テーマ:富士山周辺の山

登り初めはダイヤモンド富士を伴に

1/04 7時57分 年初めの山登りはダイヤモンド富士の追っかけをしながら竜ヶ岳.に登る事が多い私ですが、今年は四日に登りました。実は暮れも押し迫った26日に出かけたのですが、ダイヤモンド富士の天体ショーの時間近くになって、富士山が霧に包まれてしまいました。そして下山した時には再び富士山と太陽が現れ思いっきり天気に振られてしまいました…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

久々の菰釣山 富士山が綺麗

12/09 菰釣山山頂にて 富士山の展望台としてもお気に入りの菰釣山ですが、久々に登りました。道志の森キャンプ場奥から取り付き、菰釣山を目指し、甲相国境尾根を西に向かい、富士山と対面しながら山伏峠まで歩きました。 ブナ沢乗越付近から相模湾を ブナ様乗越からオレンジ色に輝く海を見るのが何時もの楽しみですが、良い感じです。中央の山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山麓で秋を満喫

10/8 晴れ間を縫って、富士山麓を散策しました。秋風に揺れるススキは風情があって良いものですね。ましてや富士山が顔を出したので【世界遺産最高!】って、皆さん異口同音。                 ヤマラッキョウ/タチフウロ/カワラナデシコ ススキの下には…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

毛無山へ 初冠雪は何時?

9/26 毛無山登山途中からの富士山 久々に毛無山に登りました。今回はバリエーションルートで登りました。その途中で見かけた富士山です。昨年は9月12日が初冠雪で、タイミング良くその初冠雪を見る事が出来ましたが、今年もそのタイミングに出合いたいと思っていますが、その日は何時でしょう?Xデー、気になります。 この富士山は朝国道を…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

三ッ峠へ    勇壮な富士山とうっすら雪

11/25 三ッ峠 三連休の最終日は天気に恵まれ急遽三ッ峠に登る事になりました。三ッ峠も色々コースがありますが、最短コースを歩く事に決まりました。我が家から駐車場まで一時間半あれば着く距離ですが、富士急ハイランドが視界に入ってから間もなく全く車が動けない状態。八㌔渋滞の情報がありましたがこれを脱出するのに二時間もかかりました! …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋を求めてドライブ&散歩

10/7 リンドウ 去る六月に韓国の雪嶽山にHさんと登りましたがそれ以来の彼女との再会となりました。膝の調子があまり良くないというのでドライブしながらあき探しをする事にしました。秋の代表のリンドウを見つけました。                   ネナシカズラ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

毛無山へ  富士山の初冠雪にバッタリ

  9/12 初冠雪の富士山 毛無山を目指して高速を運転していたところ、後部座席の二人の会話【あらっ、雪みたい。えっ、雲?】と。まさか雪とは!その後富士山が暫く見られないので雪か雲か決着はお預け。答は雪でした!初冠雪の富士山を是非見たかっただけにこの幸運に感謝でした。 今回は五人のニューパーティで登りました。こじんまりと登る私には珍…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

石割山・・・ススキが秋の風にそよぐ

(画像をクリックすると大きな画像に変わります。) 9/5  石割山付近にて 残暑がまだ厳しいですが、山登り初のSさんのご案内を兼ねて石割山に決めました。何時もお世話になっているKさんもこの山は未踏だという事が解り、三人のニューパーティで石割神社入口→石割神社→平尾山→大平山→飯盛山→大平山→平尾山→神社入口と歩いて来ました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

御正体山へ・・・ハガケ山をメインに

 8/25 ハガケ山東側のピークにて 岩手山以来の山登りとなった25日。諸般の事情から電車の移動で御正体山に登る事になりました。メンバーはMさんとIさん。Mさんから大分前にハガケ山のお誘いを受けていましたが、延び延びの結果この暑い最中という事に。 ハガケ山まで行くならIさんの未踏の御正体山も登ろうと計画しました。 道坂トンネル→御…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

緑萌える三つ峠へ

   5/19 天下茶屋北側の稜線から 御坂山塊の未踏のルートを歩いてみようという事になり、天下茶屋をスタート→八丁峠→見廻り道→大幡八丁峠→三つ峠山→母ノ白滝→浅間神社。こんなコース設定をしました。パートナーは彩さんhttp://cookpad.com/kitchen/1142597です。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

一歩遅い春のお出まし

5/17 カイジンドウ 三つ峠に登る予定でしたが、雷注意報が出たので急遽近場の山に変更しました。春の花が楽しめました。               ユキザサ/フデリンドウ/ホタルカズラ 今やお馴染みの花ですが。月初めに立ち寄った時にはまだスミレが少し咲きだ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

(八坂)釈迦ヶ岳へ・・・南アルプスの景色がついて周る

(写真をクリックすると大きい画像に変わります。) 3/13 (八坂)釈迦ヶ岳 先日は芦川の右岸尾根を歩きましたが、今度は反対側の左岸尾根に連なる釈迦ヶ岳を目指し、アンバ峠から琵琶首に下りるコース設定をしました。 右左口からの景色 桃源郷の中を走って行きますが桃の花が咲く頃にも訪れた所から雄大な景色を。南アルプスの景色…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

節分草&日陰山&中道往還

写真をクリックすると画像が大きくなります。 2/28 節分草 春の到来を感じさせてくれる節分草。今年もこの花にやっと廻り合えました。今年は例年にない冷え込みだったので何時がベストタイムか予想が付きませんでしたが、天気と相談の結果行ってみましたが、満開でしたほぼ例年並に咲きだしたらしい。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

西丹沢の西丸&東丸・・・ブナと富士山を見ながら

(写真をクリックすると画像が大きくなります。) 1/6 水ノ木分岐にて 正月気分がまだ抜けない昨日、西丹沢の西丸と東丸のピークを踏みたいと熱望していたMさんと出かけました。朝からからっとしていた天気にウキウキしながら山伏トンネルをスタート。スタート時間が10時近くになってしまいましたがこのようにすっきりとした富士山がお伴をしてくれま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

明けましておめでとうございます。

(写真をクリックすると大きい画面になります。) 2012年1月2日 竜ヶ岳にて 明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。 今年は辰年ですので、干支にちなんで元旦に竜ヶ岳に登ろうと思っていましたが、天気予報を見ると日の出を見られるのは難しそうなので、二日に登る事にして一日見送りました。 竜ヶ岳頂上 本…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さようなら2011年 

2011/12/31 今日夕日のダイヤモンド富士を見る事が出来ました(上手く撮れませんでしたが。)何度見ても感動する天体ショーです。大晦日に見られて良い締めくくりが出来ました。 今年は特に忘れられない大震災に見舞われるなど色々な事がありました。来年は少しでも前進して復興が進むことを心から祈っております。 今年一年《晴れた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秀麗な富士山を求めて三ッ峠へ

12/16 三ッ峠頂上近くで出会った雨氷 達磨石下から三ッ峠を見上げる 富士山の雪化粧が裾野に向かって広がっているので、私のお気に入りスポットを目指して三ッ峠山に登る事にしました。Hさんと二人ですので、少しひねって、開運山東尾根にある1545m地点の三角点に突き上げている南尾根を登る事にしました。下りは達磨石に下りて来るので、達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大栃山へ・・・意外に展望が良い

12/10 大栃山頂上からの富士山 山梨百名山に名を連ねる大栃山に登りましたが、前日の雪がそのまま残っており、深い所では20センチ近く積もっていました。 登りは大栃山北尾根を、下りは北西尾根を尾根を▲1086まで下り、其処からは北尾根を下りてスタート地点の甲府国際カ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

冠雪の富士山を見ながら高デッキ東南尾根を登る

11/30 雨ヶ岳付近から 富士山ガ真っ白になっているのを期待して、高デッキに登りました。昼過ぎまでは晴れるという天気予報を信じて出かけました。朝霧高原からスタートしました。朝霧高原→高デッキ→雨ヶ岳→端足峠→朝霧高原 周遊コースにしました。 富士急ハイランド付近から 車で移動中にキャッチした富士山ですが、予想していたよりもか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

富士山を追いかけて箱根へ

11/16 芦ノ湖西岸北部にて 先週やっと富士山の冠雪した姿を拝見しましたので、今回は箱根に足を延ばしてみました。午前中は天気に恵まれ美しい富士山が見られました。                山中湖南岸にて/箱根富士見茶屋にて 道志道を抜けて箱根に向かいましたので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋深し、されど冠雪していない富士山

11/05 富士岬平にて 5日の土曜日の午前中は晴れるという天気予報を信じて山伏峠から歩いて西丹沢の紅葉を見にでかけました。 峠の近くに車を置き道志側から登りました。登り口まで少し車道を歩きますが、車道沿いからこんな紅葉&黄葉が見られウキウキ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地味~な山も人並みの紅葉&黄葉・・・日尻山

10/23 釈迦ヶ岳付近 週末悪天候型に見舞われ急遽行き先が変わり、結局待ち合わせをした相模湖駅で行き先が決まり、私の未踏である日尻山に決まりました。ノーチェックだった山でしたが、なんのなんの、紅葉&黄葉が歓迎してくれました。                ホツツジ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花が織り成す光景の初秋を想う

     9/16 アケボノソウ                サワヒヨドリ/メドハギ/オトギリソウ 春に訪れた場所をこんな時期に訪れてみようと出かけましたが、いろんな花が秋色に塗り替えていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蝶が飛び交う楽園・・・御正体山~石割山

   9/09 カラスアゲハが舞う山頂にて                ツチアケビ/御正体沢/オクモミジハグマ 台風の爪痕がどんな状態にあるのか把握できていない為急遽行き先を変えて御正体山から石割山間を縦走する事にしました。キレンゲショウマさんhttp://zeo…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高座山から石割山へ・・・着々と秋へ

   8/28 キセワタ 天候がなかなか安定しない日々の中でしたが、高座山から石割山を縦走しました。私の未見だった花に遇えました!彩さんhttp://cookpad.com/kitchen/1142597とお散歩さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/osanponikki1969の三人隊となりました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

杓子山~鹿留山  秋の七草が揃う?

8/3 花の都公園 今回は初のパーティで杓子山から鹿留山、二十曲峠へと歩きます。パートナーはキレンゲショウマさんです。http://zeolite3.blog4.fc2.com/  丁度一ヶ月前に富士山の近くの山で出会いました。その時に話をしていた時にビックリした事に私が愛読しているブロガーさんなのでした!何処かの山にご一緒しましょう…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

秋のグラデーションを楽しむ!

去る二十二日に諸般の事情により一人で山中湖近くの山、鹿留山(ししどめやま)、杓子山をメインに山旅の単独山行をやりましたもし熊に遭ったら・・・などとちょっと不安がありましたが鹿留山はブナが奇麗だし、杓子山からは富士山が目の前に見えるし、秋も捜したいし・・・などと、いろいろな魅力に出逢いたくて一人旅を決心し,ぶり返した猛暑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋のショータイムへどうぞ・・・

秋のショータイムへどうぞ・・・暑すぎた夏も一段落してほっとしていたところでしたが、過日の三連休に突然の如くカムバックした猛暑にはうんざりの関東でした。 天気が良さそうなので早起きをして富士山の近くの石割山に登ってみました。頂上に着いた時には誰も居ませんでした。いつもファミリーやハイカーで大賑わいの山ですが、今回は独り占めを楽しめました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑すぎた夏の次の秋はどんな秋?

暑すぎた夏の次の秋はどんな秋? 猛暑続きだった今年の夏でしたが急に涼しくなってこのまま涼しい秋になっていくのかしら? 正にうだるような暑さと闘いながら、仕事中はエアコンの効き過ぎで寒いくらいの環境で、温度の落差の激しさと闘いながら、早くこんな夏が行き過ぎていくのを待っていたものの急に涼しくなったらこのまま秋本番?などとちょっと複雑。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朱夏?それとも夏と秋の間?いずれにしても季節は秋へと・・・

今月の初めに感動山旅三日間の山旅を頂き、その感動に埋もれている間にもう処暑の日を迎えて、時間の過ぎ行く早さにびっくり。 すっかり日が短くなり夜になると秋の虫が鳴いてもう秋の気配を感じています。今年の猛暑にはうんざりですがこんな年の秋はどんな模様を描いてくれるのかしら? 19日にこの時期に咲く花←レンゲショウマを求めて御正体(…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more