晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 個性豊かな愛鷹山へ

<<   作成日時 : 2012/06/11 17:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

画像
   6/8 愛鷹躑躅
独立峰の愛鷹山に何度か登っていますが、久々に登ってみました。

画像画像画像















               前岳分岐/大杉/カマツカ
今回のコースは山神社をスタートして割石峠→蓬莱山→鋸岳→位牌岳→前岳→山神社という事になりました。以前鋸岳を通過した時とほぼ逆周りになりました。

林道を詰めて前岳分岐が現れましたが、帰りはこの分岐に下りて来ます。(無事を祈って。)
大杉が緑の中に抜きん出て目立ちます。見渡す限りの緑、というか緑に遮られた沢筋と言った方が的確かな・・。そんな中に白い花が咲いていましたが、カマツカでしょうか。ヒメウツギもとても奇麗に咲いていました。

画像画像画像















               タニギキョウ/ギンリョウソウ/ゴロゴロ大きい石が転がる大沢
タニギキョウが沢山咲いていましたが今年は初めて。そして団体のギンリョウソウが!ギョッとしました。
相変わらずの大きな石がごろついていましたが、今回のコースは鋸岳を通過するのも神経をつかいそうですが、ゴロゴロ横たわる石にも手を焼きました。

画像画像画像















               イワハタザオ(?)/割石峠/同じく割石峠
沢を詰めて割石峠を目指しますが、その峠近くになるとイワハタザオでしょうか沢山咲いていました。マイヅルソウも咲いて、白の花が圧倒的。
やっと着いた割石峠。上手く勾配のきつさが写せませんでしたが、口を開けたような隙間を覗くと下は凄い急傾斜。

画像画像画像















                  アシタカブナ
この山ならではのアシタカブナの登場です。【活力度調査木】と書かれた印が付いたのがありますが、この印がなくてもアシタカブナの見分けが私にも出来ました。やはりブナを見ると癒されます。

画像
 鋸岳
蓬莱山近くから鋸岳を見回しましたがノコギリの歯は幾つあるのでしょう?これからこのデコボコの歯を渡ります。気合を入れてレッツゴー!

画像画像画像















               オノエラン/ツルキンバイ/歯の狭間
レッツゴーの気合を入れた直後オノエランとの出合いにサンキュウ、エールを送ってもらいました。
鎖やロープを使っている時は写真を撮る余裕がありませんので、手に何も無い時だけシャッターが押せますが、今度の被写体はツルキンバイでした。
一難去って又一難ではありませんが、鎖場をクリアしたかと思うと目前にこのような岩と岩の間の切れ間が現れました。

画像画像画像















                カニの横這い/カノコソウ/イワユキノシタ
どうやってノコギリの歯を渡るのかと思いましたが、岩の裏側にお助けロープと鎖が付いていました。岩の窪みに爪先を引っ掛けて決して滑る事のないように慎重に横歩きをします。
今度の被写体はカノコソウでした。そして岩に貼り付いた様に咲いている白い花はイワユキノシタでした。初めましてです。葉がとてもユニーク、のっぺりした感じだけど。

画像画像画像















               アカバナヒメイワカガミ/オオバスノキ/フジアカショウマ
位牌岳に近づくにつれアカバナヒメイワカガミの花びらが危ない所に限って落ちていました。今し方落ちたばかりの雰囲気でしたのでせめて一輪でも見られないかと期待しましたが、何とかカメラの持てる場所に一輪咲いていました。有り難うと思わず微笑みが。
見慣れぬ赤い色のショウマの類の花が現れました。まだ蕾ですが、初めましてのフジアカショウマでした。

画像画像画像















               
                     アシタカツツジ
この山ならではのツツジと言えばアシタカツツジですが、やっと稜線で写真を撮れる場所がありました。遠目から直ぐにそれと解かる鮮やかさは何とも言えない。三つ葉ツツジも奇麗に咲いている箇所もありましたが、色と花の大きさで一目瞭判別が出来ます。念の為おしべの数を数えましたが。

画像画像画像















               キバナウツギ/アシタカツツジの花びら/アシタカブナ
ノコギリの歯の部分を無事クリアしてほっとしたところに頭の上には黒い雲が。しかもポツリポツリ。スリリングな箇所が終った後なのでポツリポツリくらいはご愛嬌と余裕。
キバナウツギも今年初めてかな。足元にはアシタカツツジの花びらが絨毯のようにピンクに染めていました。もう少し早かったら・・・。
ガスが段々立ち込めて肌寒いくらい。そんなガスに取り囲まれて一層魅力を増すのはブナです。私の大好きなロケーションを見せてくれました。

画像画像














                  霧に包まれた位牌岳周辺
ランチを取って位牌岳に到着した頃にはすっかりガスに包まれていました。とってもミステリアスで素晴しい!

画像画像画像















               アシタカツツジ/チチブドウダン/サラサドウダン
位牌岳を後にしたらツツジの回廊を期待していましたが、今年は花がとても少なく、特にドウダンツツジの花の少なさには吃驚。
時折サーモンピンクのツツジが目を引きましたが山ツツジよりも花が小ぶり。おしべの数を数えると7本が多かった。どうやらアシタカツツジの様。変種という事らしいですが。
チチブドウダンの花をやっとこ見つけました。本当に花付き不良。そしてドウダンツツジも同様でした。

ツツジの回廊の期待はガッカリでしたが、久々に訪れた愛鷹山。とても個性溢れる山でした。又何時か登ってみたい山です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
気の抜けない大変なコースなんですね。
この山も計画を立てては、ああ、無理・・・と
ボツになりました。
泊まりでも行く価値ある山ではありますよね。
アシタカツツジ、見てみたいです。
フクシアさんのところでは、
よくよく、お初の花が登場します。
nousagi
2012/06/12 14:54
位牌岳という名前からして、覚悟して登らなければ・・・なのでしょうね。
アシタカツツジ、ミツバツツジとどんなふうに違うのか、見比べてみたいです〜それにしても、もうドウダンツツジの時期になったのですねー
秋だったら、大きな富士山が望めるのでしょうか。それもよさそうですね(^_^)
そしんろうばい
2012/06/12 23:33
nousagiさん、お早うございます。
愛鷹山は結構大きい山の上にコースも色々ありますので、のぼりでがありますよ。是非登ってみて下さい。富士山や駿河湾の景色も良いですからね。
フクシア
2012/06/13 06:57
そしんろうばいさん、お早うございます。
アシタカツツジは葉が五枚で、一枚一枚がとても小さく直ぐに解かると思いますよ。花もかなり小さいですし。
晴れていれば駿河湾と南アルプス、富士山のロケーションが抜群ですので、花が無い時でも結構楽しめると思いますよ。
フクシア
2012/06/13 07:02
アシタカ〜と名のつく固有種があるのですね(驚)知りませんでした!
オノエラン、平標山でたくさんみたことを思い出しました♪ヤッパリカワイイ!
先日見たのもツルキンバイで良いのでしょうかねぇ・・・。この手の黄色い花は難しい・・。
未踏の(そんな山ばかりですが^^;)愛鷹山!行くならこの季節がよさそうですね!!!
お散歩
2012/06/13 16:58
お散歩さん、こんばんわ。
アシタカが頭に付く植物はトリカブトもその様ですし、色々ありそうですよ。やはり独立峰故なのでしょうねえ。動物達も血が濃いのだそうですよ。

オノエランは平標は笑う程ありましたよね。オノエランに限らず何でもどっさりでしたね
愛鷹山は色んな表情を見せてくれますので春夏秋冬何時でもお薦めですが、秋も素晴しいのですよ!幾つものピークがありますのでコースを変えて季節を変えれば気が遠くなるほどですよ、流石のお散歩さんも(笑)
フクシア
2012/06/13 20:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
個性豊かな愛鷹山へ 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる