晴れたら良いね

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢で冬枯れと富士山のコラボを楽しむ   秋から冬へのリレーの檜洞丸へ

<<   作成日時 : 2013/12/02 09:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 14

画像
12/01 檜洞丸山頂から富士山を
昨年一緒に登ったメンバー檜洞丸に登りました。hakkutuさんhttp://www.yamareco.com/modules/yamareco/userinfo-25758-prof.html、お散歩さん http://blogs.yahoo.co.jp/osanpodays1969/ 、Nさんの四人。
コース設定を任されましたが、今年も丹沢エリアを選びました。今年一度登った事がある檜洞丸北尾根を登って、ヤタ尾根を下りる、いたって単純な設定。

画像画像


























                  ボタンヅル/黄葉
神ノ川ヒュッテをスタートしました。ボタンズルや紅葉の名残り、水溜りに張った氷などが、季節のリレーを感じさせてくれました。

画像

雲一つない青空に、紅葉が映えます。

画像

林道を一時間歩いて彦右ヱ門谷の左岸に沿って北に向かい、檜洞丸の支尾根に取り付きましたが、途中からショートカットで隣の尾根に移動する事態になり、今回のコースの中で一番きつい登りになりました^^;

前回とほぼ同じ1050m付近で北尾根に合流しました。この後植林帯を抜けると冬枯れの森が続き、癒しモードの中を歩きました。

画像画像


























ブナが多い丹沢エリアですが、この森にもブナが多く、青空に向かってすっと伸びている姿にうっとり。

画像画像


























稜線から太陽が顔を出してきました。蛭ヶ岳も見えてきました。(写真右) 

画像

次から次へと現れるブナの森、落ち葉を踏みしめながら快適な歩き。

画像

シロヤシオの木もご覧の様に貫禄十分。前回のブルーミングの記憶も新たに、新緑も勿論素晴らしいですが、葉が落ちても素晴らしい。

画像
蛭ヶ岳を望む
頂上近くになると、蛭ヶ岳が綺麗に見る事が出来ました。丹沢主稜の稜線もこのようにくっきりと。落葉した季節ならではの光景ですね。

画像

南アルプスも見えてきました。今度で4回目のこの尾根歩きですが、こんな景色に遇えたのは初めて!さすが晴れ男、晴れ女のパワーねと、皆自慢げでした。

画像

奥多摩方面もご覧のとおりでした!

画像


画像

頂上に着きました。期待の富士山が正面にど〜んと!ぽかぽかした陽気を浴びながらランチタイム、たまりませんねぇ。

画像

愛鷹山もこんなに綺麗に!

画像

富士山の周りに雲が湧くとアクティブな感じで良いですが、飛行機雲も加わり、富士山の表情が変わって見えます。

画像

富士山と南アルプスの連なりは壮観。

画像
袖平山、姫次を望む
頂上で約一時間楽しみました。帰りはヤタ尾根を下ります。熊笹ノ峰までは富士山、南アルプス、愛鷹山の裾にキラッと光る海を見ながら、のんびり歩き。北側に袖平山がはっきり見えていました。

画像画像


























熊笹ノ峰からヤタ尾根に付きますが、ひたすら下ります。カサカサとした音を立てながら気持ちの良い歩きなのですが、とにかく下る一方ですので、膝のケアが大事になります。
林道を横切って更に急降下のルートを辿ります。名残りの黄葉を見ながら、ヤタ尾根の終点を迎えました。

四人のスケジュールがぴったり一致したこの一日、最高の天気にも恵まれ、とても楽しい山歩きが出来ました。山歩きをしていると、四季折々の風情に敏感になりますが、今回も去り行く秋、そして向かってくる冬、季節のリレーを肌で感じた一日でした。
みなさん、有難うございました。又ご一緒しましょう♪
















                

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
この日、いい天気でポカポカでしたね。
南アルプスも綺麗に見えて。
葉を落とした木々の間を歩くのも気持ちいいですよね。
nousagi
2013/12/02 15:52
出発するときは寒い寒いといっておりましたが、歩き始めたら心地よい汗。
そしてバリエーションらしいルートを歩き終わってひょっこりと山頂に出る楽しさ!
この上素晴らしい眺望と小春日和のような陽気で最高の丹沢を満喫できました!
ありがとうございました^^♪
また!よろしくお願いいたします!!!
お散歩
2013/12/02 16:53
病み上がりの私に優しいコース設定をありがとうございました(笑)。
まあ、フクシア隊長に手加減を期待する方が間違っていますかねえ〜。
天気も最高で気の合ったメンバーで素晴らしい山行が出来ました。
今回もお世話になりありがとうございました。
hakkutu
2013/12/02 19:48
nousagiさん、こんばんは。
昨日はぽかぽか陽気で最高でしたね。
これからは仰いますように、落ち葉の上を歩くしかないですよね。でも、花の季節を思い出したり、新緑の季節を思ったり、色んな回想が出来て、それも又楽しいですね。
フクシア
2013/12/02 21:47
お散歩さん、こんばんは。
昨日はあのドリンキングパーティそのまま、本当に楽しかったですねぇ。

ひょっこり山頂に出る瞬間は仰いますように、楽しいですね。初めての登りの時は、ときめきますよ(*^-^*)
又ご一緒しましょう♪

フクシア
2013/12/02 21:57
hakkutuさん、こんばんは。
昨日は有難うございました。病み上がりだとか、年よりは大事にしましょうとか、自己申告が多かったですね(笑)。快気祝いにあのコースでぴったりだったと思っていますけど(笑)

お散歩さんと嘗て歩いたコースでのあの思い出、黄門様の発祥の地も確認出来て、良かったです。
又喜んで戴けそうなスペシャルコースを発掘しておきますね。
フクシア
2013/12/02 22:09
そうか、N田があの時に私のことを「得体の知れない黄門様」と言ったんだ。
でもN田の方がよっぽど得体が知れない(笑)。
くしゃみしているかな。
hakkutu
2013/12/03 20:23
hakkutuさん、こんばんは。
N田さんの得体の知れない云々は実に面白く、確かに黄門様的な存在でとても良い位置いると思います。得体が知れている黄門様として、今後とも宜しくお願い致します。
フクシア
2013/12/03 22:56
黄門様のいきさつ、そういうことだったのですね。N田さんの得体、気になるなあ。
このルート、いいですね❤ 富士山の雲の感じがとても素敵です❤
そしんろうばい
2013/12/03 23:29
hukusiaさん、LArcでございます。

雪化粧した富士山の姿をたっぷり拝見しました。

落ち葉を踏みしめての山歩きは秋から冬に移ろいゆく季節ならではですね。

私もこの日は小金沢連嶺から富士山や丹沢を眺めていました。

お天気に恵まれたなぁと喜んでいたのですが、晴れ男、晴れ女の皆さんが山歩きを楽しまれていたからなのですね。

hakkutuさんはいぢめられたように書かれていらっしゃいますが、まんざらではないように感じたのは私だけでしょうか。

ひぃーひぃー、ふうふう言いながらも仲良くバリルートを登っている光景が目に浮かびます。
LArc
2013/12/04 00:07
そしんろうばいさん、お早うございます。
N田さんって結構面白そうなんですよ!

天気のも恵まれ、富士山と対面しながらのランチは格別でした♪
フクシア
2013/12/04 07:36
LArcさん、お早うございます。
小金沢連嶺からの富士山も素晴らしいですよね。LArcさんもなかなか晴れ男ですよね

LArcさんの仰いますように、hakkutuさんは余裕で歩いていましたよ。楽しんでいましたね。

小金沢連嶺のアップこれからですよね?
フクシア
2013/12/04 08:15
素晴らしくきれいな富士山にうっとりしました。
檜洞丸でこんな富士山がみられるなんて、やはりこの季節はいいですね。
ヤタ尾根は往復したことがありますが
北尾根はバリルートなので、まだ心配で行かれずにいます。
きつそうですが、みなさんスイスイですね。
はなねこ
2013/12/04 22:32
はなねこさん、こんばんは。
これからは空気が澄んで、富士山は勿論景色が綺麗で良いですよね。

ヤタ尾根は急登で足には厳しいですが、ブナも多くメンタル的にはとても優しいですよ。
北尾根もきついですが、ブナを鑑賞しながらいつの間にか頂上に着いちゃいますよ。
フクシア
2013/12/05 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢で冬枯れと富士山のコラボを楽しむ   秋から冬へのリレーの檜洞丸へ 晴れたら良いね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる