テーマ:北アルプス

冬支度の北アルプスを歩く 双六~笠ヶ岳(三日目) 最終

  9/25 笠ヶ岳 三日目の25日、今日は下山をします。何度も振り返っては眺めた笠ヶ岳でした。                笠ヶ岳山荘から夜明け前の景色 ご来光を拝もうと計画していましたが、星も奇麗だと聞き四時に起きて外に出ましたが、頭上に覆いかぶさるような星にも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冬仕度の北アルプスを歩く 双六~笠ヶ岳(二日目)

   9/24 樅沢岳からの槍ヶ岳          双六小屋付近で 昨日は期待を裏切る天候でしたので、今日こそは晴れて欲しいと切なる願いを込めて布団に入りました。五時に外に出てみると奇麗な月が!これは晴れるぞ・・・、嬉しくなりました。 双六小屋付近で迎えたご来光 5時40分頃に陽が昇ってきました。素晴しい一日のスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬支度の北アルプスを歩く 双六~笠ヶ岳(初日)

 9/23 双六小屋と鷲羽岳&水晶岳 お彼岸の祭日を入れた三連休を北アルプスの稜線歩きを楽しんで来ました。初日は新穂高温泉をスタートして双六小屋を目指しました。初日は生憎の天気になってしまいました。         ノコンギク/キ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五竜岳から鹿島槍ヶ岳縦走   パートⅢ

 7/18 冷池山荘近くから  今日は扇沢に下山します。ご来光に安全を願いつつ、まだまだ元気で登れるようにと、いろんな祈りを込めて・・・。 五竜岳から見続けていた立山連峰と剣岳でしたが、三日目は爺ヶ岳や針の木岳が加わりましたので又パノラマビューにしてみました。 雲海がとても素晴らしい朝の景色でした。 爺ヶ岳に向か…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

五竜岳~鹿島槍ヶ岳縦走   パートⅠ

7/16 五竜山荘からの五竜岳 海の日の祭日の三連休を利用して北アルプスの五竜岳から鹿島槍ヶ岳の縦走を楽しんで来ました。初日の17日は遠見尾根から取り付く事にしました。 神城駅から少し歩いてテレキャビンに乗って、今回の山旅のスタートを切りました。朝はごらんの通り雲が多いながらも晴れていました。パートナーはお散歩さんhttp:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄葉を愛でながら常念岳~蝶ヶ岳を縦走 パートⅢ

パートⅡの続きです。2592のピークから又下がって上り返して蝶槍のピークに着きますが、2592のピークを下りきった鞍部でこのようなダケカンバに霧がかかり、ミステリアスな景色となって魅了させてくれました。 そのダケカンバの下に池がありました。なんとおたまじゃくしがいました! 蝶槍のピーク近くまで、あのゴロゴロした石が転がっている稜…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

紅葉を愛でながら常念岳~蝶ヶ岳を縦走 パートⅡ

            赤、黄色、緑のパッチワーク模様の紅葉にうっとり。初日の後半はこのような景色が続きます。 息を呑むような素晴らしい景色に興奮すら覚えたロケーションを噛みしめながら休憩を取って、常念岳を目指しました。 乗越から見あげる常念岳は近くなのに400m程の急登を強いられます。 槍ヶ岳から大キレット、北穂…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

紅葉を愛でながら常念岳~蝶ヶ岳を縦走 パートⅠ

10/2 常念岳乗越付近からの眺望 一ノ沢付近の紅葉 2日、3日の両日、紅葉と槍ヶ岳の展望を求めて北アルプスの常念岳と蝶ヶ岳の縦走をしました。 ヒエ平から登り登り始めましたが、早速このような紅葉を見せられ期待が膨らんでいきました。 曇り時々晴れの天気予報でしたからあまり期待をしない方が良いよ・・・と、自分に言い聞かせ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

読売新道をひたすら歩いて黒部ダムへ 三日目

読売新道をひたすら歩いて黒部ダムへ 本日の三日目はいよいよお里に向って下ります。黒部ダムに下り立ちます。 奥黒部ヒュッテから黒部ダムまでの約11㌔を黒部川に沿って歩きますが、ヒュッテから約4㌔は右岸を高巻きに道が付いています。その4㌔地点からは左岸を歩きます。渡し舟に乗って黒部川を横断します。 この写真は黒部川の右岸から見上げた立山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雲上の花園で夏を満喫

雲上の花園で夏を満喫 台風5号が立ち去ってからやっと夏らしくなったと思いますが、連日のうだるような日が続いていますね。 実はこの台風5号が私の夏休みの山旅をも直撃したのでした。行き先が北アルプスの白馬岳の北に位置する朝日岳から日本海の親不知に縦走するコースでしたので、富山県と新潟県の県境をトレッキングする私にとっては致命的なお邪…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more