晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 御正体山の北西に位置するハガケ山を目指して

<<   作成日時 : 2016/04/05 22:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

画像
3/30 帰路ハガケ山(中央の三角の山)を振り返る
バリエーションルートの設定を任され選んだ山は御正体山。ご案内したい尾根ナンバーワンを歩くには時間が足らず、では次の候補を・・・と、色々設定してみたけれど、どのコースも帯に短し襷にも短い状態の持ち時間。林道が開通していない為コース設定が難しく、思い悩んだ結果、三輪神社をスタートして峰宮跡経由御正体山へ。帰路は峰宮跡経由ハガケ山、文台山へ寄って落合橋に下り立つ経路を企画。コースタイムは八時間。
1500m付近で雪が現れたので、御正体山のピークを踏む事は割愛して歩いて来ました。

三輪神社→中河原橋→峰宮跡→ハガケ山→文台山(大野山)→細野・落合橋→三輪神社 このように歩きました。

画像
三輪神社
スタート地点の三輪神社。此処に車を置いてあるので戻ってきますが8時間の行程ですから無事に戻れる事を祈って出発。

画像
アオイスミレ
スタート地点が600mですからまだ花のお出ましがなく唯一見かけた花でした。花に浮かれている余裕がありませんのでこの花だけの出現に感謝です(笑)

画像
林道ゲート
このゲートを潜り抜け更に林道を詰めます。

画像
ハイキングコース入口
林道を歩く事約一時間。やっとハイキングコースに入ります。

画像
赤松の多い森
舗装路から解放されて気持ちの良い尾根道を歩くfu-coさんnousagiさん

画像
林道を横切り再びハイキングコースへ
林道を横切って再びハイキングコースに付きますが、ご覧の様に優しい案内があります。

画像
二十六夜山方面を望む
曇っているので遠望は無理ですが近くの二十六夜山方面が直ぐ傍に大きく見えています。

画像

急登の連続のさ中、昭和五十六年の字に懐かしさが・・・。

画像
雪景色
あれっ、雪が!どれだけ雪が残っているのか心配していましたが・・・。

画像
峰宮跡分岐
急登が続いてヒィヒィ。やっと解放されたのは峰宮跡分岐。ベンチがあり、此処でランチタイム。御正体山まで一時間と五分のコースタイム。雪がもっと深くなっているので御正体山は割愛する事に決定。

画像
峰宮跡からの富士山
ベンチに腰掛け、ランチを食べながら富士山を見ながら・・・。

画像
ハガケ山に向かって
ランチの後ハガケ山に向かってスタート。雪がまだ残っています。

画像
池の平・文台山分岐
ハガケ山へは文台山方面へ進みます。これだけの立派な道標が有るのでこの先も案内が有ると思ってしまいがちですが、残念ながら一個もありません。此処からが本領発揮💪
因みに私が初めてハガケ山を目指したのは2003年でしたが、この時には道標が有りませんでした。

画像
富士山と鹿留山
展望が良いポイントがあり、目の前に富士山と鹿留山が並んで見えます。晴れていれば南アルプスも見えるのですが。

画像
ハガケ山を見下ろす
ハガケ山は地図で確認しにくい1320ピークです。この写真の中央のやや左寄りの山です。

画像
ハガケ山手前の歩き易い道
ハガケ山に近付いて来ました。とても歩き易い所が一部ありました。この後複雑な地形の中を下り、岩峰を這い登り、下ってハガケ山に到達します。岩峰に向かって下りる所が見つけにくい所で今回の重要なポイントですが、見落としてしまい少しアルバイトをしました💦

画像
ハガケ山
登ってみればこんなピーク?と思ってしまいます。この山はピークに達するまでの過程に価値がある・・・。2003年の時は単独ではあったものの今回と逆回りの為すんなりと御正体山に登れた事を思い出しました。

画像

ハガケ山を後にして今度は文台山を目指しますが、ハガケ山の北端が岩場なので西側に捲いておりますが、ちょっと大変。笹も生えているので厄介。

画像

ハガケ山を無事に下りた後は笹薮の中を暫く歩きますが、藪を過ぎると気持ちの良い尾根歩きに変わりホッとする場面も何か所もあります。

画像
文台山
文台山方面は西へ、車を置いてある三輪神社は東へと道を分けますが、文台山に寄る事にしました。御正体を割愛しましたからね、せめて文台山は行ってみたいという事になりました。
自然林の中にあるこの山はとても気持ちの良いピークです。秋も良さそう、春も良さそうと欲が湧いてきました。

画像
ハガケ山を振り返る
三角の尖ったシンボリックのハガケ山を何度も振り返り皆満足。

画像
終着点近し
西日を背に受けて余裕のメンバー。

今回のコース設定に当たりハガケ山が赤破線になっているのでちょっと興ざめの感がありましたがまだまだバリエーションルートらしい雰囲気があり歩き甲斐がありました。
皆さん又何処かバリしましょう。そうそう、アルバイトをした尾根を是非歩いてみたいのですが(^^♪







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
御正体山の周辺にこんなルートがあるのですね。思わず地図を広げて確認してしまいました。
ハガケ山から文台山への笹薮、確かに写真で見ても大変そう。
気持ちの良いところも多いですが、大変なところは写真撮ってる場合じゃないと言うことでしょうね。
大変じゃないところだけ参加したい(笑)。
hakkutu
2016/04/06 10:20
hakkutuさん、こんにちは。
御正体山へ登るコースは沢山ありますよ、特に私は(笑)。

hakkutuさんの仰る事ズバリです。大変な所は写真を撮る余裕がなかったです💦
良い所取りが出来る山歩きは確かに良いですね。
地図読みのレベルアップを図りたい人にはうってつけです。

hakkutuさんと雪の中を歩いた鹿留山が結構大きく見えて良かったですよ♪
フクシア
2016/04/06 17:32
スイスイ、アルバイトした犯人は私です。(^^;)
でも、早めに気づいたので、降格させないでね。
あの尾根、リベンジの意味でも
ぜひとも・・・。
nousagi
2016/04/07 18:22
ハガケ山、分台山、いずれも初めて聞く山名なので予備知識のないまま参加させていただきましたが、なかなかハードでしたね〜^^;
ヨレヨレながら歩き通すことができ、満足感に浸ることができましたよ^^
ありがとうございました。

fu-co
2016/04/07 20:42
nousagiさん、お早うございます。
アルバイトした尾根を使えば大分時短出来そうですから是非次回決行しましょう。
バイトが次回の計画に繋がったので降格無しにします(笑)。
あの岸壁の下は凄い谷間でしたね。あの谷間も気になりますし、是非宜しくお願いします。
フクシア
2016/04/08 05:19
fu-coさん、お早うございます。
お初の山をあんな歩き方をすると二度と歩きたくないと思うか、次回は見る角度を変えて行ってみたいとおもうかどちらかだと思いますが、fu-coさんはどちらでしょう?イワウチワの葉もありましたのでそんな点からもまた行きたい気持ちに駆られている私です。
フクシア
2016/04/08 05:26
こんにちは!
ハガケ山は厳しかった、と記憶しています💧あそこを赤破線にしてはいけない❗と思います。実は文台山の下りも赤破線で、タカをくくっていたら、大変でした💧赤破線は見極めが難しいですね💦
そしんろうばい
2016/04/10 14:21
そしんろうばいさん、こんばんは。
ハガケ山周辺は谷が深くてどの尾根も厳しそうですよね。
文台山の下りは随分前に一度歩いた事がありますがどんな状況だったか全く記憶がありません。私にしては珍しく電車とタクシー利用だった事だけははっきり記憶しています💦
フクシア
2016/04/10 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
御正体山の北西に位置するハガケ山を目指して 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる