晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ 雪道が楽しい

<<   作成日時 : 2017/01/26 21:20   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
1/24 蛭ヶ岳山頂からの富士山
まだ雪で覆われている丹沢の最高峰の蛭ヶ岳に登って来ました。天気に恵まれ富士山は勿論駿河湾、初島もはっきり見る事が出来ました。

画像
取り付きの林道終点
蛭ヶ岳に日帰りするには裏丹沢から取り付くのがベストですので、林道終点に駐車しようと林道に入りました。雪が薄ら残っているだけなので、しめしめと思ったのですが、ゲ-ト手前に蛭ヶ岳山荘の車が駐車しているのを見てギヨッ!でも雪が少ないのでそのまま突き進みました。順調に走って又ギヨッ!
駐車スぺ-スの所が雪深い。スコップを持っていないのでどうにもならずバック運転で広い所まで戻ってやっと駐車出来て ホッ(´▽`) 急カ-ブの雪の上をバックするのでちょっと大変だったけれど、車をきちんと止められたので安心して登れます(*^-^*) 30分のロス。

画像
青根分岐
駐車した所でマイナス6度という冷え込み。でも青根分岐まではほぼ谷道なので風が遮られて寒さはあまり感じなかったけれど、東海自然歩道になると、情け容赦ない風が吹き付け寒い!

画像
丹沢三峰を
丹沢三峰も真っ白。

画像
姫次からの富士山
順調に歩いて姫次に到着しました。相変わらずのロケ-ションに癒されつつ、ブレイク。

画像
姫次からの蛭ヶ岳
ベンチが埋まるほどの雪。この先はもっと雪が深いでしょうからトレ-スが付いていなかったら苦戦・・・。
下山して来た方の情報ではずっとトレ-スが付いていると。それならばこの調子で蛭ヶ岳を目指そうとアイゼンを付けて出発。

画像
富士山と大室山
姫次を後にすると、こんな景色を楽しめます。足元が凍っているのではないかと思っていましたが、然に非ず、踏み固まったトレ−スが雪道気分を盛り上げてくれました。

画像
原小屋平

画像

檜洞丸が富士山と重なる様に見えてきたら蛭ヶ岳は近い。でも風が顔を叩きつける程。

画像
奥多摩、秩父方面
天気が良いので視界が良く効き、奥多摩、秩父方面も綺麗に見えていました。この後雪煙を上げる冷たい強風にほっぺが凍りそうに💦雪が横から顔を叩きつけるように飛んできました(@_@)

画像
頂上近し
射すような寒さに耐えながら、この景色を見て一安心。ヤッタ−と声を上げたいくらい。声を上げても何を言っても大丈夫、風で聞こえない(笑)

画像
山頂から海を
山から海も見下ろす景色は格別。初島もクッキリ♪

画像
山頂からの富士山

画像

南アルプスも見えています。雲が青空にぷかぷか浮いている感じで、富士山を生き生き見せてくれました。
少しでも風が弱い所を選んで小屋入口前のベンチでランチタイムを取り、そそくさに帰路につきました。長居は禁物。手袋をしながらのランチ。

画像
八丁坂ノ分岐付近から都心を
登った道をそのまま引き返しますので、勝手知ったる何とかの如くすんなり下山。登の時よりも都心がクリアに見えました。

画像
丹沢三峰
丹沢三峰も朝と違った雰囲気でした。
この後、青根分岐から林道迄の間が朝より雪が固まった感じでカチコチでした。姫次で外したアイゼンを青根分岐通過後再び装着して無事車の待つ場所に到着。

車中で、ザックの横のポケットに入れておいたペットボトルのお茶を飲みましたが、何と凍っていました!やはり、あの寒さは半端ではなかったですからね。登りごたえのある楽しい山旅でした。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
寒そうです❄ガチ雪山ですね⛄
丹沢、けっこう雪深いんですね。でもきれい❤そしてさすが、最高峰の展望✨極寒のなか登ったかいがありますね😄
そしんろうばい
2017/01/28 18:00
そしんろうばいさん、こんばんは。
とても寒かったですよ〜。私の山登りの中でナンバ-2の寒さでした。でも景色は抜群でしたので登った甲斐がありました昨年も登っていますが、寒さが断然違いました。
フクシア
2017/01/29 22:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢最高峰の蛭ヶ岳へ 雪道が楽しい 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる