晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 守屋山へ 初夏の陽気は春の香りも乗せて

<<   作成日時 : 2013/06/02 13:06   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
5/31 守屋山山頂から北アルプスを臨む
以前から登ってみたかった守屋山にやっと行って来ました。360度の展望と、初夏の陽気をはらんだ新緑の風と花に癒されました。
槍ヶ岳がくっきりと見えました。

画像画像画像
















               入り口/レンゲツツジ/エゾノタチツボスミレ
杖突峠から少し高遠に寄った所に駐車場がありましたので、其処から取り付きました。周りはレンゲツツジやヤマツツジがワイルドな感じで咲いて、その光景にすっかりウキウキしながら、Hさんと足取りも軽くスタートしました。早速エゾノタチツボスミレを見かけました。

画像画像画像
















                サクラスミレ
のんびり歩いている所に飛び込んできたのはサクラスミレ!比較的遅めに咲くのでタイミング的にありとは思っていましたが、驚いたのは微妙に色が違うタイプが同じ場所で見られた事でした。その色の違いを写真でりあるに伝えられないのが残念ですが。
こうなったらシロバナも見たいと欲望が走りましたが、流石にそれは無理でした(-_-;)

画像画像画像
















               イチヤクソウ/オトコノジスミレ?/チゴユリ
イチヤクソウの葉が一杯ありましたが、蕾を付けたのもありました。例によって、開花したものがないか探しモード全開になりましたが、お遇お出来ませんでした。
濃い紫色のこのスミレは何でしょう?側弁に毛があったのでオトコノジスミレかな?と思っているのですが、どうでしょう?
チゴユリはこれでも早く咲いた方です。陽気は初夏のようなのに、まだ春の花が見られました。

画像

入り口で見かけたレンゲツツジに感動していましたが、登るに連れてワイルドさが派手になってきて私達をかなり喜ばせてくれました。しかし、それは正規のルートと反対側に足を向けていた事が解り軌道修正を強いられましたがとてもお得をした気分で御満悦♪

画像画像画像
















                 オオヤマフスマ/クリンソウ/タニギキョウ
軌道修正をしながらオオヤマフスマ(入り口でも沢山咲いていましたが。)、クリンソウを見つけました。レンゲツツジにもありつけ、クリンソウにも遇い喜び多い私達。
ところがその少し先にロープが張ってある湿地の前にでました。そこにはクリンソウがしっかり咲いていました。その湿地にタニギキョウも一杯咲いていました。

画像
クリンソウ



画像

湿地の奥にユニークな建物が見えました。その隣に山荘がありましたが、座禅草で賑わう名勝地のよう。遊歩道もあり、なかなか良い所でした。

画像画像画像















                ニョイスミレ/タチツボスミレ/ヒトリシズカ
公園を後にしていよいよ頂上に向かいましが、ニョイスミレやタチツボスミレ、ヒトリシズカなど、春先のモードを味わいさせてくれました。

画像
八ヶ岳
守屋山は東峰と西峰の双耳峰である事が登って初めて解りましたが、どちらも360度のパノラマが楽しめました。

画像
乗鞍岳
東峰には愛知県から来た中学生で一杯だったので、西峰に移動しましたが、前述しましたが、こちらも素晴しい展望でした。それにとても静か。それに山頂は遥かに広い。


画像
中央アルプス


画像
木曽御嶽山
東峰からは木曽御嶽山が見えませんが、西峰からはご覧のように見えます。

画像
南アルプス
お馴染みの甲斐駒ケ岳や北岳、仙丈ケ岳がこのように並んで見えます。

画像
守屋山
アルプスの景色に見入ってしまい、肝心の守屋山山頂を写すのを忘れていました。帰りがけに慌てて撮りました。一等三角点でした。

画像画像画像















               ブナ/???/コバノガマズミ
元気なブナとかかれていましたが、葉の緑もとても元気そう。
紫色の花は何でしょう?まさか園芸種ではないですよね?
のんびり頂上で楽しんで同じ道を引き返しましたが、登りでは気が付かなかったコバノガマズミが目を引きました。

片道二時間のコースを三時間程かけて歩きましたが、花を見ながら、美味しい空気を吸いながら、のんびり歩くのも良いものですね。来年はスミレの咲く頃にお邪魔したいものです。Hさん、有難う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
素晴らしい展望ですね!八ツや南アが見慣れた形ではない!?つまり反対側から見ている・・・ということなのでしょうね。中アや御嶽が見えると、遠くに来たなあ〜という気がします。
いつか行ってみたいです。
そしんろうばい
2013/06/02 22:54
そしんろうばいさん、こんばんは。
仰いますように、見慣れた山の位置関係ではないので同定にちょっと手間取りました。特に南アルプスが見慣れた位置と逆なので。
そしんろうばいさんのように健脚な方には物足りなさそうですが、良い山ですので是非行ってみて下さい。御実家に行かれた時でも行けそうですよね。
フクシア
2013/06/03 00:54
おはようございます。
ずっとスミレを追っかけていたので、あまり景色は堪能
してませんでした。これからは花々を愛でるのんびりし
た山歩きがしたいですね。サクラスミレとの出会いはや
っぱり嬉しいですよね。大きくて存在感のあるスミレだ
と思います。
クリンソウにタニギキョウ… いいですね。彼の地に想
いを馳せてます。

2013/06/03 08:56
金曜日ですか、いい天気でしたね。
今頃の守屋山にはどんなお花が?
と思ったら、やはりスミレがメイン?(^^)
こんな気持ちの良い頂上だったんですね。
すっかり忘れています。
もう一度行かねば。(^_^;)
nousagi
2013/06/03 11:52
翼さん、こんにちは。
景色を堪能する余裕は捨ててスミレにかけている翼さんの気持ちが良く解りますが、まだ私の方が景色を見る余裕がありますね、間違いなく<(`^´)> 私はまだ駆け出しですからね(笑)。
スミレはもう終っていると思っていましたので、サクラスミレとの出会いはボーナスみたいなものでした!今年見ていないスミレはまだまだありますが、残すはタカネスミレくらいかも。それも登らないといけないですからね^^;
フクシア
2013/06/03 14:29
nousagiさん、こんにちは。
守屋山は花狙いをしたかったのですが、その時季を外してしまったので、まあツツジくらいなら・・・と、思っていたのですが、結構楽しめましたよ!

守屋山には諏訪神社上社の御神体だと聞いて、その観点から登りたいという友達と行ったので花は二の次でした。でも期待はしていましたが(笑)。
西峰の方が広い上に展望が良いですね。私は初めての山でしたので、こんなに展望に恵まれて感動しっ放しでした。
フクシア
2013/06/03 14:45
一週間に10日山に登るとおっしゃるツワモノのフクシアさん!
今度はどこかと思ったら、南アをあちら側から眺めるお山でしたか!
なるほど眺望もいつもとはちょいとちがった見え方ですね。
中央道を名古屋方面から帰ってくると、南アルプスが全部みえているような嬉しい気持ちになりますがきっとそんなワクワク感で眺めたことでしょう^^♪
ふむふむ、なるほどやはりスミレの季節に歩きたいようなエリアですからね!
「何かにおいがする」勘が働きましたか(輝)!
山頂にはお社がないのですね・・・?
お散歩
2013/06/03 15:55
お散歩さん、こんばんは。
南アルプスをあちら側から見るのは、箱根に登った時に丹沢の山々が何時もと反対なので、同定が難しかったですが、あんな感覚でしたよ。

守屋山はスミレの季節に訪ねるのはもっと早い方が良いですね。五月の半ば頃に何かにおいを感じ取っていたのですが・・・。まあ、来年の楽しみに取っておきます。今回は御神体としての訪問でしたから。
お社はありませんでした。守屋山が御神体ではないという説もあるようですね。
フクシア
2013/06/03 22:38
守屋山良いでしょう。
ザゼンソウも良いですが頂上の伸びやかな感じが好きです。
頂上の手前に避難小屋のような建物がありますね。
眺望は抜群です♪
hakkutu
2013/06/03 22:55
hakkutuさん、お早うございます。
守屋山の展望やら花の様子などリサーチ無しで出かけましたので、とても素晴しい山で感動しました。
頂上手前の小屋はとても可愛いらしく飾られてしかもとても奇麗に管理されていました。

山の入口は、高遠の桜を見に行った時に通っていた場所でした。頂上で昼寝をしている方が居ましたが、公園まで車が入るそうですので、そんな山歩きも出来ますね。再訪したい山リストに加わりました。
フクシア
2013/06/04 05:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
守屋山へ 初夏の陽気は春の香りも乗せて 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる