晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 今秋初の黄葉に遇う・・・黒金山

<<   作成日時 : 2011/10/11 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
 10/09 扇平
黒金山に登る事になり連休の真ん中の9日に高速が混むのを覚悟の上で出かけました。帰りのコース上の扇平ですが、風にそよぐススキと紅葉の駆け出しの風景です。
登りは牛首東南尾根を、下りは大平から青笹に下りる事に決まりました。

画像画像画像















               青笹川右岸と笛吹川の合流にあった道標/山林内の一齣/道標
車を止めさせて戴く為にこやす旅館(今は休業中)に声をかけてくれたMさん(今回のパートナーです。)が見つけた道標ですが、これを見た私は咄嗟に《この場所に戻れば車の置いた目の前に戻れるのでこの道に下りて来よう。》と、下りのコース変更を申し出ました。が、果たしてそんなに上手く下りられるのかしら?やや自信なし。

青笹川と笛吹川の合流している場所の青笹川の左岸から取り付きますので、取り付きは簡単。暗い植林帯があまり良い雰囲気ではないけれど、時折自然のオブジェが慰めてくれました。そして現れた新しそうな道標。ちょっと興醒め。なんちゃって(^^ゞ

画像画像画像















               美しい自然林/林道出合/オノオレカンバ?
青笹川と離れて尾根に取り付きますが、植林帯とバトンタッチしたかの様に緑優しい森が続いてとても気持ち良い歩きが出来ました。
1504のピークに着くと林道出合の道標が現れました。駐車している車がありいましたが、どうやらこれが2011年版の地図にP30台記載されている所か?地図とずれている。
私の昭文社の地図は1997年版で、林道もこんな場所まで延びていない。実は牛首東南尾根のルートも荒廃と記載されています。そんな訳で諦めていたルートでしたが、Mさんの2011年版の地図は赤破線だというので決行したのでした。
林道を突っ切って再び尾根道に入ると少し色付いた木が時折現れました。楢ノ木とも違うようで白樺でもなさそうなこの木はオノオレカンバ?

画像画像画像















               ハナイカリ/ササ原下展望台/1800m付近
黄緑色の笹が青空と融合してとても良い雰囲気を醸しだしていました。ササ原下展望台と書かれた道標が立っていましたが紅や黄色に染まった木が多くなってきました。振り向けば富士山も見えていました。

画像
 右は牛首、左は黒金山
今回の目的の山が二つ並んで見えました。紅葉の様子が垣間見る事が出来ました。

画像画像画像















               真っ赤な紅葉/黄葉の始まり/黒金山をバックに
1900m付近から牛首を巻いて牛首のタルに向かってトラバースが続きますが、黄葉&紅葉が楽しめました。

画像画像画像















               トラバースルート上の紅葉

画像
牛首のタル付近からの景色

画像
牛首のタルから牛首を
牛首のタルからは富士山も見られ登って来た甲斐がありました。牛首を見上げていましたが、此処まで来たのですから牛首まで行ってみる事にしました。

画像画像画像















               牛首(?)/牛首のタル/苔生す道
西沢渓谷へのルートを少し進んで取り付きやすそうな場所から高見を目指して山に中に入りましたが、シャクナゲの四方八方に延びた枝に悩まされつつ一番高そうな位置まで漕ぎつけましたが山名表示が見当たらなかったので丁度其処に黄葉していた木があったので取り合えず記念ショット。もう少し東に向かうべきだったかな?とても前に進めないので今回はこれで引き返す事に。(まだ半分以上の工程が残っているのでそんな余裕はないのですよ。)
牛首ノタルに戻ってランチタイム。再び歩きを開始して黒金山に向かいましたが、如何にも奥秩父らしい苔生した道が続きました。

画像画像画像















黒金山/乾徳山を前方に見る/稜線上の黄葉
牛首ノタルから樹林帯を歩きますが黒金山の戴では頭上はスカッと青い空が広がっていました。景色も抜群です。此処で工程の半分を消化しました。

画像
乾徳山頂にて
乾徳山頂上まではあまり高低差がないので体力的には少し楽が出来ますが、時折踏み跡が見えなくなるので安心は禁物。乾徳頂上には沢山のハイカーが展望を楽しんでいました。富士山はすっかり霞んでいました。
登りに取った牛首東南尾根が見下ろせました。感慨深げにしげしげと・・・。(雲の陰が黒くなっている尾根。)

画像画像画像















               乾徳山近くの黄葉/イワインチン/鎖場を下りる
乾徳山頂で水休憩をして直ぐに下山開始。頂上付近はツツジが真っ赤になっていました。そしてイワインチンが沢山咲いていました。頂上から直に鎖場がありますが、巻き道を通らずに鎖を使って下りる事にしました。

画像画像画像















               扇平にかけての模様

画像
 扇平、大平方面を見下ろす
ススキが奇麗な扇平、大平方面が一望出来ました。

画像画像画像















               扇平付近の紅葉/山らっきょう/千振
扇平で小休止をして大平を目指しました。高度が下がっていますので登りのコース程の黄葉は見られませんでしたが、時折このような紅葉が少し見られました。そしてヤマラッキョウが点々と、千振も少しですが道端に咲いていました。

画像画像画像















               リンドウ/ウルシの黄葉/大平から青笹行きの道標
花はもう見られないと思っていましたが、今度はリンドウが見られました。ウルシだと思いますが大平牧場の近くで奇麗に黄葉した姿を見せてくれました。
大平荘から300m程林道を歩いて青笹を案内する道標がありました!嬉しいお知らせでした。昭文社の地図では釜口に下りるグレーの破線が引かれていますが、この道標は青笹と書いてありますので、思い切って青笹を目指す事にしました。コンパスと地形図をしっかり手にもって歩きました。殆ど植林帯でしたが、無事に車の目前に下り立つ事が出来ました。
Mさんと握手を交わしました。此処に下りられたのもMさんのお陰です、朝道標を見つけましたからね。有り難う、Mさん。とても楽しかったです。コンパスを首にぶら下げて・・・、又歩きましょう。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
先日はご一緒出来ずにすみませんでした<m(__)m>
行き先を黒金山に変更されたのですか〜?
こちらも未踏の山梨百名山でしたよね(^_-)-☆
私は土曜に2座ゲットし70座になりました。

人気の乾徳山の後ろのひっそりしたお山ですが眺望が良くて静かで
登山道も苔むして風情があり素敵なところですよね。
ランちゃんもお住まいしていそう←高速で歩いたので探せませんでしたが(>_<)

2011/10/11 21:58
9日はありがとうございました!!
牛首の手前、笹原に点在する木々に小沢の流れ、青空をかける雲と富士の遠望・・・本当に気持ちのいいところでした(*^_^*)山歩いててよかったなあ〜と感じる一コマです。真っ赤な紅葉もけっこうありましたね。牛首の辺りから黒金山の斜面に目をやると濃い緑に赤、黄が混じって季節が進んでいることを知らされました。
眺望にも恵まれ、乾徳の岩場も無事下りられたし、また扇平の辺りはいつ来てもい〜ところですね❤
そして下山道がぴんぽ〜ん♪ラッキーでした♪ テープが出てきたらもう安心、と何も考えない私と違って、すぐに地図とコンパスで確認される姿勢を見習わなくては・・・と思います。そうしないといつまでたっても地図が読めるようになりませんよね^_^;
またご指南ください〜m(__)v
そしんろうばい
2011/10/12 10:16
彩さん、こんばんわ。
結局黒金山に変更したのですよ。登りのコースは静かでとても良いコースでしたよ。

もう70座ですか!完成間近ですね。八ヶ岳の黄葉はどんな具合でしたか?
フクシア
2011/10/13 01:40
そしんろうばいさん、こんばんわ。
先日はこちらこそ有り難うございました。なかなか良いコースで良かったですね。又宜しくお願いします。
帰りの渋滞を避けて走った道は、日頃の遊びの賜物と思いました(笑)
フクシア
2011/10/13 01:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
今秋初の黄葉に遇う・・・黒金山 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる