の前に
段々雲ってきて墨絵の様な景色になってきました。

画像
滝子山を
滝子山も霞んできました😢
画像
鶴ヶ鳥屋山から三ッ峠山を
鶴ヶ鳥屋山に着きましたが相変わらずどんよりとした天気。本社ヶ丸とは300m近い高度差があるので雪がもっと深くなると予想。そうなると時間もかかるので今回は此処から引き返す事にして予定を変更。近ヶ坂橋に下りる事に決定。

画像
鶴ヶ鳥屋山付近の雪景色
彼岸も近いこの時期に、低山を淡雪どころかドカ雪(ちょっとオーバー)の中を歩くのも珍しいので、今しがた付けたばかりの踏み跡を辿りながらスノーハイクを噛みしめて歩いた次第でした。

画像
キジ
帰路は前述の初の道標から少し下まで雪が積もっていましたが、其処からは雪の影も形も無く、松の木の林の中を下りる道でした。
車道に下り立って初狩駅まで40分近く歩きますが、途中でキジを見かけました。鶏冠の真っ赤な色と言い、緑色の羽といい、とても綺麗だった。
この後待時間ゼロ分のきわどさで電車に乗る事が出来ました\(^o^)/

Tさん、今回も良い山旅が出来ましたね。計画倒れになったパートは又の機会を作って是非トライしましょうね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
春の雪にはびっくりですね。
マンサクやダンコウバイが咲いて
ウキウキしているのに、
ドカ雪でさらにウキウキですね?(笑)
nousagi
2016/03/19 11:05
nousagiさん、お早うございます。
春の雪は直ぐに溶けますが、さすが山の中の雪は今日の明日では溶けずに、雪とダンコウバイやマンサクのコラボに満足でしたよ♪
フクシア
2016/03/20 06:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶴ヶ鳥屋山へ 春の淡雪はドカ雪!でも小さな春を満喫 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる