晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 武尊山へ   美しい森ですが・・・。

<<   作成日時 : 2013/07/25 10:45   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 17

画像
7/23 武尊キャンプ場からヤナギランと赤城山方面

戻り梅雨だと報じられている中、武尊山に登る事になりました。彩さんhttp://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-41319-prof.htmlが珍しくお休みが取れました。前回彼女の後に懸命に付いていきましたが、今回も同様です。
さて、行き先はといえば、結論から武尊山になりました。天気予報を見るとこちら方面は晴れマークが付いた情報、曇りベースの傘マーク付き。どちらを信じるか迷う所ですが、どちらかと言うと私の気持の入った武尊山に決定しました。(待合せ場所の高尾で。)行き当たりばったりの決め方でしたが、最後までその戦法になりました^^;

画像画像画像
















                武尊牧場スキー場/ネジバナ/ヤマオダマキ
スタートは武尊牧場スキー場という事になりました。牧場近くの東俣駐車場から取り付く事にしたのですが、通行止めの為急遽スキー場から登る事になり、予定より二時間多く歩く事になりました。

画像
ヤナギラン
ロッジまきばを通過するとヤナギランが群生していました。こんな光景に出合ったのは久々。感激!川場村のネット情報ではヤナギラン祭開催予定の記載があったが、これはグッドタイミングでしょう!

画像
武尊キャンプ場
とても奇麗に手入れされているキャンプ場。白樺と緑のコントラストがとても奇麗。

画像画像画像
















               案内図/上州オニアザミ?/登山カードポスト
観光地らしい親切な案内図と道標が出てきました。登山道入り口までコンクリートの道が敷かれ、登山カードポストが出てくると観光ルートと差のある山道に変わりました。その間に見つけたアザミですが、ジョウシュウオニアザミかどうか、解りませんが(同定が難しい。)。

画像画像画像
















                ジガバチソウ/アリドオシラン/ヒメカイウ
カメラに収めるには心もとない雰囲気ですが、ジガバチソウ。今日はランに出会える事を願っている私達ですから、パチリ。早くも見つけたと喜んでいた彩さんですが、間を空けずに今度はアリドオシラン。沢山咲いていましたが、暗い所に咲いている上に小さいので、撮り辛い。
湿地の中を歩きますが、このコースの中で必見はヒメカイウでしょう。まだ見られました、初めまして。是非見たかった花です。
此処で二人連れの男性と遇いましたが、彼達も東俣駐車場から登りたかったが、予定を変えて歩いて来たそうです。

画像
ダケカンバやブナが美しいコース。
背が高い大きな木が多く、空に真っ直ぐに向かっている雰囲気がとても気持ち良く、太陽も顔を出して喜ばせてくれました♪

画像画像画像
















               イチヤクソウ/オオヤマサギソウ?/避難小屋
暫く二人連れの男性と一緒に歩いていましたが、彼達もイチヤクソウと言って、目立つほどに咲いていました。
その後又ランが現れました。オオヤマサギソウでしょうか?
暫くして三角お屋根の避難小屋。中を覘きませんでしたが、外観はかなり古そう。

画像画像画像















                クロヅル/ネバリノギラン/モウセンゴケとゴゼンタチバナ
お日様が顔を出していたのは本の僅か。その後雨が降り出し、登山道は沢の様に水が流れ、平地という平地は泥沼、かなりの悪路。チシマザサが道を覆っているので更に過酷。
セビオス岳は小湿原のピーク。この湿原はかなり狭いけれど、花が咲いて雨が降っていなかったらゆったりしたい所。モウセンゴケが生き生きしていました。

画像画像画像
















                 トキソウ/シナノオトギリ/キンコウカ
小湿原にはホソバノキソチドリが彼方此方に、そしてハクサンチドリは終盤ながら幾つも咲いていました。
座る事が出来ないので、休憩を省いてひたすら歩きました。

画像画像画像
















                鎖場/ミツバオウレン/サンカヨウ
鎖場が現れましたので頂上は近いのですが、どんよりした天気は全く変わる気配なし。こんな状況にも歩く私達はやはりCC隊と、自らクレージーぶりを認めていました。まだ誰にも遇っていませんが、もし遇ったらその人達も同じ種族ね・・・などと言いながら、余裕の私達でした(笑)。
三ッ池の傍は雪が融けたばかりで傍にミツバオウレンやサンカヨウが沢山咲いていました。雪渓が残っている箇所もありました。

画像
三ッ池

画像画像画像
















               キヌがサソウ/オノエラン/ミヤマホツツジ
今年は何度も出合ったロケーションのキヌがサソウ。オノエランもポチポチ咲いていました。そして今年初のミヤマホツツジ。中岳の頂上を巻きながら武尊山山頂を目指しますが、雨が上っただけでも御の字。

画像
武尊山山頂
晴れていたら360度の展望なのに、んな具合で、晴れ女CC隊は雨女に変身させられました(笑)。私が以前登った時は紅葉の時でしたが、素晴しい展望っだったけれど、雨が上っただけ良いとしましょう。
ランチを食べていると、下で遇った二人のパーティが登って来ました。【今度こそ頂上だと三回は言った。】と仰っていましたが、中ノ岳を巻いている道が意外に長いので、こんな気持ちになるのも良く解ります。

画像画像画像
















                エンレイソウ/オオバタケシマラン/ウサギギク
ランチを終えたら即引き帰しました。行きに気が付かなかったお花達でした。こんな花を撮りながら、単独の男性の二人と擦れ違いました。一人の方は挨拶をしただけでしたが、もう一人の男性は、私達同様東俣駐車場から登る予定だったそう。彼の場合はリフトが動いていたのでリフトを使ったが、往復で千円かかったとブーイングしていました。
東俣の駐車場閉鎖はやはりネック。
CC隊が二人増えたかと思うと、今度は子供連れの三人隊に出合い、鎖場の下でお若いカップルと出合い、意外にもCC隊が増えました(笑)。恐らく晴れの天気予報を信じた人達が登って来たのでしょうね。鎖場を通過してから天気が良くなり、気温も上って暖かくなりました。

画像
花咲湿原
淡々と登った道を戻り、田代湿原の道標を見て、欲張りの二人はどうひょうかと考えました。このまま下りればキャンプ場まで一時間で下りられますので、一時半頃には到着の予定。田代湿原→花咲湿原遊歩道を歩くとプラス二時間。【花咲】と【遊歩道】のこの二つの言葉から連想して、花が一杯の中をだらだら歩く・・・そんなイメージの私。すると彩さんが【結構飛ばさないと・・・。それでも良いかい?】と畳み掛けてきました。という事で、猛スピードで歩く事を覚悟して湿原を目指しました。

さて現実は、ズボッズボッと靴が泥濘に嵌り、又傷んだ木道に靴が挟まり靴を脱いでから抜き取るなどなど、花も無い、などなど私のイメージと現実の違い!それになかなか着かない目的地。彩さんの猛スピードでも追いつくのが大変なコースタイム。

やっと田代湿原を通過して夢心地に浸れるでしょうと思っていた花咲湿原はバイケソウが蔓延る湿地帯。バイケソウがあまり生えていない所にキンコウカが咲いている状態。木道も腐って危ない感じ。

画像画像画像
















               ミズチドリ/オタカラコウ/ツルアジサイ
バイケソウの生えていない所に、ミズチドリやモウセンゴケが咲いていました、肩身が狭そうに!
遊歩道の案内も倒れており、ハイキング気分で歩くには心もとない感じのコースでした。

沢を二度渉ってダートの林道らしき場所に着きましたが、此処にしっかりした道標が欲しい所ですが、なかなか解り辛い。東俣駐車場を目指してキャンプ場に戻るのですが、その場所を示す古い道標は草茫々。キャンプ場の観光地とは待遇の差を感じる。
林道を歩いて行けそうなので林道を辿ると、私達が目指す方向と違い東に向かっていた。もしやこの林道は今や閉鎖中の林道ではないかと。戻るのも面倒くさいので林道をそのまま歩いていましたが、分岐が現れ東俣駐車場に向かうものと思われ、私が地図を広げている間に彩さんは分岐の道を歩いていました。直に、彼女が向きを変えて私の方に向かって来ました!でも彼女は手を叩いていました。何のシグナルかと思いましたが、熊さんを追い払ったそうで、凄い彼女!

そんな訳で私はその小熊を見ていませんでした。写真を撮りたかったという余裕の彩さんでした。こうなったら彼女はCC隊の隊長です。二人で忍野八海で熊を見た時には今回と逆で私だけが見たのでした。
熊を見た場所を通過するのは何か嫌なので、林道をそのまま下りる事に決定。武尊スキー場のリフト乗り場の直ぐ下に出られるのは間違いないでしょうと、落ち着いている私達。
それから間もなくやはり思っている場所に着きました。こうなると車を置いた駐車場まで五分。欲張って遠回りをしましたが意外に早く着きました。行き当たりばったりの山行は正に熊さんにもばったりでした。

彩さん、有難うございました。この度はドライブもして戴きまして・・・。
私の熱い気持ちのコース取りと夢の一杯詰まっていると思っていた二つの湿原を歩けて良かったです。熊さんに遭う想定外のスチュエーション(まあ、熊が居そうな雰囲気はたっぷりでしたね。)もありましたが、さすが落ち着いた対応で頼もしかったですよ。又CCやりましょう。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
武尊山ってこんなに花のある山なんですね。
いつ行ったら一番いい山なんだろうなんて考えつつ
いまだ行けていませんが・・・。
登山口のヤナギランの群生も、
写真を見ただけでわ〜っと思わず声が出ました。(^^)

それにしても、フクシアさんの速さについて行けず
随分お待たせした覚えがありますが(^^ゞ
彩さんはさらにそんなに猛スピードで登る方なんですね。
皆さん、天狗の部類に入りますね。(笑)
nousagi
2013/07/25 11:18
行ってみたい山の一つではありますが
クマさんにはやっぱり会いたくありませんね・・・。(^^ゞ
nousagi
2013/07/25 11:37
う〜ん (--)
何があっても、どんな状況でも、あわてないお二人
それに、長いコースなのに、なんでもなさそうに歩いて
さらに回り道ですものねー。
お見事です! 最強です!!
ジガバチソウ、アリドオシラン、オオヤマサギソウなど
地味なランもしっかり見つけたうえに、ヒメカイウ(初めて知りました)も。
ヤナギランの群生も見られてよかったですね。
はなねこ
2013/07/25 13:13
武尊山でしたか、いいですね。
関越自動車道で新潟や尾瀬に行く時、いつも正面に鎮座してます。
ヤナギランもいい感じ咲き出してますね、他にも馴染みの花々も
所々で。こういうレポを読ませていただくと、ほんと焦ってきま
すね。でも今月いっぱいはどうにもなりません。
ああ、夏の花々が恋しい今日この頃です。

2013/07/25 13:52
nousagiさん、こんばんは。
武尊山はあまり花が期待出来ないかと思っていましたが、ヤナギランにはとても感動しました。
熊さんは如何にもいそうな雰囲気がしましたよ。でも糞は全く見なかったのですが。
紅葉の時は素晴しいですので、そんな季節を狙うのも良いかも知れませんよ。
フクシア
2013/07/25 20:35
はなねこさん、こんばんは。
仰いますように、地味ではありますがランが意外にありましたね。お馴染みの種類でしたが。ヒメカイウは限定ですから、これも感動しました。我が家で育てているスパティフィラムの花にそっくりでした。葉の形が違いますが。
このヒメカイウが花咲湿原に咲いているのかなと、想像していましたが、田代湿原に少し咲いていました。遠回りした甲斐がありました。
湿原を歩くには長靴が良いかも知れませんね。



フクシア
2013/07/25 20:46
翼さん、こんばんは。
武尊山は関越道から確かに見えますね。どんな花が咲くのかとても気になっていましたが、牧場のヤナギランは感動ものでした。
風に揺れるヤナギランも素敵ですし、青空にも良く映えますし、大好きな光景に遇えて良かったです。
八月になったら夏の花を求めて西東、一杯楽しんで下さいね。
フクシア
2013/07/25 21:01
CC隊の名を欲しいままにした山行でしたネ(^_-)-☆
ドロドロの登山道に木道もない湿地で沼にハマるし…
最後には小熊にも3mの至近距離でお会いしちゃう(~o~)

でもこの日はランデーでしたね♪
本物のラン9種類にヤナギランとネバリノギラン!
お初のヒメカイウにも逢えたし(*^_^*)
ご一緒いただけお休みを楽しく過ごせました。
有難うございました♪

2013/07/25 23:18
彩さん、お早うございます。
どうもお世話になりました。雨は覚悟をしていましたが、あのドロドロの道は大変でしたよね。武尊神社から登ったコースもぬかるんでいましたが、あれほどではなかったと記憶していますが。

期待していたランとの出合い、全然期待していない熊との出合い、両極端な出合いでしたが、楽しい一日でした。
運転も有難うございました。

フクシア
2013/07/26 06:51
何、彩さんが熊を追い払った!
凄い!
お二人が揃うとクラスが違いますね。
とても着いて行けそうにない(笑)。
hakkutu
2013/07/27 18:58
こんばんは〜

スゴイCC隊に驚いていて、何を書いて良いのやら・・・分かりません
最初の方は沢山のお花に会えて良かったなぁ〜なんて思っていたのですが
帰り路、遠回りして今にも朽ちて落ちそうな木道を通ったり
熊さんを撃退したり・・・・驚きです
楽しい山歩きを見せて頂き、私にはとてもできないので羨ましい様な・・・
でも熊には会いたくないので・・・・フクシアさんのレポで満足です(笑)
いっしい
2013/07/27 20:46
hakkutuさん、こんばんは。
そうなんです、頼もしい彩さんなんですよ!やはりCC隊の隊長にピッタリだと思うんですよ。
彩さんは一般市民ルート推奨派ですから、hakkutuさんとピッタリ意気が合うと思いますよ。
フクシア
2013/07/27 22:28
いっしいさん、こんばんは。
我ながらCC隊だと認めていますが、今回もCCになってしまった感じがします。
熊さん目撃はやはり誰もが避けたい事ですよね。熊に遭った為に山登りを止めるかというと、やはり止められず、又のこのこ出かけてしまう。これがCCなのかも知れませんね(笑)。
フクシア
2013/07/27 22:36
でた!CC隊!!!
最強のお二人には熊もおびえる?!
しかし手のひらを返したような悪路の木道・・・。
群馬県、もっとガンバレ!ですね。
雨なんか吹く飛ばしてしまうようなお二人のスピードにコバイケイソウもよけてしまいそう(笑)
さてと、私はいったい夏の高山植物に今年は会えるのでしょうか?と不安になってきましたヨ(泣)

決行日はいつですか?!
お散歩
2013/07/29 16:01
お散歩さん、こんばんは。
熊もおびえる私達はどんな顔をしているのかしらって、かなり興味深々ですね(笑)!
アップをした木道は奇麗な方ですよ。まだまだ危なげな箇所満載でしたから。

お散歩さんの夏のご予定は北アルプス?例のテレビ拝見させて戴きました。奇麗でしたね。
決行日は10か11日の天気の良い方を選ぶ予定です。
フクシア
2013/07/29 19:25
ん?
決行日は10日か11日!
いよいよですね。
hakkutu
2013/07/29 21:11
hakkutuさん、お早うございます。
決行日が決まったのは結構なお話で、その頃には天気が落ち着いてくれる事を祈っているのですが。

あと、問題は私の足ですが、皆さんの足を引っ張らないようにしないと・・・。
フクシア
2013/07/30 07:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
武尊山へ   美しい森ですが・・・。 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる