晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 念願叶って朝日連峰へ パ−ト1

<<   作成日時 : 2017/08/27 17:15   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
     8/5 鳥原展望台から月山を仰ぐ  
毎年夏山の予定として朝日連峰が候補に挙がっていた私ですが、今回その願いがやっと叶いました。
初日は新幹線等を使って移動をし、朝日鉱泉に泊まり、二日目は鳥原小屋経由で大朝日小屋に宿泊、三日目は、御影森山経由で下山。このような計画にしました。

画像画像
















                       山形駅左沢線(あてらざわせん)/山形駅の駅弁
山形新幹線で山形駅で左沢線に乗り換えますが此処でパ−トナ−と顔を合わせ、私は此処で駅弁を買いました。本当は米沢で買いたかったのですが、発車ベルが鳴らないのでご注意して下さいというアナウンスが流れたので、駅弁を買っている間に発車されては事ですので仕方なく山形駅で買ったのですが、これが実に美味しくてペロリ。仕方なくなんて言って御免なさい🙇

画像画像













                         左沢駅
山形駅から小一時間で終点の左沢駅に着きました。下りた殆どの人がザックを背負った人達。大宮駅から乗った大きなザックを背負った子供たちも同じ駅で降りましたが、彼達はその地方の企画に参加するらしく、リ−ダ−と挨拶をしていました。私達はバスに乗って一路朝日鉱泉に向かいました。

画像画像
















                   朝日鉱泉ナチュラリストの家/夕食
バスを降りて朝日鉱泉ナチュラリストのチェックイン。その後スタッフの方から朝日岳へのコースの説明などを受け、夕食までにたっぷりの時間があるので散策をしました。
散策の間に虻に刺され洗礼を受けてしまいました😢 夕食前にお風呂に入りのんびり。

画像
        (8/4撮影)
さて、今日は朝日岳を目指します。朝食を食べずにお握りにして貰って早朝に出発。早々に吊り橋を渡ります。

画像画像























                         分岐/エゾアジサイ
橋を渡って10分程で分岐になります。右側に進みます。帰りは左側の道を下りて来ます。どちらの道も初めてですのでワクワクします。沿道にはエゾアジサイが綺麗に咲いていました。

画像画像
























                         キツリフネソウ/タマガワホトトギス
里山でも見られるお馴染みの花が咲いていました。こんな花が咲いている間は歩き易い。この後登りの連続😢

画像

いよいよ登りが始まりました。寝袋と食料が入っていますので、そこそこ重たく、暑く、汗が流れっ放し。

画像

樹林帯の中の道が続きましたが、ひょっこりこんな景色が見える所を通過しました。

画像画像























                         ツルリンドウ/サワオトギリ(?)
金山沢付近にオトギリソウが一杯咲いていましたが、サワオトギリでしょうか?
この沢はポチャンと水の中に落ちないように気を付けて渡ります。此処で凡そ鳥原小屋までの半分。鳥原小屋が今日の工程の中間点なので四分の一を消化、やっと💦

画像
       鳥原湿原
樹林帯を抜けて左前方に鳥沢小屋が見えて来ると木道が敷かれ湿原が見えてきました。あぁ、こういう景色は何時見ても癒されます。もっと花が咲いていたら・・・と、毒づきます(笑)。
小屋に立ち寄って休憩をし、残る半分を頑張るのだ・・・と自分に言い聞かせスタート。

画像画像























                       ホソバノキソチドリ/オオヤマサギソウ
鳥原小屋近くで白滝コースと合わさりますが、御田湿原の所で合流。その湿原に咲いていたラン。ホソバノキソチドリは殆ど終盤を迎え花が茶色になっていました。湿原らしく、モウセンゴケやキンコウカが咲いていました。
湿原を過ぎたら再び登りが待っていました。

画像画像























                        シロバナニガナ/ニガナ
登りに差し掛かりヒイヒイハァハァ、汗が滝の様に流れて大変。沿道にはニガナの紅白ならぬ黄白が延々と。圧倒的に白が多かった。
この後鳥原山の三角点に寄ってみました。展望が今一なのでそのまま進むと展望が開かれ、月山がくっきりと見え(トップの写真)、疲れモ−ドを少し和らげてくれました。

画像
    鳥原展望台から大朝日岳を臨む(左側のピーク)
景色に恵まれ、月山が見えてご機嫌の私達でした。しかし、大朝日岳は遥かカナダ・・・。目の前のピークは小朝日岳。折角登ったのにかなり下ります。その付けとなった登りが結構長くて厳しそう、泣きが入ります(笑)。

一日目の工程の半分まで漕ぎ付けました。続きはパ−ト2で。



















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大朝日岳…お世話になりました!キツくも充実した山歩きでしたね🎶なつかしい〜いつも一粒で二度おいしい的な楽しい思いをさせていただいて嬉しいです。ありがとうございます😆
久びさに寝袋と食料を背負い、こたえました💦➰でも天候にも恵まれて気持ちよく歩けました✨温泉もよかったし♨
続き楽しみにしています😄🎵
そしんろうばい
2017/08/27 17:57
そしんろうばいさん、こんばんは。
こちらこそお世話になりました。暑いのと荷物が重いのとで結構きつかったですが、良い山旅でしたね。又行ってみたいです。

下山後お風呂に入れて汗を流した時の爽快感も忘れられませんね。乾杯の生ビ−ルも格別でした
パ−ト3までいきそうです。
フクシア
2017/08/27 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
念願叶って朝日連峰へ パ−ト1 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる