晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉を求めて雲取山へ

<<   作成日時 : 2011/10/31 17:05   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
10/30 ヨモギ尾根1500m付近の紅葉

画像画像画像















               片倉橋付近/ジンジソウ/ヨモギ尾根入口
今年は意外に紅葉にヒットしている私ですが、今回は奥多摩の奥座敷の雲取山の紅葉を求めて山梨県側からヨモギ尾根を登り、下りは水無尾根を計画しました。最近片倉橋まで車も通行出来るようになったので、片倉橋に車を置いてスタート。
雨が何とかもってくれる事を祈りつつスタート。黒く厚い雲はこの時点では《結構、富士山も顔を出すかも・・・。》などと口に出せない程の状況。

画像画像画像















               1300m付近の紅葉
シオ沢右岸の林道からニジュウタキ尾根に取り付きますが、直に道が左右に別れますが地図のルートに従って左のルートに入りました。植林帯でちょっとガッカリしていました。1150m付近からショートカットで尾根を目指しましたが、少し登るとこんな紅葉が視界に入ってきました。パートナーのお散歩さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/osanponikki1969が今日は今年初の紅葉の山旅ですので、とても感激していました。
この頃から空が明るくなってきましたので、この時とばかりに《やったー、この調子なら富士山が見られるかも!》って発言をした私。でもこの発言になかなか反応しないお散歩さん。

画像画像












               1400m付近の紅葉
紅葉の出現に感激したのも束の間、ショートカットしながら登った尾根が1400m付近で主尾根と合流しました。黄色、薄黄色、色が抜けた緑、素晴しい紅葉と、美林!二人とも360度回転しながら紅葉を楽しみました。

画像画像












               こんがりした黄葉
何処を見回しても素晴しい。こんがりした黄葉も又素晴しい。嬉々としていた私達。開花のベストタイムを狙うのも難しいが、黄葉のベストタイムを狙うのも結構難しいと思うが、今日はホームランと、豪語する私。実は天気があまり良くなさそうなので、別の日に変えようかと家を出るまで悩んでいました。そんな悩みなんて不要でした。

画像画像画像















               奥後山に向かいながら
1400m付近の黄葉がベストタイムかと思っていましたが、そんな黄葉はまだまだ続いていました。それもご覧の通り平らな歩き易いフカフカの黄葉の回廊の中を歩くのでした!

画像画像












               同じく奥後山に向かいながら

画像
《凄い!奇麗!》同じ言葉を何度も呟く二人、オウムみたいでした(笑)

画像
凄い&奇麗の言葉を連発させる回廊

画像画像














凄い&奇麗の一言では表現が足りず、今度は万歳\(~o~)/が加わりました。

画像画像












               まだまだ続く黄葉の回廊

画像画像














予定通りの時間で奥後山を通過しました。目にも鮮やかな真っ黄色のウリハダカエデ。この辺りは統一したかのような黄葉。

画像画像














奥後山を通過したら東北に向きを変えますが、奥秩父主脈縦走路が左側に見えてきました。ガスがストライプ状になって景色を一層美しくメイクアップしていました。後には富士山が見えていました。お散歩さんビックリ状態!

画像画像














1587ピーク辺りを過ぎると紅葉は終盤を迎えていましたが、富士山がくっきり見えて素晴しいロケーションとなりました。30分程のタイムラグで笠雲が消えていました。目まぐるしく天気が変わるのかな?どうか雨が降りませんようにと念じながら、奥多摩小屋下の水場でパチリ。

画像画像














マユミが奇麗なピンク色になって目を引きます。奥多摩小屋前の渋い黄葉の唐松と赤い実が秋を語っていました。

画像
富士山を中央に。登って来たヨモギ尾根(左)と、これから下りる水無尾根をしげしげと眺めました。ヨモギ尾根と比較してヨモギ尾根の緑が気になりましたが。

画像画像画像















奥多摩小屋前でランチを済ませ、頂上で記念写真を撮って直ぐに帰路につきました。ポツリ、ポツリ。雨でもなさそうな、かといって霰でもなさそうな・・・、でも直ぐに止み、ホッ!
奥秩父主脈縦走路と分かれて三条の湯に向かいましたが、黄葉はあまりしていませんでした。まだ青々とした木が多く、まだ黄葉には早いのか?何度か歩いたこの水無尾根の黄葉は抜群なのに、惜しい。
黄葉の代わりに楽しめたのは香り、特にカツラの香りが彼方此方からしてきました。
無事に三条の湯に着き一休みして、三条沢の美しい渓谷の中を歩いてきました。

水無尾根の黄葉が惜しかったですが、ヨモギ尾根の黄葉&紅葉を充分楽しませて戴きました。お散歩さん、有り難うございました。










































               

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!日曜日のあの曇天で富士山を見るとは、さすが晴れ女神さまですね!!今年の紅葉はイマイチ・・・?なんて声も聞きましたが、フクシアさんはばっちりですね!だんだん標高を下げて、まだ楽しめそうですよね
そしんろうばい
2011/11/01 10:53
そしんろうばいさん、こんにちわ。
晴れ女神様の公認有り難うございます(笑)仰る通りまさかあの天気で富士山とはね、実は口に出した私も《マジ?》って思いましたよ!
今年はあまり黄葉が期待出来ないかと思っていましたが、意外にヒットしている私ですね。水無尾根は三度程歩きましたが、三回共ホームランだったのですよ。今年は少し遅れているようですので、水無尾根は月中でも良さそうですね。
フクシア
2011/11/01 12:52
フクシアさん、こんばんわ
ヨモギ尾根、私も二日前の金曜日に歩いて雲取山に向かったのですが、フクシアさんは日曜日でしたか。そのことを知ってコメントせずにはいられない、ということで再登場です。

昨年の同時期に私は二回も歩き、この時分はいの一番とヨモギ尾根は外せません。奥後山から下はまだまだ色づくはずで、しっとりした紅葉が大好きです。奥後山から上では赤色もふんだんに有り、豪勢の一言です。

それから奥後山からさらに登って切り開きが二手に分かれるところ、あそこで今回は進路に戸惑ってしまいました。もちろんフクシアさんもお気づきでしょうが、よくよく見ると左側の切り開きの後方にモノレール軌道が来ていたんですね。

左側の切り開きはそのためのもので、このモノレール軌道が延伸して行く様子です。今回は頑張って随分と歩いた様子、あの天気で富士山も不思議なくらいに良く見えていましたね。

これからもどんどん続く紅葉のお便り、楽しみにしています
yygg
2011/11/01 19:56
yyggさん、こんばんわ。
ヨモギ尾根は本当に素晴しい黄葉ですね。まさか同じ尾根を登る事になるとは、ビックリしました。
今回はヨモギ尾根と水無尾根を一緒に歩きましたから歩きでがありましたね、確かに。yyggさんは、水無尾根は歩いた事ありますよね?あの尾根も見応えのある紅葉なのですが、ヨモギ尾根より結構遅いのですね。
フクシア
2011/11/01 21:57
この度は私の「どぉ〜してもヨモギ尾根歩きたい!」にお付き合いいただきありがとうございました^^♪
ううう〜〜ん!!やっぱりここの紅葉は最高でしたね!!(想像&期待以上でした!!)
そして用意していただいたニコイチ地図が大活躍でした!
お天気も眺望もルートもフクシアさんがご一緒していただけたからこそ恵まれました!
本当にありがとうございました♪そして、また!よろしくお願いいたします♪
お散歩
2011/11/02 12:08
お散歩さん、こんにちわ。
ヨモギ尾根に付き合わされまして、本当に有り難うございました。素晴しい秋景色が楽しめましたね。お散歩さんは初めての黄葉の山旅ですから、一発ホームランですよね!♪が体中に付く訳ですよね。
そうそう、二コイチの地図を見ながら色々な発見がありましたね。
フクシア
2011/11/02 14:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
紅葉を求めて雲取山へ 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる